この記事のみを表示するチョコチップたっぷりのワッフル

waffle

久々に、MG1との留守番に駆りだされた日。

おやつはワッフルにしよう!

自宅で捏ねて、娘の家まで40分の道中が発酵時間。
到着したら、焼くだけ。

160628ワッフル1

手前の火力の強いコンロで焼いたら、焦げそうになったから、中央の一番弱火のコンロでね。

チョコ星人のためのワッフルが、ポンポンと焼きあがる。

160628ワッフル2

中にはチョコチップがたっぷり~v(o゚∀゚o)v

チョコがはみ出ると焦げやすいから、生地にしっかり包んだつもりが、それでもはみ出たよ(´∀`*;)ゞ


いちばんきれいに焼けたワッフルで、記念撮影。

160628ワッフル3

スタイリングは、by MG1。

はしご車の目いっぱい伸ばしたはしごと、東方向に向かおうとしてる新幹線(のフォーク)に、6歳のこだわりが感じられる(゚∀゚)

でも、食べるときは、手づかみで。
フォークはいらんよヽ( ´_`)丿

チョコたっぷりだけど、手にチョコがつかないところが、優れもの。

これならチョコ星人も、満足。

チョコ星人のチョコだらけの手で服を触られることのない私も、満足(*^_^*)




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。




チョコ星人のためのベルギー風ワッフルの作り方

●材料(8個分)
強力粉 100g
薄力粉 100g
砂糖   30g
塩   ひとつまみ
ドライイースト 4g
バター  50g
卵    1個
牛乳    80g
チョコチップ 好きなだけ

●作り方
1 チョコチップ以外の材料をホームベーカリーに入れて、捏ね→一発酵
2 生地を8等分して、丸めてから、平らに伸ばし、チョコチップを包む(アンパンの要領で)
3 ワッフルメーカーで焼く



ちょっと泡食ってるから、コメント欄は休憩中。
また、そのうちに(=゚ω゚)ノ

この記事のみを表示するチーズワッフル

waffle

朝食にチーズワッフルを焼いた。

160502チーズワッフル1

ベーキングパウダーもイーストも自家製酵母も使わないレシピ。

それってどうなんだろう、と半信半疑で作ったら、あら、おいしいヽ(≧∀≦)ノ
そう、焼き立てはね。

冷めたらどうなる? とふと思ったけど、熱々のうちに平らげちゃったから、疑問は疑問のままで。

塩味系のワッフルに、メープルシロップをたらーり。

160502チーズワッフル2

ピント、どこ行った(?_?)
たらーりと垂れてるシロップのどこかに合ってるらしい。

チーズ×ハチミツは私の中で定番。
チーズ×メープルシロップも、このワッフルのおかげで定番入りo(^▽^)o


チーズワッフルの何がおいしいって、もちろんココ。

160502チーズワッフル3

チーズが溶けだして、カリっとなったとこ。゚(゚^∀^゚)σ。゚



ベランダ・イチゴ第1号収穫(=゚ω゚)ノ

160502イチゴ

小っちゃくて、ごつごつしてて、つぶつぶだらけ。

それでも、味は甘くて、ちょっとワイルドで、れっきとしたイチゴなのだ(^-^)



焼きドーナツとワッフルのおう...

焼きドーナツとワッフルのおう...
著者:みなくちなほこ
価格:1,080円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ワッフルのレシピはこの本を参考にして、身勝手に大幅アレンジ。
ビタントニオのワッフルメーカーで焼くことを前提にしたレシピ。
もちろん、それ以外のワッフルメーカーでも焼けるけど――

私が使ってるタイプだと、裏面を焼こうとワッフルメーカーをひっくり返すときに、チーズから出た油をコンロにぶちまけることになるかも←自ら実証済み(^_^;)



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。



ここからは、完全なるひとり言。

ANAを使って貯まったマイルを、熊本地震で被災された方々のために寄付をした。
(5月末まで受け付けてるから、マイルが余ってる方はぜひ。)
普段、寄付したとかそういう話はブログに書いたりしないんけど、今回、あえて書いてるのは、ANAのマイルが寄付できることを、ある方のブログを通じて知ったから。

