この記事のみを表示するラズベリーソースのチョコレートムース

mousse

チョコレートムースのラズベリーソースがけ。

170201チョコムースのラズベリーソース1

この濃ゆーい色が、とっても気に入った.゚+.(・∀・)゚+.


味ももちろん、お気に入り。

170201チョコムースのラズベリーソース2

ラズベリーのパウンドケーキを作ったときに余った、ラズベリー・ピュレを使いきりたくて作ったお菓子。

チョコムースは大好きだけど、実はラズベリーのムースはあまり得意ではない。

ラズベリーをムースにすると、鼻の奥にツンと残る香りだか、風味だかが、ちょっと気になっちゃうんだ(^▽^;)

まあ、これはラズベリームースではないから、もちろん、ツンとする残り香もない。

チョコレートムースとラズベリーソースのバランスが絶妙で(←あくまで私基準で)、ぺろりと平らげた。


170201チョコムースのラズベリーソース4


ムースの上に飾ったのは、カカオニブ。

170201チョコムースのラズベリーソース3

目下のマイブーム。

最近はこれもスーパーフードと呼ばれてるらしい。

170201カカオニブ

いろいろな効用があるみたいだけど、私はふとしたときに、2、3粒口に放り込んで、風味を楽しんでいる。

チョコレートの原料で、砂糖やら何やらは加えてないから、甘くはない。
むしろ、ほろ苦くて、酸味もある。

5、6粒まとめて食べると、渋い顔になるから、ご注意を(´∀`*;)ゞ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アリサン 有機カカオニブ 100g[アリサン カカオニブ]
価格:691円(税込、送料別) (2017/2/5時点)

お菓子作りにも、使ってるよ♪




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


こちらもポチリとお願いしますm(__)m




年に一度のお楽しみ、テーブルウェアフェスティバルに行ってきた。

「どうしても欲しい、もう、我慢できない、と思えるものがあったら、買うぞ! でも、予算はマックス1万円」と、闘志を秘めて会場入りした。

その戦利品はこちら。

170130テーブルウェアフェスティバルのお買い物

カップと小皿のセットは、昨年購入したものの色ちがい。
こつこつ集めよう。

木のフォークも買い足し。

木のサーバースプーンは長いこと探してて、ようやくゲット。

いちばんの散財は、北欧紅茶。
すんばらしい香りに負けて、ついね。
レッスン茶会のみんなで、この香りに包まれてみた~いと、つい妄想が先走るほどの芳香(* ´ ▽ ` *)

気になるお皿があって、それを作った若くて可愛い作家さんともお話しできたんだけど、迷いに迷って、結局、買わずじまい。
意外にも、衝動買いができないタイプ(^▽^;)

今度めぐりあえたら、かならず手に入れよう。

でも、北海道の作家さんだから、そう簡単にはめぐりあえないだろうなぁ。

この記事のみを表示する新年会用のキャラメルチーズムース

mousse

元旦の午後は、毎年恒例、母のところで新年会。

母、妹、姪と甥、私という小ぢんまりした集まり。

いつも午後からだから、のんびりしてたら、妹から「11時に行くよ!」と連絡が。
あせった~(*゚Q゚*)

あせって仕上げた手土産のキャラメルチーズムース。

170101キャラメルチーズムース2

チーズムースの中央に、キャラメルクリームが潜んでるよ(゚∀゚)

本体は前日に作っておいたから、仕上げはイチゴをカットしてのせただけ。
白状すれば、デコレーションがまったく思いつかなかったから、そういうことに(//∇//)

正月早々、大雑把な性格がまる出し(´∀`*;)ゞ


大晦日に焼いて中途半端に余った柚子シフォンも、持っていくことにした。
余りものだから、人数分はない。

170101キャラメルチーズムース1

元旦もお仕事中の妹の旦那さまのために、一切れはラッピング。
あとの二切れは、冷凍しておいた生チョコクリームと、イチゴの余りを使って、シフォンサンド。
これを6個にカットして、みんなで食べた。

柚子、チョコ、イチゴの味がマッチするかどうかなんてことを、深く考えることもなく、完全なる余りものの寄せ集め。
それでも、持っていっちゃえば、なんとかなるもんだ~(* ´ ▽ ` *)

