この記事のみを表示する生クリームとイチゴのバースデーケーキ

cake

バースデーケーキを作った(^^♪

141128バースデーケーキ

11月半ばに私の誕生日があったのだけれど、何かと立てこんでいてケーキを作りそびれた。
そこで、11月末のMG1の5歳の誕生日には、私のバースデーケーキも兼ねて超豪華なホールケーキを作る気満々でいた。
スポンジもクリームもチョコレート味で、フルーツもたっぷり、一部分をつやつやのガナッシュでコーティングしちゃったりして――などと妄想をふくらませていたのだ。
しかし、私の独断と偏見に満ちたケーキというのもなんだからと、4歳の少年にも念のために希望を聞いてみた。
「白くて大きくて、ふわふわして、あっちとかこっちとかにイチゴがぽんぽん。でも、ほかの果物も入っててもいい」――こう言われたのが、誕生日の1週間前。
そのときは、子供なんだからすぐに気が変わるよね~、と適当に受け流し、誕生日の3日前にも一応、確認。
「白くて、イチゴがいっぱいのやつ」――うーむ、忘れてなかったか (^_^;)
前日には「チョコレートのケーキなんかどうかな? イチゴたっぷりで」とこっちから子供心をくすぐってやったのだが……。
「ちがうの、白くてイチゴのやつ」――まいった、かなりしぶとい^^;

いつもなら、お菓子にチョコレートを入れようものなら、小躍りして飛びつくくせに、なぜに、バースデーケーキにかぎって、チョコを拒否るの(?_?)

というわけで、私のチョコレートの超豪華バースデーケーキ計画はあえなく却下。
白くてイチゴがいっぱいのケーキになったのだった。



苦手のカット写真もとりあえず。

141128バースデーケーキ・カット

今回はスポンジを2枚にスライスして、イチゴとクリームをサンド。
これが、今のところのわが家のベスト・バランス。
スポンジ・スライス3枚×イチゴとクリーム・サンド2層のほうが見栄えがするけど、それだと生クリームが多くて、ちょっと苦しいのだそうだ(←娘の意見)。


昨年のMG1のバースデーケーキ写真を掘りだしてみた。

131128バースデーケーキ(チョコクリームイチゴ)1

そうだった、このときも「白くてイチゴがのってるやつ」と言われたのに、小さな子供だからあっさり騙されてくれるだろうと、私の独断でチョコクリームにしたのだった。
「おいしい、おいしい」と食べてくれたから、そうそう、子供ってそういうもんよね~と、ほくそ笑んでたら、食べ終わってからひとこと。
「でも、これ、ぼくが頼んだケーキとちがうよね」
ガーン、気づいてたのね……(+o+)

小さな子供だからって、あなどっちゃイカンね_(._.)_







シームレス口金  サントノ...

シームレス口金  サントノ...
価格:270円(税込、送料別)

今回はじめてこの口金を使った。
以前、同じ形のワンサイズ下のものを持っていたのだが、紛失。
新しいのを買ったとたんに、なくなったものが見つかったら(なぜか、そういうことがよくある)悔しいから、わざわざサイズを変えて購入したのだった。
1週間、毎日ホールケーキを作ったら、この口金をそこそこ使いこなせるようになれそうな気がする。
でも、1週間、毎日ホールケーキを作るチャンスなどまずめぐってないから、この口金の絞りがうまくなる日は永遠に来ないんだろうなぁ(^_^;)




ただいま手作りお菓子ランキングの第4位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!





この記事のみを表示する自家製レーズン酵母でレーズンパン

bread

自家製酵母使用のレーズンパンで朝食。

141109自家製酵母(レーズン)のハードパンで朝食

これは11月初旬の朝食風景。
そう、自家製酵母もぼちぼちやってるのだけれど、これがまた、思ったようにはいかなくてね(+o+)
完成したレーズンエキスから何度か元種を起こし、何度かハード系のパンを焼き、最後は酸っぱいパンになって、元種を廃棄。
冷蔵保存してたエキスからふたたび元種を起こそうとしたけれど、発酵せず、エキスも廃棄。
いままた、一からはじめてるところ。
どうなることか~(^_^;)

