この記事のみを表示する大粒イチゴ大福

Japanese confectionery

ひな祭り~♪

だけど、ケーキを作る予定はない。

ひな祭りの翌日が娘の誕生日だから、ケーキ作りは明日までおあずけ(=゚ω゚)ノ

でも、ひな祭りに何もないのは寂しくない?

と自分の心に問いかけて、「そうね」と心が答えた
心がそう言うならしかたがない ←なぜに、いきなりスピリチュアル系?

というわけで、イチゴ大福を作った。

170303イチゴ大福1

夜中にイチゴを買いにいったら、大粒しかなくて、やたらと存在感のあるイチゴ大福。

餡は市販のものを使って、お手軽に。


求肥を電子レンジにお任せてしてるあいだに、餡でイチゴを包む ←なぜに、いきなりの工程写真?

170303イチゴ大福2

赤い色が透けて見えるように、イチゴの先端は餡からちょこっと覗かせて~。

求肥で包めばできあがり~(≧▽≦)

3170303イチゴ大福

(思ったほどイチゴが透けてないのはスルーして、)作成時間は正味30分の簡単スイーツ。

イチゴがゴロンで、求肥がもっちり.゚+.(・∀・)゚+.

170303イチゴ大福4

イチゴの大福は、私にとっての春の味。

春はこれから~。

また作ろう(o‘∀‘o)*:◦♪



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


こちらもポチリとお願いしますm(__)m


この記事のみを表示するお月見団子

Japanese confectionery

昨日は月見団子を作った。

160915お月見団子1

十五夜の団子の数は、15個などと言われているが。
作りすぎちゃってね、20個ほど。
一山におさまらず、ふた山(←テキトーすぎるぞ)


団子を月に供えるでもなく、月を愛でるでもなく、昼の日中に、さあ、食べよう。

みたらし団子。

160915お月見団子2

たれ絶品.゚+.(・∀・)゚+.
自分で作っておきながら、大感激。


餡子団子。

160915お月見団子3

手作り餡がほっこり(* ´ ▽ ` *)



しかし、わが家周辺で団子と言えば、ほんとうはこれ!

160915焼き団子

串団子をほどよくあぶって、醤油を塗るだけ。

歯ごたえしっかりの素朴な団子。
焼きたてはほんとうにおいしい♪

冷めると……( ;∀;)

以前は、近くにおばあさんがやっている焼き団子屋さんがあったが、ひとつは閉店。
もうひとつのほうはまだやってるのか、よくわからない。
おそらく80は過ぎていると思われるおばあちゃんの体調次第なのか、営業日も時間も不定期すぎて、まず買えない。

私にとって、幻の味になりつつある焼き団子。

今回作ってみたけど、おばあちゃんの店にはまだまだかなわなかった(*ノ∪`*)




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。



おまけで、食事も月見系。

160915ロコモコ

目玉焼きのせただけだけどね(´∀`*;)ゞ

構成は、下から玄米ご飯、千切りキャベツ、ハンバーグ、中濃ソースとケチャップで作ったたれ、目玉焼き、飾りのプチトマト。

要するに、ロコモコ。

ロコモコはレタスよりキャベツが好き。

たれとキャベツとごはんが混ざると、昭和レトロな懐かしい味になるからね~ヽ(´∀`)ノ

この記事のみを表示するアジサイ風の和菓子

Japanese confectionery

アジサイ風の和菓子を作った。

160718アジサイ風の和菓子1

水まんじゅうで余ったこし餡と桜餡を活用。

当初の計画では、まわりにはりつける寒天を紫色にするつもりだった。

そのために、ブドウのジュースを買いにいっては、「そうだ、牛乳がなかった!」とか、「おっと、卵がなかった!」てなことを思い出して、牛乳や卵を買って帰宅すること、計3回。

家に戻ったとたんに、「おっ、ジュースを買い忘れた!」と気づくことも、計3回。

そんなわけで、あきらめて、ただの寒天にしたんだけど、結果オーライ。

160718アジサイ風の和菓子2

ブドウ味にしたかったわけじゃないし、かえって中の餡が透けて見えるところが気に入った。

私的には充分にアジサイ気分になれたしね(*´∀`人 ♪




季節はずれのミカンをもらった。
ありがたい。

一箱どーん(=゚ω゚)ノヨッ、フトッパラ!

160707みかん

かなりの高級品とのことで、ものすごく甘いミカン。

あまりの美味しさに一気食べ(∩・∀・)∩ キャー

「またちょうだいね」とメールしたかったけど、どうにか我慢。
大人のふるまい( ̄^ ̄)ゞ




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。



優雅に和菓子を作って、ミカンをがっつく素敵な夏を過ごしてるふりしてるけど、実はいつになくテンパってる。

引きこもりで仕事して、自分の能力のなさを突きつけられながらも、必死にモチベーションを上げてかないとならない日々。

そんなときには、ポストに入ってたチラシの宣伝文句でさえ、胸に染みわたる。

160708ミカンと広告

がんばった夏の向こう側に、新しい自分………………いてほしい~(*≧∪≦)