赤い巾着袋と和柄のフェルトケースには、お年賀用のお菓子のフィナンシェとスノーボールクッキーを詰めてプレゼント。


最近の不織布の袋って、びっくりするほどしっかりした作りなのね。

母へのプチギフトは小ぶりのトレーで。



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら、こちらもポチリとm(__)m



お茶をたてるのも、母との新年会での恒例行事。

170101干菓子と抹茶

いつもは生の和菓子が用意されているが、今年は珍しく、愛らしい干菓子だった。




この記事のみを表示するイチゴ・ヨーグルト・ムース

mousse

6月初頭に作ったイチゴ・ヨーグルト・ムース。

160601イチゴムース1

この頃はまだイチゴが店頭に並んでたのだなぁ~。
すでに懐かしい。

はじめてイチゴのムースを作ったときは、レシピどおりに作ったはずが、めちゃくちゃぼやけた味になった。
どうやら、使ったイチゴがさほど甘くなかったらしい。

その失敗から、以降はイチゴの味を見て、砂糖の量を調節している。

だから今回もばっちり(o‘∀‘o)*:◦♪

160601イチゴムース2

ムースの表面にかけたイチゴピュレは、糖分10パーセント。

イチゴと砂糖をミキサーにかけただけだが、それがまたフレッシュでおいしい.゚+.(・∀・)゚+.


翌日の朝食のデザートにもなった。

160602朝ごはん

トーストは例の角食の、レーズン入りの部分。

おかずはシーザーサラダ。
レモンバジルのウインナーは、もちろん市販品(´∀`*;)ゞ
スープは……そうそう、コーンポタージュ!

写真を見て、「へぇ~、私は6月にカボチャのポタージュを作ったのか」と、一瞬納得しそうになったよ。
ふぅー、あぶなかった(〃▽〃)


この数日後にも角食を焼くも、またもやカックン。

160603角食

カックンの穴から這いだす日は、いつ来るのか(。-_-。)



モニターでいただいたカップ。
気に入ってヘビロテ中(^-^)


ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。



土曜日は≪翻訳ミステリーお料理の会≫だった。

今回は、私の訳書に登場したシンガポールの料理を、みんなで作ろうという会。

つけあわせのアチャーというピクルスは、自宅で作って持参した。

160625アチャー

20人分だから大瓶で。


でも、瓶ごと持ってくのは重いから、いつもの蓋つきの型で持参(下の写真の左上)。

160625翻訳ミステリーお料理の会

アチャーは置いといて、気になるのは、一緒に写りこんでる茹で卵カッター。
子供の頃、たいていの家にあったのに、いつのまにか消えてた調理器具。
会場の調理室にあったから、使ってみたら、めちゃくちゃきれいにカットできるじゃないのo(^▽^)oカンゲキ!

何やら、やたらと真剣な表情で盛りつける私(右上)
横からの写真は、どうしたって腕のムキムキが写りこむ。
テニスと水泳のおかげで、肩と腕がやたらとたくましいのよ(//∇//)

ナシレマ(ココナッツライス)と、つけあわせ(ピーナッツ・煮干し・キュウリ・茹で卵)と、ナス炒めのサンバル(辛い調味料)添えはワンプレートで。それに、デザートのボボチャチャ(サツマイモとタピオカのココナッツ汁粉)(左下)。
サンバルは市販品で手抜き……じゃなくって、お手軽に(=゚ω゚)ノ

こぢんまりとワンプレートにまとめても、20人での会食は壮観なのだ(右下)。

この記事のみを表示するクリスマスケーキは洋ナシのキャラメル・ムース

mousse

イメージどおりのクリスマスケーキができるように、祈ってて! とみなさんにお願いしたにもかかわらず、イメージとはかけ離れたものになった。

祈ってくださったみなさん、ごめんね~(´・_・`)

でもって、できあがったのは、こんな感じの洋ナシのキャラメルムース。

151224洋ナシのキャラメルムース1

表面のグラサージュで描く模様の完成度があまりにも低かったから、粉糖、カラメリゼしたナッツ、糖衣がけのピスタチオ・ダイス、ミントで粗隠し(^^ゞ

でも、むしろ、このデコ、イメージ以上のものになったんじゃない~?(*°∀°*)

