この記事のみを表示するかぼちゃのプリン・ハロウィンバージョン

suipa. monitor

ハロウィン=かぼちゃのお菓子。
この考え方で合ってる?

141005かぼちゃのプリンのハロウィーンバージョン

正直なところ、ハロウィンという行事にはいまだになじめずにいる。
クリスマスやお正月やひな祭りなら、物心ついたときから祝ってるから、食べるものもあれこれ思いつくんだけど(^_^;)
ハロウィンは私にとって、ごく最近、日本に普及した行事という感覚。
仮装もトリック・オア・トリートも実際には経験したことがない。
こんなふうに書くと、自分がいかに古い人間かってことをさらけ出してるようで、ちょっと恥ずかしい。
今度、仮装でもしてみようかな~(^^ゞ

そんなわけで、suipa.店からいただいたハロウィン仕様のカップで何を作ろうか……なーんて迷うほどの創造力もなかった^_^;
もともとプリン用の耐熱カップだしね、ここは迷わず、素直にかぼちゃプリン♪
紫いもパウダーやブラックココアを使ったくるくるクッキーと、生クリームのお化けでデコしたら、ちょっとハロウィンっぽくなったかな~。
娘からは「カタツムリのデコ?」と聞かれたけど……ナメクジと言われなかっただけでも喜ぶべきか(^_^;)



去年のハロウィンはなにを作ったんだったかな? と写真を見直したら、カボチャシフォンだった。

131031パンプキンシフォン

ジャック・オ・ランタンとコウモリの型紙をちまちま作って、ココアや粉糖を振りかけただけのお手軽デコ(-。-)y-゜゜゜







定番かぼちゃプリンにはもちろんぴったりのカップ。
さらに独創的なハロウィンのお菓子も入れてみたくなった(^_^.)



ただいま手作りお菓子ランキングの5位と6位を行ったり来たり \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!


コメントもお気軽に(^.^)

コメントの投稿

secret

No titleNo title

こんにちは~!! わぁ~。クッキーまでついたカボチャプリン、スッゴクおいしそう~~~。言われてみると、かたつむりに見えます~。それもまた楽しくて、かわいくて、愛着がより一層わくスイーツに感じます~(^△^) クッキー、のの字の部分(?)がぷっくり際立って見えて、クッキーそのものもすごくかわいい~。むしょうに、カボチャプリン、カボチャシフォンが食べたくなってきます~~~!!! marinさんのシフォンのデコもとってもかわいい~♡ お上手!!! ハロウィン、今年こそは、カボチャの何かを作りたいな~と毎年思っているんですが、子どもいないし…と言い訳をして、最終的には、いつも、イベント感のないものばかりつくっているような気がします…(いま、ここで反省…)。

遅くなりましたが、↓コメントのお返事なんですが、市場やタラート的なところで、たまに、製菓材料なるものが売られていることもありますよ~。ナッツ類等。スーパー以外で買うと、まれに、輸入品を取り扱う高級店でも、賞味期限が書かれていないのが、日本人的に(?)残念だなと感じます…。

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

エヘ、やっぱりかたつむりに見えますよね(^^ゞ
どういうわけか、クッキーのの字の部分がぷっくりと盛りあがっちゃいました。焼く前は盛りあがってなかったんだけど。なぜだろう(?_?)
去年のシフォンケーキは、仕事の打ち合わせに持っていったんですが、相手はもちろん全員大人。
大人でもイベントもののお菓子に、「うわ~」と歓声があがりました。盛りあがるとやっぱり楽しいです(^^♪
といっても、ハロウィンはまだ自分の中できちんと消化できていない感じ。
以前、アメリカ人の友人に「ハロウィンと言ったら、かぼちゃのお菓子だよね?」と聞いたら、「いや、ハロウィンはキャンディーで、サンクスギビングがかぼちゃのお菓子(パイ)だよ」と言われました。
うーん、でも、キャンディーは作れないので、今年もカボチャのお菓子です(^_^;)