ちょっと泡食ってるので、コメント欄は休憩中。
また、そのうちに(=゚ω゚)ノ

この記事のみを表示するカステラ

Japanese confectionery

母の日にカステラを焼いた。

160508カステラ

まずは味見。

私が作るお菓子は市販のものに比べて甘さ控えめだけど、これはしっかり甘い。

カステラは底のザラメがなくちゃいやな人、それが私。
だから、ザラメで増量で、めちゃくちゃおいしい~♪

表面がしわってるのはご愛嬌。
市販のカステラの美しい表面は神業だと思う(ノ´▽`*)b☆


カステラ以上においしいのが、素敵な茶筒に入ったお茶。

160508カステラとお茶1

なんと、アールグレイの煎茶なのだw(゚o゚)w

160508カステラとお茶2

香りはアールグレイで、味は緑茶。

なんとも上品。
ハイソなお味。

高級茶だもの、もちろん、いただきもの。
ありがとうございまーす.゚+.(・∀・)゚+.


母へは、簡単ラッピングでプレゼント。
カステラはサブだからね。

メインのプレゼントは鉢植えのハイビスカス。

160508カステラとハイビスカス

オレンジの大輪の花にひと目惚れしちゃって、自分用にしようかと思ったぐらい。

母との関係は相変わらず。
微妙にぎくしゃくしながらも、ハイビスカスとカステラを喜んで受けとってくれたから、良しとしよう
p(*^-^*)q



家庭用カステラ枠
価格:2700円(税込、送料別)

木枠を使えば、売り物みたいなカステラが焼ける?


といっても、木枠まで入手する根性がないんで。

こんな感じの耐熱ガラスの容器で焼いたよ。
金属の型より熱の伝わり方がやわらかなことを願ってヾ(・∀・)ノムダナテイコウカ?


ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。

この記事のみを表示するべこ餅

Japanese confectionery

端午の節句にべこ餅を作った。

160506べこもち1

昨年も一昨年も柏餅だったから、今年は粽か? などとも思ったが、笹の葉を買いにいけなかった(〃▽〃)

そこで、かねてから作りたいと思ってたべこ餅登場。
北海道では、端午の節句にべこ餅なんだって(・Д・) ヘェ~、ヘェ~、ヘェ~ ←懐かしの トリビアの泉

一般的な形は木の葉形らしい(・Д・)ヘェ~、ヘェ~、ヘェ~

今回作ったのは、私がはじめて本で見たべこ餅と同じ形。
これが正統派だと長いこと思いこんでたけど、実は異端だったのね。

でも、正統派もなにも、べこ餅そのものを食べたことがない。


レシピでどんな味かはだいたい予測できたが、実際に作って、食べて、ほっこり。

160506べこもち2

ほんのり甘くてしっかりしたお餅は、どこか懐かしい味だった。



GWなんて関係ない! と言い放っておきながら、いつもの休日とちがうことが、ほんの2、3ミリほどあった。

まずは、隣の市の図書館に資料を取りにいった帰り道、ハンセン病資料館に寄ってみた。
わが家からさほど遠くないところに全生園というハンセン病の病院があって、これまでもその周辺は数えきれないほど通っていたし、ときには病院の敷地内を通って近道することもあった。
でも、資料館にはなんとなく入りそびれていた。

病気の感染経路や感染力が弱いことがわかっても、有効な治療薬ができても、患者への差別が続いたのはとっても悲しい。
資料館、勉強になったよ。

160506GWの思い出

資料館から戻ってきたら、近所に引っ越してきた方が挨拶にいらして、白い布巾をいただいた。
和菓子を蒸し器で作るようになって、白い布巾を多用するようになったから、とっても嬉しい.゚+.(・∀・)゚+.


数日後、テニスクラブのイベントに駆りだされて、一日じゅう焼きそば係。
男性メンバーが焼き担当で、女性メンバーはパック詰めと販売担当。
持ち前のチームワーク(あるのか?)を発揮して、「まるで弁当工場のようだ~」などと自分たちの手さばきを褒めあいながら、流れ作業で約200個のパック詰め。

全面的に休んだ唯一の日を焼きそばに費やしたとはいえ、私としてはひじょうに有意義なGWを過ごしたつもり。
でも、、世間的にはイマイチな休み?
イマイチどころか、お寂しいGWなのかなぁ……。



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。




べこ餅の作り方の覚書
○材料(約12個分)
・白生地
上新粉 85g
白玉粉 50g
上白糖 80g
湯 150g

・黒生地
白生地の上白糖の代わりに黒砂糖

○作り方
0.蒸し器のお湯を沸かす

1.白生地の材料すべてをボウルに入れて、よく混ぜて、ダマがないように溶かす
2.固く絞った布巾を別のボウルにセットして、生地を流し入れ、すばやく包んで、口を輪ゴムで留める
3.蒸し器に入れて、強火で30分蒸す

4.黒生地も同様に蒸す

5.蒸しあがったら、布巾の輪ゴムをはずして、生地を軽くこねる(熱いので、もう一枚布巾をかぶせてこねる)
6.水で濡らした台(まな板)に生地を置き、(手も水で濡らして、)生地をそれぞれ4等分して、棒状に伸ばす
7.固く絞った布巾の上に白と黒の生地を交互に並べ、布巾をひと巻きして、棒状にする
8.布巾をはずして、濡らした手で、生地を12等分にちぎって、形を整える