この記事のみを表示するオニオンクッキーとココアスコーン、そして、さらなる梅仕事

cookie

8月最後に作ったお菓子は、オニオンクッキーとココアスコーン。

170830オニオンクッキーとココアスコーン1

どちらも植物オイル使用のお菓子。

この日はもうだいぶ涼しくなってたけど、まだバターの気分になれなかった(#^.^#)


バターのコクはないとはいえ、オニオン風味たっぷりのクッキー。

170830オニオンクッキーとココアスコーン2

フライドオニオンの分量は勘で決めたけど、
次回は70%ぐらいに減らしてもいいかも(´∀`*;)ゞ

ココアスコーンは平凡すぎて、ちょっと物足りなかった。

チョコチップを入れたかったなぁ( ̄^ ̄)

涼しくなったとはいえ、チョコチップを入れても溶けない季節までは、もうちょっと我慢(´・_・`)


簡単にまとめて、MG2のバイオリンのイベントへ。

170830オニオンクッキーとココアスコーン3

イベントというか、コンクール。

幼稚園年中クラスの東京予選に初出場。
といっても、どんなものかと、腕試しの気持ちで出ただけ。
絶対に入賞しない自信があった(*≧∪≦)

それが、なんと金賞b(’0’)d

さらに、本選の舞台は、なんと大阪Σ(゚Θ゚)

2分程度の演奏時間のために、ほんとに大阪まで行くの?

どうやら、行くらしいヽ( ´_`)丿



クッキーだけじゃ使い切れないから、カレーにも使おう(^∇^)ノ



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


こちらもポチリとお願いしますm(__)m




今年の梅干しをぼちぼち食べている。

170818梅干し1

まだカドが取れてないけど、味の変化を確かめたいじゃない~ヾ(o´∀`o)ノ


そして、梅仕事はまだ続く。

たくさん漬けた梅干しを、500gほど取りだして、

170818梅干し蜂蜜漬け1

真水にさらす。

170818梅干し蜂蜜漬け2

半日以上、塩抜きしてから、ハチミツに漬けた。

ハチミツ漬け完成までの待ち時間は、1か月ぐらい。

170818梅干し蜂蜜漬け3

だけど、これまた、チョロチョロつまみ食い(* ´ ▽ ` *)



トルティーヤの作り方の動画、まだご覧になってない? 
だったら、ちらりと見てみてね(* ´ ▽ ` *)


『みんなの暮らし日記ONLINE』の第2回目の記事「タコス」、まだお読みになっていない?
だったら、ちらりと読んでみてね(^-^)/


Instagramもやってるよ(^-^)/


この記事のみを表示する桜クッキー

cookie

このクッキーを作らないと、桜の季節は終われない。

170408さくらクッキー1

またまた桜シリーズ。

もうちょっとつきあってね(=゚ω゚)ノ

今年はプレーンなクッキー生地に、毎年おなじみの桜餡入りのバタークリームをはさんだ。

170408さくらクッキー2

やっぱり、クッキー生地にも桜の葉を練りこんだほうが良かったなぁ。
来年は忘れずにφ(..)メモメモ

完成したクッキーに、桜パウダーをぱらりと振れば、見た目が可愛くなるだけじゃない。
桜パウダーの塩味が、最高のアクセント。

このクッキーが大好きで、家に置いておくと、いくらでも食べちゃう。

だから、即刻、袋に詰めて、友人に配る。

170408さくらクッキー3

それでも、ゆうに10個は食べちゃった(´∀`*;)ゞ



花びら型もいいなぁ(゚∀゚)




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


こちらもポチリとお願いしますm(__)m





先日は、娘の家の洗面所+トイレのリフォームを紹介したが。

息子からは、「いちばんリフォームしなくちゃならないのは、きみでしょ!」と言われている。

ごもっとも(ノω`*)ノ

でも、本格リフォームはハードルが高いから、片付け得意な息子の提案にしたがって、キッチンの棚の上のものを処分&収納。

170403キッチンの棚1

棚の上に電化製品がなくなると、それだけですっきりヽ(^。^)丿
ビフォー写真がないから、わかりにくいけど、これでもすっきりしたんだ~(*´∀`)

この棚は、かつて娘が使っていた学習机の書棚部分。

いい加減、買い換えてもいいんだけど、このサイズ感がちょうどいい。

さらに、ここ。

170403キッチンの棚2

この隙間に、よく使うスケールや、トレイがきっちり収まって、なおかつ、すっと取りだせるのが、あまりに便利で、手放せない(#^.^#)



わが家のキッチンの古ぼけた棚をお見せしちゃったから、お口直しに息子夫婦の部屋を初公開!