ホシノ天然酵母で充分においしいパンが焼けるんだから、自家製酵母にこだわることもないんだけどね。
でも、レーズン酵母で作るレーズンパンはとびきりおいしいから、やっぱり自家製も! と欲張っちゃう(^_-)
のんびり、がんばるよ~。

そうだった、朝食の説明を忘れてた。
ハンバーグを作るときには、6個ぐらい作って冷凍保存する。
というわけで、解凍して温めただけのお手軽ハンバーグ。
茶色の小鉢は大根、豚小間、油揚げを炒めて軽く煮たもの。味付けは塩コショウのみ。
もうひとつの皿に盛ってあるのは、スープ(コンソメ味)なのだが、具が多すぎて煮物に見えるね(^^ゞ
この朝は根菜で洋風の味付けを目ざしたのだった。
大根の炒め煮はそれなりに洋でイケたが、スープのほうサトイモが入っただけで、なんとなく和の汁物を食べているような気分になった (^_^;)



パンの全貌はこんな感じ。

141108自家製酵母(レーズン)のハードパン

クープを入れる前に、普段は強力粉を振っているが、「上新粉にするとおいしい」という意見をどこかで見かけて、やってみた。
結果的には、劇的においしくなるわけではなかったが、舌触りがいつもとちがっておもしろかった(^^♪






プロに対抗しようなんて大それたことは考えていないが、こんなふうにエッジの効いたハードパンが、まぐれでもいいから一度ぐらい焼けないものかと夢見ている。





ただいま手作りお菓子ランキングの第4位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!




この記事のみを表示するアップルパイのサツマイモとルバーブジャム入り

pie

こちらも冷凍パイシート使用で、アップルパイのサツマイモとルバーブジャム入り。

141124アップルパイ

仕事の合間のおやつに食べた。

パソコンの前での食事はやめよう! という誓いは守っている。
そう、できるかぎり守っている。
たぶん、80%ぐらい、いや、もしかしたら70%ぐらいは守っている(^_^;)
でも、おやつならパソコンの前でも食べてもいいよね。
食べたらすぐに仕事に戻れるわけだし――と、なんとなく嘘くさい理由を述べてみる^^;

ひと口サイズ(今回はやや大きめ)のパイは半月型に作るのが好みなのだが、そうすると、かならず余り生地が出る。
そんなわけで、今回は四角いパイシートをスッパリ二等分。
二等分した長方形のパイシートの半分にフィリングをのせて、パタリと折れば、余り生地なしでスッキリ使い切り(^^)v

これは焼き上がりを「美しいわ~」などと惚れ惚れ眺める間もなく食べちゃうものだから、模様など描く必要はない。
それなのに描いているのは、いまや、パイに模様をつけるのがすっかり趣味と化しているから。
いつのまにそんな自分になったんだろう(・・?

いずれにしても、気軽でおいしいおやつだった♪



いつも同じものばかり買うのはやめよう!
そう決意してスーパーへ行き、手に入れたのはブーケレタス。

141119レタス

うん、たしかにこうやって見ると、普通のレタスより華やか(^_-)
これを使った朝食はすでにアップ済みなんだけど、普通のレタスじゃないってことに誰か気づいてくれたかな~?
あえて目新しいレタスを選んだのに、サラダにしてみるとインパクトはイマイチだった。

背後に写ってるのは、元夫が届けてくれたミカンとイチゴとサツマイモ。
どれも味が濃くて甘くてとってもおいしい。

婚姻を解消してもう何年も経つのに、なぜ元夫が果物や野菜をくれるのか?
たいした理由もないのだが、その手のことは書きはじめると長くなりそうな気もするので、またおいおい(^^ゞ





ブーケレタス1パック、...

ブーケレタス1パック、...
価格:563円(税込、送料別)

何の気なしにブーケレタスを検索したら、楽天でも扱ってるお店があるのね、びっくり!
やわらかくて、癖がないので、食べやすいレタス。
機会があったら、ぜひお試しを。




ただいま手作りお菓子ランキングの第4位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!




