この記事のみを表示する柚子カードのロールケーキと、カンボジア旅行記1

roll cake

柚子カードを作って、いつものように空き瓶に詰めた。

161211柚子カード

青い蓋がツボで、捨てられない瓶にね。

きび砂糖を使ったから、色がちょっとくすみ気味。

グラニュー糖を使ったほうが洗練された味になるけど、これはこれでいいと思うヽ(´∀`)ノ


生地に塗って、巻き込んで、柚子カードのロールケーキ。

161211柚子カードでロールケーキ

初めて食べたのに、なんとなく懐かしい味。

柚子を使うと、一気に和のお菓子。

たまには、こんなのものいいね~.゚+.(・∀・)゚+.



柚子ロールに使った生地は、実は、このビュッシュドノエル用に焼いたものの余り。

161210ビュッシュドノエルy

来週末のレッスンに向けての、試作アゲイン。

前回の試作品と同じじゃんと言われそうだけど、細かいところがちょこちょこ変わってるんだ。

私の好みとしては、デコはこのぐらい抑えた色味にしておきたいところなんだけどなぁ。

この試作品を、箱に入れ、手提げ袋に入れて、自転車のハンドルにぶら下げて、娘の家まで40分の道のりを走った。

ケーキにとっては過酷な状況。
それでも、崩れたり飾りが取れたりしないかというテスト。

見事テストに合格して、娘家族とのおやつになった。

ちょっと前まで生クリームが苦手だったMG1が、食いついた(((o(*゚▽゚*)o)))

「これなら何個でも食べられる!」とのこと。

その言葉が、目下、MG1の究極の誉め言葉らしい。

たしか、スーパーのエクレアを食べたときにも、同じことを言ってたような(´∀`*;)ゞ




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら、こちらもポチリとm(__)m




11月末から12月頭にかけて、ブログをさぼって、どこに行ってたのかと、不思議に思ってる方もいらっしゃるのではないだろうか。

いや、誰も何も言ってこないから、もしや、私の不在に気づかなかった?

誰にも聞かれてないけど、自ら告白。
カンボジアに行ってたんだ~。

というわけで、いきなりの旅行記。

まとまりのない旅行記だから、お時間ない方はパスしてねm(__)m



【カンボジアの旅・その1】

まずは成田空港へ向かうべく、早朝4時半に自宅を出発。
駅までの15分をスーツケースを転がして歩く。
寝静まってる町って、なんだってキャスターの音があんなに響くんだろうね。

どうして、そんなに早く空港に行ったのかと言えば、航空会社の最高級ラウンジの利用券を譲り受けたから。
そのラウンジで、朝食ビュッフェを食べて、デザートも食べまくって、ゆったりくつろいでから、飛行機に乗ろうという魂胆。
かなり卑しい魂胆(*ノ∪`*)

朝ごはんやら、フルーツやら、アイスクリームやらでおなかを満たし、紅茶やコーヒーも好きなだけ飲んで、(卑しい)ミッション完了。

161128カンボジア1

あとは、窓からのんびり飛行機を眺めたり、カンボジアの本などじっくり読んだり……。
と、眼鏡ケースを開けたら、空っぽ(*゚Q゚*)
「しょっぱなからやっちまったよ~」とつぶやくも、そこはお日様さんさんの明るいラウンジ。(薄暗いと文字が見にくいお年頃なのよ)

読書もノープロブレムで、さすが最高級ラウンジだ、と妙なところでさらに感心。


優雅な時間を存分に満喫してから、飛行機に乗り込んで、『君の名は。』でクゥ~と切なく感動して、『ダウントン・アビー』を見まくって、あっというまにプノンペン。

ムンムンする空港に迎えに来てくれた友人とともに、トゥクトゥク(ご存じない方はこちらなど見てね)で、友人宅へ。

左上: 友人が用意してくれた部屋。カンボジアではエアコンは高級品。この時期は扇風機で充分だった。
上中央: 泥棒が多いから、鍵は厳重。
右上: 食器棚の鍵がやや懐かしい。

161228カンボジア2

右下: 朝食は各自で適当に。
下中央: 友人はパッションフルーツがお気に入りで、切らさないようにしてると思われる。
左下: いまが旬のジャックフルーツ。甘くて、少し酸味があって、味は完全にトロピカルフルーツ。食感はピーマン。


今回の旅は、友人がやっているNGOの活動を、ほんの少しお手伝いするのが第一の目的。

とはいえ、実際に役に立ったのかどうかは、かなり微妙(^-^;

次回は、そのお手伝いの様子など。




この記事のみを表示するお茶目なビュッシュドノエル

roll cake

ちょっと前に試作したビュッシュドノエル。

161105ビュッシュドノエル2

生地、クリーム、大きさはこれでOK!