で、本題は寄付じゃなくて、その方のブログが、先日、ふいに閉鎖されて、ちょっと驚いているという件。

これまでにも頻繁に覗いていたブログが閉鎖されたことはあった。
徐々に更新頻度が減って、いつのまにかなくなってたブログ。
「ブログを閉じます」という告知があって、しばらくして閉じられたブログ。
だから、ブログが閉じられること自体は、とくに驚くことではないのだけれど。

それでも、毎日のように更新されてて、毎日のように覗きにいってたブログが、前触れもなく(私が見落してただけ?)消えてしまったことに、少なからずショックを受けた。

顔も知らないし、本名も知らない、どこに住んでいるのかもはっきりとはわからない方のブログだけど、突然なくなると、ちょっとした喪失感を抱くものなのか……と、なんだか不思議な気分。

経済観念に乏しくて、どんぶり勘定の私にとって、そのブログの主さまの家計管理は神の域。
すごいなぁと、毎度、羨望の眼差しで眺めては、実践できないまでも、刺激を受けていたのだった。

ブログを閉じても、彼女はいまもどこかで、きっちり料理を作って、しっかり家計を切り盛りしてるんだろうなぁ……。

この記事のみを表示する自家製酵母ワッフル

waffle

自家製酵母をそろそろ使い切りたくて、ワッフルを焼いた。

160219自家製酵母ワッフル

自家製酵母ワッフルはカリもちっ。
カリもちすぎて、顎が疲れることもある(=∀=)

MGたちのおやつにしようと、チョコチップもザラメもたっぷり。
食感が多少悪くても、チョコが入ってれば文句は言うまい(」*´∇`)」

ところが、生まれてはじめて乳歯が抜けそうになってるMG1は、カリもちを齧れず。

しかたがないから、ワッフルを一口サイズにカットしたら、大喜びで食べてたよ。
恐るべし、チョコチップの威力ヽ(´∀`)ノ



ワッフルの奥のほうに写りこんでたのは、息子の奥さまの英国土産。

160219英国のお土産

紅茶とお菓子。
お菓子は早くもすべて平らげたけど、薫り高い紅茶はじっくり味わわせていただこう +.(*'v`*)+サンキュ

お土産は乗り継ぎで立ち寄ったロンドンで買ってきてくれたもので、真の目的地(出張先)はなんとアフリカ!
しかも、ガンビア………。

………ガンビアってどこ(?_?)

ガンビアの海沿いはのどかなリゾート地で、ヨーロッパからやってきた老夫婦が長期滞在で、のんびり過ごしているらしい。
息子の奥さまは、海沿いの首都から川をずんずんさかのぼり、かなり内陸の町(村か!?)に行き、そこに滞在したらしい。

お土産話はすごく楽しかったし、写真もそれはもうすてきだった。

アフリカの川の向こうに沈む夕日、いつか私も見てみたいヽ(≧∀≦)ノ



家族で集まった日の翌日の朝ごはん。

160219朝食

もちろん、残りもの。

イカとキャベツのガーリック炒め。
挽肉と白菜の重ね煮。
ニンジンとカボチャのポタージュ。
自家製ブールの余りには、ガーリック風味のクリームチーズを塗って、生ハムとトマトをのせた。

緑の野菜がないのが、残念無念(。´・(ェ)・)




花いっぱいの庭を目指すも、一向に実現の気配すら漂わないのがわが家の庭。

クリスマスローズの大きな葉っぱをかき分けると、ひっそりと花が咲いていた。

160220クリスマスローズ

クリスマスローズは手入れしないほうが花が咲く――というのが、わが家の常識。
数年前、茂りすぎた葉を思いきり刈ったら、その年はほとんど花が咲かなかった。
それでほったらかしてるわけだが、そうすると花が咲いても、葉っぱに隠れてまるで見えない、気づかない。

ほんとに、どうすりゃいいのか、この子らは?
と、問いかけてみたところで、写真のとおり。

「私たちのことはほっといって」と言わんばかりに、そっぽを向くだけ……。




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位(なの?)
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪ありがとう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。





娘の旦那さまの南の町(はっきり言えば、沖縄)勤務がふいに終わって、娘家族が完全に東京に戻ってきた。

当初、短くて1年、長ければ4年かもという話だったが、終わってみれば半年というあっけなさ。

転勤以前、娘の旦那さまは沖縄と北海道のプロジェクト両方を担当してたから、今日は南、明日は北と出張の嵐だった。
だから、沖縄に転勤して、そこの仕事だけに集中できるようになって、体もずいぶん楽だったはず。