この記事のみを表示するカボチャのシフォンケーキ

chiffon cake

今朝はカボチャのシフォンケーキで軽めの朝食。

141124カボチャのシフォンケーキで朝食

土曜日の夜は友人と居酒屋へ。楽しかった~♪
日曜日はMG1&2の七五三のお祝いで、ホテルの鉄板焼きレストランで超豪華なお昼ごはん。おいしかった~♪

楽しくて、おいしくて幸せなのだけれど、二日続けての外食はちょっと食べ過ぎた。
居酒屋であれこれ頼まず、控えめにしておけばいいのに、もともとが食べるの大好き! だから、外食するとつい食べ過ぎちゃう(^_^;)

というわけで、月曜日の今日は野菜中心のライトな朝ごはんにした。
パンを切らしてたので、代わりにカボチャのシフォンケーキ。
シフォンに添えたのは、軽くカラメリゼしたリンゴと、砂糖を加えなくても甘いサツマイモ。
サラダは冷蔵庫内の野菜でぱぱっと。
おまけに、キノコとしらすの明太子マヨネーズ和えも少々(^^ゞ
ほどよい量のおいしい朝食だった(^^)v


このカボチャ・シフォンはそもそも、飲み会参加の友人のために作ったもの。

141122カボチャのシフォンケーキ

5人のメンバー全員が甘いもの好きかどうかわからなかったので、濃厚な焼き菓子はやめて、カボチャがたっぷり入った甘さ控えめのシフォンにしてみた。
翌朝には、みんなから「いただきました!」のラインが来て、ハッピーな気分で一日がはじまったのだった(^^♪




服部 食品用OPPシートSO20-4 20μ/250...

服部 食品用OPPシートSO20-4 20μ/250...
価格:1,636円(税込、送料別)

シフォンをプレゼントするときには、20cm型で焼いたものを12個にカットして、このシートで包んでいる。
といっても、包むのになかなか慣れず、毎回、ちょっと手間取る^^;

マチ付きの袋に入れたらラッピングが楽になるかも~と、ぴったりサイズの袋を探している。




ただいま手作りお菓子ランキングの第6位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!





この記事のみを表示するブラックココアの三つ編みパンに、ルバーブ&クランブル

bread

ブラックココア生地と白生地の三つ編みパン。

141104ブラックココアの三つ編みパン

11月初旬にホシノ天然酵母使用で作ったこのパン。
どういうわけか、このパンの朝食写真はなく、あっというまに完食したことだけを憶えている。
ということは、かなり美味しかったのだ(^^♪

こうしてあらためて2、3週間前のことを振りかえると、記憶が激しく薄れているのがわかる。
ごく普通の日常を憶えていないのは、毎日が目まぐるしいせい、と今は無理やり納得しているが、来年は暇になりそうな気配^^;
暇でもあまり憶えていないとなったら、本格的に危機感を抱くことになるのかなぁ~(^_^;)




これもまた11月初旬のおやつ。

141109ルバーブとクランブル

タルトに使ったルバーブの余りを耐熱皿に敷いて、砂糖少々と、冷凍してあるココナッツクランブルをたっぷり散らして、オーブンで10分。
甘酸っぱくてやわらかいルバーブと、サクサクのクランブルがナイス・ハーモニー♪
ものすごく手軽なのに、満足度200%のおやつだった (^^)v








ほぼ茶系のランチョンマットしか持っていないので、カラフルなものもほしいと思っている。
ただ、これだけ色のバリエーションがあると、迷ってなかなか決められないのだ(^^ゞ






ただいま手作りお菓子ランキングの第4位 \(^o^)/ミラクル!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!




この記事のみを表示するヨーグルトゼリーのアップルソース

suipa. monitor

リンゴの甘煮を作ったときの赤いシロップがあまりにも美しかったので、それを使いたいがために作ったのが、このヨーグルトゼリー。

141120ヨーグルトゼリーのアップルソース

このカップもハニーボトルという名のsuipa.店の商品。
ハニーボトルだから、ヨーグルトゼリーにはハチミツを使って、甘さ控えめ。
というわけで、アップルシロップをたっぷりかけて食べるのがGood♪