あとは飾り。

このときは、年輪のグルグルと、ホワイトチョコの飾りを、重点的に試したのだった。

グルグルのせいなのか、いかにも手書き風全開の葉っぱのせいなのか、やたらとお茶目なケーキ。

161105ビュッシュドノエル3

試食した友人は、このグルグルがいたく気に入った様子。
「ギャハハハ~」と大ウケしながら、写メを撮りまくってたよ(*´~`*)


本番は赤いフルーツなどで、もっと華やかにする予定。

161105ビュッシュドノエル

でも、市販のピックはあまり使いたくない。

ピックって、抜いたときに先端にクリームがついたままになるじゃない?

あれって、舐めたくなるよね~?

でも、いい大人がピックを舐めるのはいかがなもの? 

ここは、どうにか我慢しなくちゃ……。

などと、ピックひとつに十分ぐらい葛藤しちゃう自分が情けなくてね(。-_-。)

そんなへんてこな理由で、飾りは極力食べられるものだけに。



ピックじゃなくて、市販のチョコの飾りを使うという手もあるのか!
でも、作ったほうが楽しいしなぁ~( ̄へ ̄|||) ナヤマシイ



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。



(もう少し試作を重ねて、)12月にビュッシュドノエルを作る会を開催いたします。
今回は、レッスン日を2日間設定。
ご都合の良い日に、ご参加お待ちしておりますo(^▽^)o

●お菓子レッスン茶会ビュッシュドノエルの会の詳細
日時: ①12月17日(土)午後1:00~4:00(残席1)  ②12月18日(日)午後1:00~4:00(残席1)
    (①か②のいずれかで、ご希望日をお選びください)
場所: 自宅(東京都東久留米市/ 西武池袋線東久留米駅より徒歩約15分)
内容: ビュッシュドノエル・各自1台作成(お持ち帰り)。(シートスポンジの作成はデモになります。クリームの泡立て、巻き、飾りの作成、飾り付けなどをおこなっていただきます)
    ケーキを冷やしているあいだに、見本のケーキとその他3品程度のお菓子でお茶会♪
参加費:5000円
定員:各日4名


お茶会のお菓子はシュトーレン、雪の結晶クッキー、大人のチーズケーキを予定(変更の場合もあり)。
いつものとおり、作成したケーキのほかに、お菓子を一袋分ほどお持ち帰りいただきます。

161111これまでのクリスマスのお菓子
(写真はこれまでに作ったクリスマスのお菓子。ご参考までに)

お申し込みはコメント欄から。
お申込みフォームをコメント欄にコピペして、各項目をご入力の上、“管理者にだけ表示を許可する”の欄にチェックを入れて、ご送信ください。

――【お申込みフォーム】―――――――――――――――――
レッスンご希望日:
お名前:
メールアドレス:
ご住所:
お電話番号:
ブログをお持ちの方はブログ名、または、ブログのアドレス:
ご意見、ご希望などありましたらなんなりと:
――――――――――――――――――――――――――――

クリスマス間近に、みなさまと楽しいひとときを過ごしたいと思っています。
ご興味とお時間がありましたら、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

この記事のみを表示するミニロールケーキと、煮込みうどん

roll cake

ミニロールケーキを作った。

161104ミニロールケーキ

クリスマス近辺にビュッシュドノエルを作る会を検討中。
その試作を兼ねて作ったのだが、思いがけずミニになって、このサイズは却下。

ただのロールケーキとして、私と娘とMGたちのおやつになった。



話はがらりと変わって、朝ごはんに煮込みうどんを作った。

161107手打ちうどん

『即席の手打ちうどん』というレシピを見つけて、試したくなったのだった。


寝かせる時間はいくらか必要だが、捏ねる時間は必要ない。

161107手打ちうどん1

というわけで、伸ばして切るまでは、確かに“即席”だった。

だが、打ち粉をケチッたせいで、切ったあとの麺をほぐすのに、手間取った(〃▽〃)

手間取りながらも、どうにか茹で上がり。

161107手打ちうどん2

ざるうどんとして、このまま食べてもいいけど、晩秋だから、煮込みうどん。

161107手打ちうどん3

具は、冷蔵庫の中の乏しい食材をかき集めた。
鶏肉、油揚げ、卵、彩に豆苗。

寒い朝は煮込みにかぎるね+゚。*(*´∀`*)*。゚+



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IH土鍋6号 日本製 ガス火/IH対応 コンロ 四季香[SHIKIKA] 6号鍋...
価格:6264円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)

白い土鍋もおしゃれだなぁ~♪



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。




柚子をたくさんいただいた(* ´ ▽ ` *)アリガトウ!

161107柚子

さて、何を作ろうか?

この記事のみを表示するチョコクリームとバナナのロールケーキ

roll cake

濃厚なチョコクリームにバナナを巻きこんだロールケーキ.゚+.(・∀・)゚+.

