この記事のみを表示するベリーのチーズプディングケーキと、おもてなしの(つもりの)食事

cheese cake

昨日のmarin caféのデザートの、ベリーチーズプディングケーキ。

160129ストロベリープディングチーズケーキ1

marin caféって何よ?
私が内緒でそう呼んでるだけで、実際は友人を招いての食事会。
平たく言えば、日頃お世話になってる友人2名を家に呼んで、夕食を食べただけ(^^ゞ

しかし、今回はちょっと気合を入れた。

まずは、コストコで手に入れたドライ・ホオズキ、イチジク、クルミを入れたブールを焼いた。

160129ドライフルーツとクルミのブール

焼きあがり写真を撮り忘れ(´・_・`)


プディングケーキを長時間の蒸し焼きにして、ややハードパンを高温で焼いたせいなのか、以前から不調だったオーブンがついにギブアップ(;д;)
メインの塩釜焼きを入れたとたんに、「ピーピーピーピー」(←オーブンの警告音)と悲鳴をあげて、止まってしまった。

「メインが焼けなくて、どうする!?」と、一瞬あせったが、ストウブと5層構造ステンレス鍋で、肉も野菜もローストできたo(^▽^)oヨカッタ~♪

160129ストウブで塩釜焼き

ストウブでの豚肉の塩釜焼きのレシピは以前アップしたものと同じ。

火加減は、最初の約3分が強火で鍋内の温度を上げて、あとは弱火で1時間。
火を消して、冷めるまで放置。
これでおいしい塩釜焼きが完成。

180℃のガスオーブンで50分焼くより、ガスコンロの弱火で1時間のほうが、もしやガス代はお安いのか(・・?


marin café(←しつこい)のために、ダイニングテーブルもおめかし。

160129ダイニングルーム

テーブルクロスとセンターを使ってみたかったの~(゚∀゚)
そのせいで、カフェというより、レストランの雰囲気になっちゃったけどね。
私の庶民派料理に、かなりミスマッチなテーブル(^_^;)


人がいるときには写真を撮れないから、メニューは翌朝、残りもので再現

160129夕食のメニュー

マリネサラダ。
鮭ハラスと焼き野菜の柚子ボン酢和え。
豚肉の塩釜焼きと根菜のロースト。
アサリと鱈のアクアパッツァ。
パン。

そして、デザートのベリーチーズプディングケーキ。

160129ストロベリープディングチーズケーキ2

このケーキは有名パティシエ小山進さんのレシピを、諸事情から勝手にアレンジ。
勝手にアレンジしてもものすごくおいしいんだから、ほんものはどれだけおいしんだろう(´∀`σ)σ



大した品数じゃないけど、私としてはこれでいっぱいいっぱい。
オーブンが御臨終(ほんとうに? 生きかえってほしいわ~)というトラブルに、冷静に対処した自分を褒めてあげたい(´∀`*;)ゞ


しかし、不思議なことがひとつ。
今回、(私としては目いっぱい)おしゃれなテーブルを演出したつもりなのだが……。
みんなが座りたがるのは、こっち↓

160130カウンター席

キッチン内のカウンター席。
大人なら2名まで、ちびっ子なら3名までという狭いカウンター。
わが家にやってくる家族も友人も、まずはここに座って、「ここでいいよ~」と言う。

ここに座ると、視線の先には、鍋がのったガスコンロ、まな板と包丁が出しっぱなしの調理台、洗いものが残るシンクなどなど。
要するに、雑然としたキッチンが丸見え。

そういう場所のほうが落ち着くの?