とっても簡単で、なおかつ、美味しかったので、レシピをメモっちゃおう( ..)φ

ヨーグルトゼリーのアップルソース
●材料: ハニーボトル(容量130cc)3個分
ゼラチン 4g(水でふやかす)
生クリーム 150g
牛乳 50g
ハチミツ 40g
ヨーグルト 100g
リンゴの煮汁 適宜
リンゴ角切り、ミントなど 適宜
●作り方
1.生クリーム、牛乳、ハチミツを鍋に入れ、沸騰直前まで温めて火を止める
2.ふやかしたゼラチンをくわえて溶かす
3.ヨーグルトをくわえて混ぜ、冷蔵庫で冷やし固める
4.ソースとしてリンゴの煮汁をかけて、リンゴの角切りやミントを飾る

*生クリームと牛乳の割合は在庫にあわせて変更可能。(今回は生クリームが多めなので、クリーミィーなお味)
*リンゴのソースがなければ、ハチミツやその他のフルーツソースでOK。簡単アレンジは無限大(^_-)




リンゴの煮汁はドリンクにしてもおいしい(^^♪

141120アップルシロップのホットドリンク

夏なら炭酸で割ってグビッといくところだけど、冬だからホットアップルジュース(^^)
スパイスを入れるとさらに芳醇になるだろうなぁ~、と夢想して、シナモンパウダーをパラリと振ってみた。

こういうときにシナモンスティックがさっと出てきたりすると、かっこいいんだけどなぁ~(^^ゞ





使用したのは、ころんと愛らしいこのカップ。
このsuipa.店では、明日から全国送料無料キャンペーン。
正確には、21日18:00から25日08:59まで、購入金額に関係なく送料無料なのだ。
クリスマス用のカップとかを送料無料で注文できるんだから、かなりお得だと思うよ!(^^)!



ただいま手作りお菓子ランキングの第7位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!




この記事のみを表示するアップルパイ

pie

今季のアップルパイ第2弾!

141117アップルパイ

第2弾と言いつつ、前回作ったのはアップルタルトで、今回はアップルパイだから、私の中ではちがうもの。
タルトは層になっていない生地で、パイは何層にもなっている生地、というのが私的な区別。

とはいえ、そんな区別は世間一般では通用しない。
レシピ本にも、折りパイ(層あり)と練りパイ(層なし)があるように、層になっていようがいまいがパイはパイ。
タルトはフランス語で、パイは英語で、つまりは同じもの、という話もどこかで耳にしたことがある。

そこまでわかっていながらも、お店で「パイ」を注文して、層になっていないものが出てくると、ものすごくがっかりする私。(でも、マックのアップルパイは許しちゃう。パイという名をつけたユニークな揚げ菓子だと思ってるからね)

などと偉そうにパイを語りながらも、このアップルパイに使ったのは冷凍パイシート(^_^;)
友人から冷凍パイシートをど~んと5パックももらったから、それを使い切るまでは折りパイ作りは自粛中。
何年かぶりに冷凍パイシートを使ってみたら、あまりにも楽ち~ん!
これほどお手軽にアップルパイが作れるなら、パイの味はそれなりで良いよ、と広ーい心の持ち主になれた(^_^.)

表面の模様は毎年1月に1度だけ作るガレットデロアの練習のため。
これまではひたすら放射状(かな?)に線を描いていく太陽模様だったが、はじめて木の葉模様の変形に挑戦してみた。
この模様のほうが粗が隠れるような気がする(^_-)

アップルパイのフィリングはカラメリゼした紅玉。
パイ生地がしめらないようにジェノワーズも敷いてある。
前回よりはだいぶ甘めに仕上げたつもり。
だが、今度はリンゴとパイとジェノワーズのバランスがイマイチだった_(._.)_

でも、気にしなくても大丈夫。
冷凍パイシートはまだ4パックもあるんだもん。
私さえ飽きなければ、あと4つはアップルパイを作れる(^^ゞ


苦手のカット写真もがんばってるよ~。

141117アップルパイ・カット

変わりばえしないアングルだけど、練習中だから、大目に見てね。

最初のほうに「パイは層がなければ許せない!」的な発言をしておきながら、ちっとも層が見えてない^^;
冷凍パイシートの説明書きにはそのまま使うように書いてあったのに、パイ皿の大きさまでめん棒でのしたのがいけなかったのか……。

これもまた、次回の課題ということで(^_-)





パイ皿 N...