170410息子の部屋

ミニマリストの息子の部屋を見るたびに、「ここはモデルルームか!」と突っ込みたくなる。

と同時に、わたしも少しは断捨離しよう! という気にもなる。

そういう刺激は大切ね(≧∀≦)サンキュ




Instagramもやってるよ(^-^)/


この記事のみを表示する音符とバイオリンのクッキー

cookie

先日入手したクッキー型を使ってみた(=゚ω゚)ノ

170319クッキー1

(諸事情から、音符が逆向きになっちゃったのはスルーして。)

クッキーにしても、やっぱり音符は大きすぎたなぁ。

縮むわけないんだから、当たり前か(〃▽〃)


このクッキーはMG1へのプレゼント。

なぜかと言えば、ピアノの発表会があったから。
「頑張ったね!」のしるしにプレゼント。

だから、ほんとうはピアノの型がほしかったんだけど……(〃ノωノ)

でも、バイオリンも習ってるからね、これで勘弁してもらおう。

バイオリンっぽくなるように、ちょっと手をくわえてみたけど、これはどうなの? 

170319クッキー2

弦が3本ぐらい描けるんじゃないかと思ってたのに、2本が精いっぱい\(//∇//)\

1本じゃなくて、良かった~+゚。*(*´∀`*)*。゚+

MG1の夢は飛行機のパイロットだから、飛行機クッキーも入れといた。

でも、このあいだ会ったときは、「深海6500(潜水艦)の操縦士もいいなぁ」と言ってたっけ。

170321おやつ

たしかに、潜水艦に乗って、海の底まで潜ってみたいよね。
巨大イカとか、リュウグウノツカイとか見てみたい。

だけど、夢はやっぱりパイロットにしといてくれると助かるな~。

だって、潜水艦のクッキー型はどこにも売ってないからね(´∀`*;)ゞ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

STADTER クッキー型 バイオリン
価格:296円(税込、送料別) (2017/3/23時点)

この型はとっても良いよ(≧▽≦)
もっとバイオリンらしいクッキーにできるかどうかは、私の腕次第( ゚Д゚)ファイト‼

大きな音符。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Stadter クッキー型 音符 7cm
価格:486円(税込、送料別) (2017/3/23時点)

小さな音符。
なぜ、私はまちがえてポチッたのか? 
もしや値段のせい? 
小さな音符のほうがお高いのね(*_*)



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


こちらもポチリとお願いしますm(__)m



庭のキンカンが採れた。

170322キンカン

小さな木だから、いっぺんに採れるのはこのぐらい。

少量だから、生のままパクリとつまんで、おしまい。

この記事のみを表示する桜クッキー

cookie

先月焼いた桜クッキー。

170129桜クッキー

1月に、なぜ桜?

なんと、昨シーズンの桜材料が冷凍庫に残ってたヽ( ̄д ̄;)ノ

今年の桜の季節が来るまえに、大慌てで、夜中にこっそり在庫処分のクッキー焼き。


同じ日に焼いたラズベリー・マーブル・パウンドのついでに、ホワイトチョコでデコ。

170129桜クッキー2

ラインを2本引いて、アラザンをつけただけ。
シンプルデコでも、何もないよりは可愛い~(*´∀`人 ♪


でも、味はこっちのほうが良かったよ。

170129桜クッキー3

側面にグラニュー糖をまぶしたほうの桜クッキー。

焼けたグラニュー糖がカリッと、桜の香りがホワッとね.゚+.(・∀・)゚+.




今日は、バレンタインデーのお菓子レッスン茶会の第1日目だった。

というわけで、お茶会用に焼いたお菓子。

170211お茶会のお菓子

これから、2日目用のシフォンケーキを焼いてくるよ~。

おいしく焼けるように、祈ってね(#^.^#)




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


こちらもポチリとお願いしますm(__)m




今回のレッスンは当日に慌てないように、余裕をもって用意したつもりだった。

それでも、ちょっとバタつく(^▽^;)

最後まで決まらなかったのは、ペーパーナプキン。

170211ペーパーナプキン

手持ちのナプキンを出してきて、あーでもないこーでもないと、楽しく悩んだヽ(≧∀≦)ノ


テーブルウェアフェスティバルで立派なテーブルコーディネートを山ほど眺めて、布ナプキンってやっぱり素敵、と憧れたけど、自宅のお茶会は紙製で。

私の中での布ナプキンのイメージは、イギリス貴族。

フルコースの食事のあとに、布ナプキンで口元をつんつんとぬぐって、テーブルにくしゃっと置いて、席を立つv(o゚∀゚o)vカッコエエ~

そういうことを心置きなくするには、布ナプキンを洗ってくれるメイドがいないとね(=∀=)



この記事のみを表示するクリスマスツリーのクッキーと、カンボジア旅行記5

cookie

毎年、クリスマスに会った人に渡すことにしている雪の結晶クッキーは、今年はレッスン時のお茶会用に作った。
クリスマス当日用にまた同じものを作るのも、なんだかなぁ~。

というわけで、2016年版のクリスマス本番のクッキーはこちら。

161223クリスマスツリーのクッキー1

クリスマスツリーのクッキー。

緑の生地で作るつもりが、レシピが見当たらず、プレーンな生地で。

ツリーの模様は、粉糖に抹茶を混ぜたものと、ホワイトチョコに抹茶を混ぜたものの2種類で描いてみた。
繊細な線が描けるのは粉糖+抹茶だが、食べておいしいのはホワイトチョコ+抹茶。

どっちがいいのか、うーん、悩ましい( ̄^ ̄)