私は落ち着くけどね(=∀=)


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)

この記事のみを表示するココナッツオイルのココアマーブルパウンドケーキ

pound cake

ココナッツオイルを使って、ココアマーブルパウンドケーキを作った。

160122ココナッツオイルでココアマーブルパウンド

2月が近づくにつれて、徐々にチョコレート気分になっていくはずなのだが、これはココアを使って簡単に作ったから、まだまだウォーミングアップにもなってない(^^ゞ

仕事もなくて、ぽっかり空いた1週間。
お菓子作りに邁進するかと思ったら、意外にそうでもない。
細々した用事に翻弄されて、ちょっとしたお菓子と、いつものパンを焼くにとどまっている:(´◦ω◦`):



これはたしか、紫芋のモンブランを作った頃の朝ごはん。

160117イングリッシュマフィンの朝食

モンブランクリームのために多めに煮た紫芋が、そのまま朝食になってるもんね(´∀`*;)ゞ

黄色いニンジンを手に入れたから、普通のニンジンと一緒にサラダにした。
色合いがとってもキュート♪

メインはイングリッシュマフィン。
半割れはエッグベネディクト風。
半割れはベーコンとカマンベールチーズをのせてトースト。
どっちもかなりおいしかった.゚+.(・∀・)゚+.


数日前の大寒波の朝は、すき焼きだった。

160125すき焼き

ひとり鍋はしょっちゅうだが、すき焼きは今季初。
久々だったせいか、すごくおいしく感じた。
でも、シイタケとシラタキが入ってないのが、玉に瑕。
大容量パックしかなかったシイタケは迷いに迷って買うのをあきらめ、シラタキは買い忘れたのだった(;_;)



仕事場の冬の風物詩。

151120発酵装置1

冬になると、棚の上に赤い毛糸の帽子が出現する。


娘が小さな頃にかぶっていた帽子だが、その中身は――

151120発酵装置2

自家製酵母の中種。

「極寒の家で、発酵器もなしで、どうやって発酵させてるの?」とたまに友人に訊かれるが、こうやって発酵させてるの(〃▽〃)

キッチンに比べると温かな仕事部屋で、棚の上に電気アンカを置いて(コード丸見え)、その上に中種を置き、毛糸の帽子をかぶせれば、けっこうきちんと発酵してくれる。

151120発酵装置3

帽子の中身はヨーグルトのこともあれば、酵母エキスのこともある(=^・^=)



発酵器はいらないと思っていたが、納豆も作れるとなると、ちょっとほしくなるなぁ。


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)



この記事のみを表示する中華せいろでプリン、そして、入学祝の雑記

custard pudding

今朝は氷点下。
家の中でも手がかじかんだよ((((;゚Д゚)))))))

そんな寒波がやってくるまえのある日に作ったシンプル・プリン。

160121せいろでプリン1

なぜ、作ったかといえば、中華せいろでプリンを蒸してみたかったから。
ただ、それだけ(=∀=)

これまでで最高の出来.゚+.(・∀・)゚+.ヤッホー!

オーブンの湯煎焼きならどうにか満足のいくプリンを作れたが、蒸し器で作るシンプル・プリンが苦手だった。
でも、苦手を克服できたかも。
中華せいろのおかげだねo(^▽^)o


カラメルソースは作り置きがあったから、上からかけただけ。

160121せいろでプリン2

冷蔵庫で硬くなっていたカラメルソースを湯煎で緩めて、すぐにかければよかったんだけど。
ちょっと間を置いたら、あっというまに、模様が描けるぐらいかたまっていた。

極寒のキッチンでの作業は、手際が大切だね(^_^;)


そう、寒波が来ようが来まいが、毎冬、わが家のキッチンは東京とは思えない寒さ。

たとえば、不要になった氷を冷凍庫から出して、ひと晩窓辺に置いておいても、溶けない。

160115氷

ほかにも、シンク下に収納してる植物オイルが白濁するとか、早朝は給湯器のパイプが凍っててお湯の蛇口をひねっても、お湯はおろか、水1滴出てこないとかね (゚´Д`゚)゚。マイッタ



ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)



ここからは料理と無関係の無駄話。

1月半ばのこと。
大きな荷物が届いた。

160116ランドセル1

何も頼んでないのに、なんだろう?
しかも、わが家の2人がけのダイニングテーブルに置いたら、食事ができなくなるほどの大荷物。
いったい、なんなの?