パイ皿 N...
価格:145円(税込、送料別)

パイ皿は初めてかっぱ橋に行ったときに手に入れた。
たぶんこれと同じもの。値段もこのぐらいの超お手軽価格だった。
これを棚から出すとかならず、「私はこれから素朴なパイを焼くのね!」という気分になる。
だからどうなのだ? と言われると困るが、スタイリッシュなタルト型を使うときは、だいぶ気分がちがうのだ。




ただいま手作りお菓子ランキングの第6位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!




この記事のみを表示するホシノ天然酵母の角食で朝食

bread

本日、体調不良のため、2週間前の朝食でささっと更新。

141030ホシノ天然酵母角食の朝食

メインはホシノ天然酵母使用の角食のバター・トースト。
おかずはサツマイモとレーズンのマヨネーズあえ、オレンジ入りのコールスローサラダ、サラミ入りの卵焼き。
デザートとしてハロウィン用のカボチャのタルトを食べたのだった。

食パンは好みのむっちり系。
感激するほどの味ではないが、それなりにおいしい朝食だった(^^)

しかし、こうして朝食を記録していると、おかずがかわりばえしないのが明確になる。
そもそも、買い物に行っても、同じような食材ばかりに手が伸びるから、結果的に同じような料理になってしまうのだ。
うーむ、なんとかしたい(-_-;)

この朝食も最近のテーマ“カラフルでばらばらな食器で、どうにかまとまり感を出そう!”の和風バージョンとして、食器をセレクトしてみた。
和風に! と、はりきってみたものの、よく考えれば、セレクトできるほど和食器を持っていなかった。
カボチャタルトの皿にいたっては、和なだけで、カラフルどころかむしろ地味なのだ(-_-)

そんなわけで、食器も尽きたことだし、このテーマはおそらくこれで終わり。
最終回はばっちり決めたかったが、なんだかぐだぐだになってしまった(^^ゞ


とりあえず、この角食の全貌を。

141029ホシノ天然酵母角食

まあ、こんなもんっす(^_^;)


ここからは体調不良のお話だから、お時間のある方限定で。

木曜の夜から顔が痛くなって、土曜の朝にはこれはもう尋常ではない! ってほど痛くてたまらなくなった。
でも、顔痛って何科に行けばいいの?
その痛みにくわえて、鼻もぐずぐずしてたから、耳鼻科に行ってみた。
「受診する科が違うよ」と医者に言われたら、「いや~、鼻も出てたもので……」と言い訳できるしね(^_^;)
言い訳など考えずに、さっさと医者に診せればいいものを、何しろ病院嫌いだから、ぐだぐだ考えてからでなければ重い腰は持ちあがらない。
私が行った耳鼻科は、大きな待合室でひとまず待って、順番が近づくと、診察室のすぐ隣の待合室に移動してそこでさらに待つというシステムだった。
その待合室は診察室とカーテンで仕切られているだけで、「今どきこんなことでよいのか?」と心配したくなるほど、医者の話がまる聞こえ。
私の2人前に受診した中年男性はやけに診察時間が長く、最後には医者から「ポリープが……念のため癌研に……いや、総合病院でも……検査して……癌でなければそれで安心できるし……」と何度も言われていた。
私のすぐ前に受診した若い女の人もそれなりの診察時間を要して、「内視鏡で声帯を……麻酔……いや、歯医者程度の麻酔で……心配しなくても……」などと言われていた。
その頃には私も耳鼻科ってけっこう大変なところだと気づきはじめて、私だってそれはもう大がかりな処置をされるのだろうと覚悟して診察室に入った。
結果、3分で診察終了~!
耳鼻科ならではの例のペンチのような器具で鼻の穴をぐいと広げられて、何かをシュッシュッとやられて、それで終わり。
せっかく意を決して病院に来たのに、重大な病気を見落とされてはたまらないと、診察を終わりかけてる医者に「顔がすごく痛いんです!」とふたたび訴えてみた。
「頬のあたりが痛いんでしょ?」と医者。
「そうなんです! とくに右頬が!」と食い下がる私。
「抗生物質出しておくから、それ飲んで」と医者。
私の“右頬”の訴えは完全にスルー。
医者は病名さえ言わず、“はいはい、すぐ治るよ”的な雰囲気だった。
無意味な言い訳まで考えて病院に行った私としては、すっかり拍子抜け。
でも、考えてみれば、麻酔されたり、癌を宣告されたりするより、はるかに幸せなんだけどね(^^ゞ

ちなみに、私の病気は“副鼻腔炎”というものらしい。
薬局でもらった薬にそのように書かれていたから、たぶん(^_^.)