クッキー生地は、4度目のひとりでお泊りのMG2との朝活で作ったから、クオリティー低め。

161223クリスマスツリーのクッキー2

ちびっ子と一緒だと、バターの温度とか、手早くまとめるとか、そのあたりの管理や手順がちょっと甘くなる。
そんなこんなで、表面がぽこぽこしちゃうんだ(〃▽〃)

極上クッキーとはいかなかったけど、それでもやっぱり、24日と25日に会った人に、このクッキーをプレゼントしようヽ(´∀`)ノ

MG2と過ごす時間は、私にとってすごくハッピーな時間。

だから、「ハッピーなクリスマスを過ごしてね」という気持ちをこめてプレゼント(^∇^)



などと、ハッピー・オーラ全開風を装っているが。

MG2との時間はハッピーであると同時に、けっこう大変だったりもする。

MG2作のクッキー。

161223MG2のクッキー

生地を伸ばし終えたMG2に、「さあ、どの型で抜く?」と、クッキー型が入った箱を差しだした。

MG2ったら、「これでしょ、これでしょ、これでしょ……」と、ほぼすべての型を取りだして、1個ずつ抜いていった。

そうね、そういうことをしたい気持ちは、よーくわかる!
全部がちがう形のクッキーって、楽しそう♪

と、笑顔で見守ってるつもりが、使ったクッキー型を洗うのは私だぞ~、と苦笑いしてる自分に気づく。

そんな大人の事情など完全無視の子供って、自由でいいなぁ。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステンレス クッキー抜き型 ツリー 【ooo】
価格:273円(税込、送料別) (2016/12/23時点)

この型は、今年ゲットしたばかり(* ´ ▽ ` *)



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら、こちらもポチリとm(__)m



【カンボジアの旅・その5】

友人のNGOでの活動を終えて、後半は観光旅行。

首都プノンペンでの観光はキリング・フィールドとトゥール・スレン虐殺博物館。
どちらも、1970年代のポル・ポト政権下の大虐殺や拷問の舞台となった場所。
虐殺された人の数は正確にはわかっていないようだが、一説では国民の4人にひとりが殺されたという。
「4人家族だったら、家族の誰かが殺されているというわけか……」などとぼんやり考えていたら、“処刑者が出た家族は、子供も老人も関係なく全員処刑”という説明が。
復讐させないために、問答無用で一家全員皆殺しだったのだそうだ。

そんなことは絶対に繰り返してはならない、という気持ちをあらたにした。
どちらの施設も、苦しくて衝撃的で、写真を撮る気にはなれなかったが、見学して良かったと思う。


翌日は、一転、美しい島に行った。

左上:真っ平らな道を、チキンレースのように追い越しをかけまくる高速バス(という名のワゴン車)で走ること約5時間。
右上と右下:さらに船に揺られて1時間。海以外にはほとんど何もない島に到着。

161203カンボジアのコーロンサンローム島1

左下:浜辺にはさまざまなコテージが並んでいた。私が泊まったのは、いかにも南国風の草葺き屋根のコテージ。


プノンペンを朝の9時に出て、乗り継ぎやら何やらで、島に着いたのは午後4時近く。
1泊だけで帰るのはもったいなかった。
できれば、3泊、いや、1週間ぐらいのんびり滞在してみたい。

左:コテージの朝ごはんは、カンボジアに来て初の洋食。3種から選べるデザートもついて、大満足の朝ごはん。

161203カンボジアのコーロンサンローム島2

右上と右下:浜辺にブランコがぶら下がってたら、とりあえず乗ってみるよね.゚+.(・∀・)゚+.

短い滞在ではあったが、砂浜をぶらついたり、早朝の海に浸かったりと、束の間のバカンスを満喫して、帰路についた。

ところが、その日は海が大荒れで、船はジェットコースターなみに大揺れ。
最初は「ヒューヒュー!」などと喜んでた欧米のバックパッカーたちも、20分もするとシーン。
乗客の約8割がエチケット袋を握りしめて、うずくまることになった。

船酔いをしたことがない私も、「このままだと具合悪くなるかもね」と感じて、即刻、寝た。
ジェットコースターなみの船の中でも眠れる鈍感力に救われた(*´v`)セーフ

その後、またもやチキンレースの高速バスに乗って、順調にプノンペンのはずれに到着。
ほっとしたのも束の間、とんでもない渋滞に巻き込まれて、バスは立ち往生。

業を煮やした友人が、「降りよう!」と一言。
慌てて友人のあとを追って、バスを降りた。

そうして、1台のバイクタクシーを呼び止めた友人。
「乗って」の一言。

私がこのバイクタクシーに乗って、友人はまたべつのバイクタクシーを探すのか? といぶかっていたら、「まえとうしろどっちがいい?」と訊かれた。

そこでようやく、3人乗りをするのだと気づいた。
マジか!? と焦りつつ、「まえで」と答えていた。

人生初のノーヘル・バイク3人乗りにめちゃくちゃ困惑しながらも、とっさに、いちばん安全そうな“まえ(運転手のうしろで、友人のまえという意味ね)”を選ぶあたりは、生存本能のなせる業(;・∀・)