ところが、やっぱり北海道のプロジェクトも担当してね、ということで、半年で東京に呼び戻されたらしい。
で、戻ってきたとたんに、またもや南へ北への日々。

自宅にこもって仕事してる私は、「たまにはどこかに出張してみたいな~」などと能天気なことを思ったりするが、実際はそんなに甘いものじゃないんだろうね。

いや、もう、ほんと、サラリーマンは大変そう。
私にできるのは、「体壊さないでね」と心の中で祈ることぐらい。

この記事のみを表示するおにぎらずと自家製酵母ワッフル

waffle

人生初のおにぎらず。

151023おにぎらず

一生作ることはないと思ってたのに、意外とあっさりチャンスが訪れた。
娘とMGたちがお昼ごはんを食べにきたときにね。

しかし、彩のために具にくわえたプチトマトが仇になるとは(゚д゚|||)

焼き塩鮭にいり卵まではセーフだが、そこにプチトマトは許されない。

考えてみれば、そりゃそーだ。
サンドイッチじゃあるまいし、トマトさえ入れとけば安泰なわけがない(^_^;)

でも、鮭と卵をマヨネーズで和えておけば、トマトもアリだったよね? ねっ?(´∀`*;) 意外と未練たらしいタイプ

寒くなるとすぐさま食べたくなるのが、娘も私も大好物のワンタン。

ワンタンを作ろうと大量の挽肉を購入したがために、この後、数日間の挽肉料理攻めに合うとは、誰が予想しただろう……いや、充分に予想できたはずだが(´・_・`)




自家製酵母ワッフルの研究も細々と続けている。

151023自家製酵母のワッフル

えーと、たしか1回ぐらい研究した(´∀`*;)ゞ
自家製酵母使用だと、焼き時間で食感が大幅にちがってくる――そんな結果が得られたところで、研究はとん挫中。



「庭に柿の木が3本あるから、食べきれなくて困っちゃう」と友人が言うから、柿をもらってあげたよ(-。-)y ナゼに上から目線??

151027柿

ほんとうは、ありがたくいただいた(^◇^)

柿だけ写すのもなんだから、目下、わが家のテーブルを彩ってるネコジャラシも入れてみた。

いくらセンスに乏しい私でも、この雑草をダイニングテーブルのメイン・デコに持ってくる勇気はない。
でも、MG2が散歩のたびに採ってきて、「飾れ! 飾れ!」と言うから、しかたがない。

3歳児の目には、エノコログサも大輪の花に映るんだろうね(=∀=)


いただいた柿の4つはさっそく食べちゃって、3つは完熟するのを待っている。

151105柿

トロトロに熟した柿で作りたいおやつがあるのでね(=^・^=)





ただいま手作りお菓子ランキングの第2位\(^o^)/ みなさんのおかげで、ミラクル! ありがとう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)

この記事のみを表示するワッフル――リエージュ・タイプ

waffle

久しぶりの雨で、外出の用事がキャンセルになった。

だから、今日はワッフル研究の日(^^)v

外側サクサクのリエージュ・タイプ。

151016ワッフル1

前回のふんわりワッフルとは、うってかわってサックサク~♪

配合でこれほど食感が変わるとは、ワッフルはそうとう奥深い(・o・)

このタイプはバターをかなり使うと、はじめて知ったよ。
サックリおいしいから、サクサク食べちゃうけど、実は油断ならないタイプ(^^ゞ


でも、もう少し甘いほうが好みだなぁ~。

151016ワッフル2

茶色のチョコとホワイトチョコのダブルチョコ(+ドライストロベリーとピスタチオ)で、カロリー増し増しがやっぱりおいしいヽ(^。^)ノ

最終目標は、バター減量で自家製酵母使用のワッフルなんだけど、ゴールは遠い(^_^.)ガンバルゾ、オー!




そうそう、出版社のHPにシンガポールが舞台の訳書の紹介文(http://www.cozybooks.info/?p=2158)を書いたよ(^-^)

本の紹介なのか、料理の紹介なのか、わからなくなってるところがミソなのだ >゜))))彡ソレデイイノカ?




今回のワッフル生地はバターたっぷりだから、油をひかなくてもこびりつきなし!
おかげで、ほんの気持ちだけカロリーダウン(・・?



ただいま手作りお菓子ランキングの第2位\(^o^)/ みなさんのおかげで、ミラクル! ありがとう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)