不思議に思いつつ、開けたら、こんなものが出てきた。

160116ランドセル2

Oh! MG1への入学祝のランドセル。
丁寧に生成りの布袋入り。

私:「ランドセルを買ってあげるよ~」
娘:「ほしいランドセルが決まってるから、注文しておく。値段は〇〇円ぐらい」
私:「(ぎょぎょ!)私が考えてた予算の倍じゃん!」
娘:「いいよ、いいよ、全額じゃなくて、考えてた額を出してくれれば、あとはこっちでなんとかするから」
――などという会話をしたのは、たしか秋口。

そのランドセルがふいに届いたのだった。
しかも、でかでかと「御入学祝 まりん(←実物はもちろん私の本名。写真は修整済み)」と書かれていては、購入額の一部だけで許してね、というのもなんだかね\(//∇//)\
「よっしゃ~、買ったるで~」と一気に太っ腹になった私。なんと単純なのか……。

念のために、娘に正確な値段を訊いたら、秋に聞いた額よりちょっと安くて、ほっとした。
それだって、当初の予算をかなりオーバーなんだけど、それでも「安くてよかった」と胸をなでおろしてる、どこまでも単純な私(*´~`*)


何はともあれ、ランドセルは美しい。

160116ランドセル3

しなやかな牛革の丸いフォルムにしばし見とれる。

でも、見とれてばかりはいられない。

2年後には、MG2も小学校に入るのだ。

ランドセル貯金をはじめなきゃ(^^ゞ



この記事のみを表示する柚子ピール

etc.

前回にひき続いての柚子仕事。

柚子ぽん酢のために果汁を絞ったあとに残される、大量の皮。
その皮は柚子ピールにしようと決めていたo(^▽^)o

諸事情からすぐに取りかかれず、ひとまず皮を冷凍しておいて、時間ができたときにじっくりと。

160109柚子ピール1

まずは、皮を3度茹でこぼし。
水はくわえず、皮から出た水分と、皮の重量の20パーセントの砂糖だけで、煮込む。
いや、煮込むというほどのことでもなく、温めては火を消してということを、朝昼晩と3日間繰り返して、皮に甘みを染みこませていく。

きび砂糖使用だから、色がイマイチ。
でも、お菓子やパン生地に混ぜこむのが主な用途だから、色はさほど気にしない。

そして、干す。

160109柚子ピール2

雰囲気を味わおうと竹ザルを使ってみるが、これだとちょっと乾きが悪い

結局、無粋なネットの干しかごを持ちだした。

160109柚子ピール3

千切りにせずに、半割りのまま作ったのは、干すのが楽かもと思ったから。
半割りじゃなくて、四つ切ぐらいで良かったかもね(´∀`*;)ゞ

干してから、ハサミでチョキチョキ細く切って、大半は冷凍保存。
冷凍しなくても、長期保存ができそうだったが、念のため。

ごく少量を取りわけて――

160114柚子ピール4

グラニュー糖をまぶして、おやつにした。


このぐらい上品に――

160114柚子ピール5

少しずつお茶うけにしようと思ってたのに……。

おやつ飢饉のある日、ばくっとひと口で全部食べちゃった(=∀=)



おまけの写真は、柚子ピールを作った頃の、なんの変哲もない朝食。

160109ブリオッシュの朝食

お久しぶり・ブリ・ブリオッシュ♪(スライス)。
ミニハンバーグにブロッコリー。
豚バラと大根のさっと煮。
アボカド、明太子、松の実、クコの実の和え物。
グレープフルーツ・ヨーグルト。

たまにはリッチ生地のパンもいいもんだね~v(o゚∀゚o)v


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)

この記事のみを表示する柚子ぽんと朝ごはん

etc.