タイの市場はタラートと言うんですね! 勉強になりました。
タラートでナッツなんかは手に入るんですね。
東南アジアの市場って楽しいので(あくまで観光客目線では)、行ってみたいです(^^)/。

No titleNo title

こんにちはー❀

私も子供のころはハロウィンを祝ったことがなく
いまだに馴染めていません汗
昨年、ハロウィンをいつ祝うのかを知ったくらいです(*`艸´)
↑古い人間ミートゥーです笑
今年もハロウィンはいつの間にかにスルーしていく気がします笑

南瓜シフォンに、ココアでデコ。イイアイディアですね❀
私からしたら十分にハロウィンですよー(^o^)
今年のプリンも美味しそう♪

No titleNo title

トリック・オア・トリート~
ワタシにこの美味しそうなカボチャプリンとシフォンケーキを
くれないとイタズラしちゃうぞ!!

でもワタシもハロウィンってイマイチ分からない。
現にクリスマスの時はクリスチャンでもないくせに
小物を色々買ってきて飾るくせに
ハロウィンは「今しか飾れないしー」とか言って買わない。
良く考えたらクリスマスやお正月の方が飾れるの短い^^;
可愛いのいっぱいあるんだけどな~。

ところで!
シフォンケーキにどうやってこんなうまくココア生地を
練り込んだのかと見つめてしまいました。
振りかけたって読んでも信じられない。
marinさん天才♡

No titleNo title

marinさん

ハロウィンの思い出の自慢です^^。
フィリピンと、ポーランドでは大量のお菓子を準備したのにも関わらず足りなくなって家にあるお菓子をかき集めることもありました。たくさんの子供たちが取りにきてくれてうれしかったし、お菓子を小袋に分ける作業が特にわくわくでした。

ロサさん、こんばんは!ロサさん、こんばんは!

ハロウィンに馴染めない者同士ですね。仲間がいてよかった~(^.^)
ハロウィンはもともとは先祖の霊がやってくる日だから、日本のお盆のようなものだと聞かされたことがあります。
日本のお盆はひと月前からお盆ムード一色とかにはならないのに、ハロウィンはずいぶん盛りあがってますよね。そう考えると、不思議な気がします。
まあ、こむずかしいことは考えず、イベントとして楽しんじゃえばいいんでしょうけどね(^_^;)
仮装パーティーにでも行ってみたら、ハロウィン気分にひたれるのかな~? なーんてことを考えているだけで、実施には行かないとは思います(^^ゞ

かぼちゃシフォンはできあがって、カットしてから、もう少しハロウィンっぽくならないものかと、急きょ型を作って、模様をつけたのでした。予想外の成功(^^)v

saico*さん、こんばんは!saico*さん、こんばんは!

「トリック・オア・トリート」って、仮装したsaico*さんが訪ねてきてくれたら、かぼちゃプリンでもシフォンでもなんでもごちそうしちゃいますよ(^o^)

そう、私もハロウィンの小物はひとつも持ってない!
この写真を撮るときにも、ハロウィン仕様でなくていいからカボチャやお化けの置物がなかったかな~? と真剣に考えたけど、ひとつもなかった(^_^;)

このシフォンケーキは去年、フェイスブックにアップしたときにも、「どうやったの?」とけっこうみんなから聞かれました。
「金太郎飴のように、切っても切ってもカボチャとコウモリが出てくるの?」と聞かれたりもして、「いや、いや、粉糖で……」と答えるのが期待を裏切るようで、ちょっと申し訳なかったような。

金太郎飴的シフォンを作る高等技術を持ってたら、ハロウィン限定で販売しちゃうかも(^^ゞ

lime souffleさん、こんばんは!lime souffleさん、こんばんは!

ハロウィンの思い出があるとは、うらやましい~!
しかも外国でほんものの(?)ハロウィンなんて夢のようですヽ(^o^)丿

本場ではお菓子が足りなくなるほど、おおぜいの子供たちが来るんですね~。
たいへんそうだけど、楽しそう(^^♪

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)