ただいま手作りお菓子ランキングの第6位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!





この記事のみを表示するアップル・タルト

tart

今季初のアップル・タルト♪

141106アップルタルト

スーパーで紅玉を見かけると、買わずにはいられないこの時期。
買ってきて、すぐに使えばいいものを、なぜかしばらく冷蔵庫内に放置。
甘く煮ようか、生のまま焼きこもうか、迷いすぎてなかなか決められないせい(^^ゞ
私にとって、紅玉はそのぐらい貴重品。

たしか、小学生の頃は紅玉的な小ぶりで酸味の強いリンゴを普通に食べてたよなぁ~。
その後、「これはデリシャス(たしか、こういう品種だったと思う)というリンゴよ」と、母がいつもより大きめのリンゴを出してきて、いかにもありがたそうに皮を剥いてくれるようになった。
その後、蜜入りのリンゴが登場し……。
いまや、デリシャスというリンゴを見かけることもなくなって、お手頃だった酸っぱいリンゴも手に入りにくくなっているのだから、時代の変化+品種改良技術の進歩を痛感せずにはいられない。

って、あまりにも年がバレバレだから、私的リンゴの歴史話はやめとこう(~_~;)


めずらしく、それなりに撮れた断面写真。

141106アップルタルト・カット

リンゴの表面が赤いのは、ルバーブジャムを塗るという余計なことをしたせい(^_^;)
甘みのないタルトに、アパレイユはカスタードクリーム+ルバーブ、その上に生の皮つき紅玉のスライスを並べ、ちぎったバターとクランブルを散らして焼いた。

ひと口食べると、甘酸っぱ~い!
甘酸っぱすぎて、どこにも売ってな~い!

娘曰く、「きみ(私=母のこと)がこの味を好きなのはよく知ってるけど、私はもう少し甘いほうがいい」
ごもっとも。
人さまに差し上げるとしたら、もちろんもっと甘くするよ~(^^)v

ここ数日もまた紅玉をちびちび入手して、現在、冷蔵庫に都合三個。
今度は一般受けする煮リンゴの甘いパイでも作るとしよう(^^)/




スーパーでちびちび買ってないで、どーんとお取り寄せする手もあったのだと、やっと気づいた(^^ゞ





手作りお菓子ランキングの5位と6位を行ったり来たり \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!





この記事のみを表示する自家製レーズン酵母でブール

bread

自家製のレーズン酵母を使ったパン。

141031自家製酵母(レーズン)ブール

クープの開きがまるでなっていないのだが(^_^;)
何度も焼けば、そのうち開くようになるでしょう~、と気長にかまえている。
それとも、もっと真剣に研究しないと、いつまでもこのままなのか……(-_-;)

このパンは“ブール”というらしい。
フランス語で“ボール”の意味だそうだ。
大ざっぱに言うと、強力粉使用で丸く仕上げたパンがブールだと、勝手に解釈していた。
憧れのカンパは、中力粉(フランスパン粉)を使うから、むずかしいにちがいない、と勝手に思っていた。
だが、カンパと名のついたあるレシピを見たら、強力粉が使われていた。
というわけで、目下、カンパとブールのちがいが、すっかりわからなくなっている(・・?


ブールを実食。

141031自家製酵母(レーズン)ブールの朝食

プレーンとレーズンの二種類を焼いたが、レーズン酵母使用のパンはレーズン入りにしたほうが圧倒的においしかった。
おかずは、コールスローサラダ、サツマイモのポタージュ、フルーツたっぷりヨーグルトと、シンプルにまとめてみた(^^ゞ

それにしても、断面写真を載せると、ふくらみがぜんぜん足りないのがバレバレだね~(^_^;)






もっと腕を上げて、カンパが作れるようになったら、これは絶対にほしい!
ただのかごに見える(失礼!)が、お店によって値段がかなりちがう。性能もちがったりするのだろうか(?_?)
いや、それよりも、まずはカンパとブールのちがいをはっきりさせなくちゃ。





ただいま手作りお菓子ランキングの第5位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!