これまた昨年のこと。

友人から柚子が届いた。

151211柚子

おまけに、怪獣パスタと乾燥ポルチーニもというお気遣い。
すべて嬉しい♪ ありがとうヽ(´∀`)ノ

というわけで、約30個の柚子をぐりぐり絞って――

160108柚子ぽん1

柚子ぽんを作った。

160108柚子ぽんと柚子化粧水

種を集めて、化粧水も。
ホワイトリカーが足りなくて、不足分は910gとメモして瓶の下に置いておく。
翌日に購入、即継ぎ足すのだから、「910g」ぐらい憶えておけそうなものだが……。

近頃は、自分の記憶力より、メモのほうがはるかに信頼できるのね(〃▽〃)


柚子ぽんをちょっと寝かせて、少し角が取れた頃の朝ごはん。

160121柚子本で蒸し豚野菜1

蒸し豚モヤシ。
娘の十八番料理を真似てみた。

娘は潔くモヤシと豚バラ肉だけで作るが、母はそこまで潔くなれず、シメジも投入。
いずれにしても、野菜を切る手間もなく、お手軽料理であることに変わりない。

160121柚子本で蒸し豚野菜2

そんなシンプル料理だからこそなのか、柚子ぽんでガンガンいける。

モヤシたっぷりだから、ガンガンいっても、お餅で肥えた体が少しはリセットできそうな朝ごはんだった(=^・^=)


子どもの頃は、鰹節削りをよくやらされて、ちょっと苦手だった。
いま、昔ながらの削り器を持ってたら、おいしい出汁のために喜んで削るんだけどなぁ。


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


柚子ぽんと柚子化粧水の作り方の覚書

【柚子ぽん】
〇材料
柚子の絞り汁 250cc
醤油 250cc
みりん 50cc
昆布 約5センチ
鰹節(削り節) たくさん

〇作り方
1.材料をすべて合わせて、3日間ぐらい放置する(気温が高い時期なら、冷蔵庫へ)
2.濾して(液を吸った鰹節は、濾し器の中でスプーンなどで押して絞る)、保存用の瓶に入れ、しばらく寝かしてから使用する

*食べごろになる日数は柚子の酸味による。今回のものは2週間ぐらいで、ややまろやかになってきた。
*冷蔵庫で長期保存可能。
*材料は、柚子の絞り汁と醤油が同量。みりんが20%と憶えよう。


【柚子化粧水】
〇材料
柚子の種
種の重量の10倍のホワイトリカー

〇作り方
種とホワイトリカーを保存容器に入れる。

*翌日から使用可。
*顔に使うのはちょっと……という私は、ボディローションにしている(^^ゞ

この記事のみを表示する豚肉の塩釜焼き、そして、モッフル

etc.

料理愛好家は暗号も料理で送る。

151231豚バラの塩釜焼き1

1II.クルリ・

暗号を塩で固めて――

151231豚バラの塩釜焼き2

焼く。


さあ、暗号で送った密会場所は、この地図のどの地点でしょう?

151231豚バラの塩釜焼き3

って、誰よ! 大事な地図の上に、焼きあがった肉をどーんと置いちゃったのは?

などと、アホな子芝居してる場合じゃなくて……\(//∇//)\

お正月用に作った豚バラ肉の塩釜焼きは、最高においしかった.゚+.(・∀・)゚+.



調子に乗って、昨日もまた作った。

今度は豚ロース肉。

160119豚バラの塩釜焼き

暗号はリンゴの皮じゃなくて、ミントで書いたけど、写真は省略。

焼きあがった塩釜は大して固くない。
フォークで充分に崩せるが、そこはお約束。
すりこぎでポカリと叩いて、ストレス解消(`∀´)

ミントのおかげで、とってもいい香り~♪

で、お味は?