160526チョコバナナロールケーキ


例の米粉使用の生地は、やわらかすぎて、カットがヘロヘロ~(〃▽〃)

なんとなく和菓子の面影がチラつく生地。
ものすごくしっとり、そして、かすかにもっちり。

私好みの生地o(^▽^)o

なんだけど……

やわらかすぎるのも、考えもの。
いまにも破れそうで、取扱いがむずかしかった(*゚Q゚*)
カットしようとそっと押さえただけで、指跡がくっきりついちゃうもんね。

おいしいんだけどなぁ、残念(ノ´▽`*)



塩パンを焼いた。

160523塩パン

夏日だったから、発酵はやっ!

成形してるうちに、どんどん発酵。
あっというまに、カニ軍団のようなパンになった(´∀`*;)ゞ


朝食はごく普通に。

160523塩パンの朝ごはん

この日、どうしても食べたかったチキン・ジンジャー・ソテー。

寒いと疎遠になるサラダも、堂々復活。

いつものホットカフェオレの代わりにバナナジュース。

食事もどんどん夏仕様。

今年は、梅雨のまえに夏が来たよヽ(´∀`)ノ



今度はこれにしてみるか?
いつもの米粉で安定の味を目指せばいいものを、新しい米粉を見つけると、ついふらっと手を出しちゃう(^^ゞ



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。




クレマチスを買った。

160519クレマチス

植物はいつなんどき枯らしても、不思議じゃない。
だから、普段はお買い得な苗しか買わないことにしている。

そんな私にとって、このクレマチスはちょっと贅沢品。

枯らさずに、花をじゃんじゃん咲かせたい(#^.^#)

この記事のみを表示する米粉のロールケーキと焼き菓子の茶会

roll cake

今回のmarin’s caféは茶会。
茶会と言っても、和風じゃなくて、洋風ね(=゚ω゚)ノ

160208茶会1

昨夏のシンガポール旅行でお世話になった友人が帰国された。
だから、お世話になったお礼と帰国祝いの会。

日程が決まったあとで、わが家のオーブンが壊れたものだから、お菓子をどうやって作ろうか? と一瞬悩んで、娘の家で焼かせてもらうことにした。

会の前日、午後7時頃に娘の家に押しかけて、途中、おなかがすいてカップラーメンをすするも(←いらない情報)、11時過ぎまで集中焼き。

娘の高性能オーブンやメランジュールロボを駆使すれば、さぞかしはかどるはずと思いきや、意外に手間取った。
自宅のキッチンとは作業台や道具の配置もちがえば、動線もちがうせいか、手順をまちがえたりしてね。゚(゚´Д`゚)゚。

お菓子をひとつ作るぐらいなら、いつものキッチンとのちがいはさほど気にならないが、次々に半ば同時進行でいくつか作るとなると、「えっと、あれはどこだ? 次はなんだ?」と立ち止まるとことしばしば。

おんぼろだろうと、使い慣れたキッチンは大切だ、と再認識。


メインの1品は、米粉のロールケーキ・丸ごとイチゴ入り。

160208茶会2

生地にはラズベリーがちりばめてある。
有名パティシエ小山進さんのレシピで、ふんわりしっとりのそれはもうおいしい生地。
本家の中身はもっと凝ってるが、今回はそこまで真似できず、生クリームとイチゴをロール(#^.^#)


焼き菓子その1は、ココナッツオイルのココアマーブル・パウンドケーキ。

160208茶会3

ちょっとまえに焼いたものとほぼ同じで、形だけ変えてみた。
あばた顔になっちゃったのは、不満が残るが、次回への課題ということで(ノω`*)ノ


焼き菓子その2は、いつものブルーベリー・スクエアケーキ。

160208茶会4

これも先日焼いたが、今回はクリームチーズではなくサワークリームを使った。


焼き菓子その3は、米粉のクッキー。

160208茶会5

これもつい先日作ったね。
今回は粉糖まぶしではなく、アイスボックスクッキーにして、周囲にグラニュー糖をつけてディアマン風に。
しかし、思ったほどグラニュー糖がつかなかったのは、痛恨のミス。
それでも、サクホロ感は健在で、秀逸なクッキーであることにまちがいないヽ(´∀`)ノ


お口直しは、水のゼリー。

160208茶会6

アガー使用のつるりん水ゼリー×自家製のほろ苦いハチミツレモン。
これで、甘いもの続きの口の中がさっぱり(´∀`σ)σ

こんなお菓子と紅茶とコーヒーをお供に、美魔女(誰も言ってくれないから自分で言う!)4人は、まあ、おしゃべりの弾むこと。

あっという間の4時間。

しゃべって、笑って、あ~、楽しかったヽ(≧∀≦)ノ


THE SWEET ...

THE SWEET ...
著者:小山進
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

今回作ったロール生地は、このレシピ本の表紙も飾っている。
とにかくおいしい(((o(*゚▽゚*)o)))


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)

お時間あったら↓もポチッと、よろしくお願いします。