そう、いまは、これで良かったと思っている。
粗隠し大成功☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



工程写真も撮るには撮ったけど、てきとう過ぎて、注釈を入れる気にもなれない |ω・`)スミマセン

151224洋ナシのキャラメルムースの工程

ひとつだけ、このケーキの陰の功労者は、洋ナシの白ワイン煮を一瞬でピュレにしてくれたハンドブレンダーであることだけは、まちがいない。


今年はちびっ子たちがいないクリスマスだから、イチゴはやめにして、シックな大人ケーキを目指した。

151224洋ナシのキャラメルムース2

予想外のデコになったとはいえ、シックという意味では、合格かと思う。

名づけて、『冬枯れの森の霜の朝』のクリスマスケーキ。

完全にあとづけで命名。
しょうもないネーミングですみません(/∀\*)

ほんとうはどんな仕上がりを目指してたのか、って? 
どうしても知りたい?
だったら、ここをクリック


センターのキャラメルムースがゆるすぎたなどなど、難点はあるものの、ひと切れ味見して、とりあえず合格。v(o゚∀゚o)v

151224洋ナシのキャラメルムース3

残りは、クリスマスイブのレッスンに参加した奇特なスイム仲間にごちそうすべく、プールに持っていった(=^・^=)

ちなみに、レッスンの終了時刻は午後9時。
そんな時間に、「食べないと、帰さないぞ」と言わんばかりの勢いでケーキを勧めるのは、ちょっと気が引けたんだけど:(´◦ω◦`):

おそらくデートの約束を断って、たぶん家族のパーティーもすっぽかして、ガシガシ泳いだクリスマスイブのスイマーたち。

ちょっとした不摂生&ご褒美ぐらいは許されるよね(* ´ ▽ ` *)


ただいま手作りお菓子ランキングの第1位(かな?)♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)

この記事のみを表示するホワイトチョコムースでグラサージュの練習

mousse

つやつやグラサージュヽ(´∀`)ノ

151214グラサージュの練習1

美しく繊細なケーキを日々ブログにアップされているあいりおーさんの記事を拝見して、そうだ、そうだった、グラサージュを練習しとかなくちゃならないのだった、と思いだした。

なぜ、練習しなくちゃならないのかというと、suipaモニターブロガー企画一周年記念の特集記事に、バレンタインに作りたいお菓子として、オペラを挙げてしまったから。
「つやつやのチョコレートでコーティングしたオペラに挑戦してみたいです」などと、調子に乗って、能天気なことを書いたのだ(。-_-。)

でも、ほんもののチョコレートを使うと、私の場合、ほぼ艶消しになっちゃう(T_T)

というわけで、今回はチョコレートではなく、ココアとゼラチンを使ったグラサージュ。

151214グラサージュの練習2

これなら、つやぴか~o(^▽^)o


中身はホワイトチョコムースとベリーとジェノワーズ。

151214グラサージュの練習3

このときに作って、冷凍しておいたもの。

ドーム型とミニクグロフ型の2種を作っておいたんだv(o゚∀゚o)v

4151214グラサージュの練習4

でも、気になるのは流れたグラサージュの行方。

たっぷり作って、一気にかけるのがポイントだから、多めに作る。

で、下のトレーに流れ落ちたグラサージュは、どうする?
いさぎよく捨てるのか……(-"-)

捨てられないから、トーストに塗っていただいた。
濃厚なココアクリーム・トーストは、パンを通り越して、スイーツの領域.゚+.(・∀・)゚+.


ちなみに、ミニクグロフ型のほうの中身は、こんな感じ。

151212グラサージュの練習

中央の空洞部分にグラサージュが溜まってる。

これじゃ売り物にならんわ~(ノ_<)
もともと誰にも売らないけど。

ところが、これがけっこうおいしかった。
ふわりと軽いホワイトチョコムースと、まったりココアゼリーのコラボ・スイーツになってたよ(*´v`)




このところ、半球型の出番が増えて、嬉しい♪

Pavoniシリコンモールド...

Pavoniシリコンモールド...
価格:2,160円(税込、送料別)

ミニクグロフ型はもう定番。



ただいま手作りお菓子ランキングの、なーんと第1位 or 第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)