豚バラ肉で作るのを強くお薦めしたい(´∀`*;)ゞ



話は大幅に前後して、元旦から1週間頃の朝ごはん。

最後のお餅はモッフルにしようと決めていた。

160106モッフルの朝食

味付けは醤油を垂らすのみ。

まるで、焼き立てのお煎餅とぬれ煎を足して、2で割ったような食感。

わかりにくい?

外はパリッと、中はムニッなのよ~ヽ(≧∀≦)ノ

これでお餅を完食と思いきや、娘からお餅の差しいれがドーンと届いた。
餅好きだから、ばんざーい(*^_^*)

そのお餅もとっくに食べ尽くしたけどね。

どうりで、肥えるわけだわ(〃▽〃)



ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)



豚バラ肉の塩窯焼きのレシピ

〇材料
豚バラ肉の塊 500g(常温に)
ドライハーブ各種
胡椒
塩 500g
卵白 1個分
リンゴの皮

〇作り方
1.豚バラ肉にフォークなどでぶすぶすと穴をあけ、ハーブと胡椒をすりこんで、30分ほど放置する
2.塩と卵白をよく混ぜる
3.オーブン用の天板にアルミホイルを敷き、卵白を混ぜた塩をうっすら敷く
4.適当に間隔をあけて、リンゴの皮を置く
5.肉を置いて、その上にやはり間隔をあけて、リンゴの皮を置く
6.卵白を混ぜた塩で全体を包む
7.180℃に予熱したオーブンで50分焼いたら、オーブン内で15分放置してから、取りだす
8.塩釜が冷めたら、割って、肉を取りだす

*卵白を混ぜた塩が足りなくならないように、下に敷く分はうっすらと
*リンゴの皮は塩味がきつくならないための塩よけ。リンゴの皮でなく、キャベツ、ローリエ、ミントなど、なんでもよい

この記事のみを表示する紫芋のモンブラン・リンゴ入り

cake

目覚めると、雪が積もっていた。

ラジオからは、「電車が止まっています……駅で入場制限しています……みなさん、お気をつけて……」と繰り返す声が。

出かける予定がない私はラッキー♪
その後の雪かきは、ちょっと大変だったけどね(〃▽〃)

午前中、宅配便で届く予定の原稿を待ちながら、紫芋のモンブランを練習した。

今回はカラメリゼしたリンゴを入れてみた。

160118リンゴ入りの紫芋のモンブラン1

スポンジは以前焼いて、冷凍しておいたもの。
紫芋のクリームは、紫芋のプリンのときに多めに煮ておいた芋で作ったから、けっこうお手軽(* ´ ▽ ` *)


お正月のモンブランのリベンジも兼ねて、絞り方を研究。

160118リンゴ入りの紫芋のモンブラン2

やはり、むずかしい……(´・_・`)


味見(゚∀゚)

160118リンゴ入りの紫芋のモンブラン3

おいしい o(≧∇≦)o

そう、たしかにおいしいのだが、紫芋クリームが濃厚すぎて、リンゴの味がよくわからない(ノω`*)ノ

その後、リンゴのカラメリゼを皿に追加して、一緒に食べた。

なるほどね、紫芋クリームと同じぐらいたっぷりのリンゴを入れればよかったのか~+.(*'v`*)+



モンブラン用の口金は“大”を使用。
でも、このお店のこのページの解説を見ると、私は“小”を使うべきなのかもしれない(^_^;)


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)



追加のひとり言――

雪が冷たい雨に変わって、ちょうどモンブランを作り終えた頃、宅配便のお兄さんがやってきた。

雪道に停まる宅配便の車。
濡れそぼって、見るからに寒そうなお兄さん。

原稿を受けとって、「ありがとう。お気をつけて」とは言ったものの……。

“今日は出かける予定がなくてラッキー♪”と浮かれた自分が、ちょっと恥ずかしかった。

この記事のみを表示するダッチベイビー

pancake

ダッチベイビーを作ろう!

仕上げに粉砂糖を振って、レモンをぎゅっと絞ったやつが好きo(^▽^)o

なのに、レモンを買い忘れたから、冷凍レモンをすりおろすΣ(´Д`*)

160115ダッチベイビー用レモン

手がかじかんだ~(+o+)ブルルッ


だいぶ陽が傾いた頃に完成ヽ(´∀`)ノ

160115ダッチベイビー

写真の写りも薄暗く、ずいぶんのんびりな昼下がりランチ。

粉糖とレモンだけという当初の予定を大幅に変更。

半分はベーコンとチーズものせて、お食事系。
半分はベリーも散らして、ストロベリーソースも用意して、デザート系。

ひと焼き(?)で食事とデザートをいっぺんに作る、ものぐさ料理。

大成功.゚+.(・∀・)゚+.


とはいえ、この数日まえに失敗している。

失敗ダッチベイビー(;゜0゜)

160114ダッチベイビー失敗

朝日を浴びて写りはいいが、失敗なのは一目瞭然。
縁のせり上がりがまるで見られない(´・_・`)

ふくらみのない質素すぎるパンケーキだったが、熱いうちに完食。

冷めたら、ぼそりと硬くなるに決まってるいるが、番茶も出花(←無理のある言いまわし)
失敗だろうと、熱いうちにさっさと食べれば、どうにかなる(=^・^=)


成功ダッチベイビーのレシピは、記事の最後に追加したよ(^-^)/



話はがらりと変わって、有名店の七味唐辛子をお土産にいただいた(o‘∀‘o)アリガトウ

160105七味唐辛子

このほかに「深煎り」というものもあったのだが、食いしん坊の悲しいサガで、写真を撮るまえに食べちゃった(´∀`*;)ゞ

大容量入りも嬉しいが、ひとり暮らしとしては、いろいろな味を楽しめる少量パックをいくつかというのは、とてもありがたい(^^♪



鉄 ニューラウンド万能鍋 特大 F-158...

鉄 ニューラウンド万能鍋 特大 F-158...
価格:7,695円(税込、送料別)

それなりの手入れが必要だけど、鉄鍋好き♪

リーズナブルなニトスキから、本格派のロッジまでスキレットは迷うよね。
南部鉄器ファンの私が買うなら、これかなぁ。

ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


ダッチベイビーのレシピ

〇材料――2人分(約22センチの鉄鍋1回分)
牛乳――120g(人肌に温める)
卵――2個(常温に)
塩――ひとつまみ
砂糖――10g(大さじ1)
バニラエッセンス――少々
強力粉――30g
薄力粉――40g
バター――約20g
(仕上げ用)レモンと粉糖――適量

〇準備
スキレットなどの耐熱性の鍋をオーブンに入れて、200℃に予熱する

〇作り方
1.人肌に温めた牛乳に、卵、塩、砂糖、バニラエッセンスをくわえて、混ぜる(しっかり混ぜるが、泡立ててはいけない)
2.強力粉と薄力粉を合わせて、ふるい入れ、さらに混ぜる
3.熱しておいた鍋をオーブンから取りだして、バターを鍋肌全体に行きわたるように塗り広げ、生地を注ぐ(鍋が冷めないうちに手早く行う)
4.200℃で10分焼く
5.オーブンから取りだして、粉糖を振り、レモンを絞る

*焼いているあいだ、生地がふくらみきるまでは、オーブンを開けない
*うちのガスコンベックで200℃で15分焼いたら、上のほうが焦げたので、焼き時間は10分ということで(^^ゞ


この記事のみを表示する2色のサツマイモのプリン

suipa. monitor

懐かしいなぁ~、牛乳箱。

160114二色のサツマイモ・プリン1

子どもの頃は、門や塀にこんな牛乳箱がついてる家をよく見かけたもの。
いつから見かけなくなったんだろう(・・?

などと、郷愁に浸りつつオープン(* ´ ▽ ` *)

160114二色のサツマイモ・プリン2

牛乳じゃなくて、スプーンが出てきて、その下には「PUDDING」のラベル。

中身は、牛乳瓶のようなカップに入ったプリンヽ(´∀`)ノ

160114二色のサツマイモ・プリン3

suipa.店の今月のモニター・カップで、2色のサツマイモ・プリンを作ってみた(o‘∀‘o)*:◦♪

下層は焼き芋にした黄色いサツマイモをベースに、しっかりプリン。
卵、牛乳、生クリーム、砂糖などをくわえて、蒸すタイプ。

上層は煮た紫のサツマイモをベースに、つるるんプリン。
卵なしで、牛乳、練乳、ハチミツなどをくわえて、ゼラチンで固めるタイプ。


上層と下層を一緒に食べてみたくて、ちょっと掘ってみた(^^ゞ

160114二色のサツマイモ・プリン4

ほどよい甘さがGOOD o(^▽^)o

自分の舌を頼りに甘みを調節したのが、功を奏したらしい。

記憶をたどって、上層の分量を覚え書き( ..)φメモメモ

上層部分だけでも、簡単でおいしいプリンができるよ♪
紫でなく普通のサツマイモでも、もちろんOK!

材料(プリンカップ約2個分)
サツマイモの甘露煮(紫芋をレモン汁、水、砂糖で煮たもの)――100g
牛乳――100g
ゼラチン――3g(少量の水でふやかす)
練乳――10g
ハチミツ――10g

作り方
1.サツマイモの甘露煮を熱いうちにハンドブレンダ―(HB)で潰す
2.温めた牛乳にゼラチンを入れて溶かす
3.潰した甘露煮に、ゼラチン入りの牛乳をくわえて、HBでよく混ぜる
4.練乳とハチミツをくわえて、HBでよく混ぜる
5.カップに注いで、冷蔵庫で固める

*サツマイモそのものの糖度で味が大きくちがってくる。だから、甘露煮にしろ、あとからくわえる糖分にしろ、味見をして調節するのがよいと思う。


牛乳瓶形のカップはとっても可愛い♪
今度は、卵の風味が生きるオーソドックスなプリンを作ってみよう(=^・^=)



ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)

この記事のみを表示する梅ジャムをのせたココアのフィナンシェ

financier

ココアのフィナンシェを作った。

160112ココアのフィナンシェ1

レシピどおりに、中にチョコを忍ばせてから、さらに生地を注いだ。

レシピには、表面にアンズ・ジャムを絞るように書かれていたが、自家製の梅ジャムで代用\(//∇//)\

焼けた.゚+.(・∀・)゚+.

160112ココアのフィナンシェ2

明日のちょっとした会合の手土産に、30個ほど。

何はともかく、味見は真剣( ̄^ ̄)

160112ココアのフィナンシェ3

OK! 甘酸っぱいジャムで、味が引き締まった(* ´ ▽ ` *)

でも、チョコは消えてたよ。
そういうものなの? (←誰への質問?)

レシピを見て、チョコの痕跡が残るんじゃないかと勝手に想像していたが、冷静に考えてみれば、当然、溶けて生地に混ざるよね(=∀=)

いずれにしても、おいしいかったから合格 w(≧∀≦)w

会合の参加者は21名だけど、つねに予備をいくつか持っていくことにしている。

4160112ココアのフィナンシェ4

というわけで、わが家のダイニングテーブルで、明日の出番を待つ23個のフィナンシェ(=^・^=)


アルブリット フィナ...

アルブリット フィナ...
価格:181円(税込、送料別)

正方形で薄く焼けるフィナンシェ型も持ってるが、中にチョコを忍ばせるには不向きなので、今回は不使用。

シリコン加工オ...

シリコン加工オ...
価格:240円(税込、送料別)

今回は、深さのあるこの型で焼いた。
フィナンシェ、マドレーヌ、マフィンと、なかなか活躍してくれる。


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)