この記事のみを表示するアップルパイ

pie

今季のアップルパイ第2弾!

141117アップルパイ

第2弾と言いつつ、前回作ったのはアップルタルトで、今回はアップルパイだから、私の中ではちがうもの。
タルトは層になっていない生地で、パイは何層にもなっている生地、というのが私的な区別。

とはいえ、そんな区別は世間一般では通用しない。
レシピ本にも、折りパイ(層あり)と練りパイ(層なし)があるように、層になっていようがいまいがパイはパイ。
タルトはフランス語で、パイは英語で、つまりは同じもの、という話もどこかで耳にしたことがある。

そこまでわかっていながらも、お店で「パイ」を注文して、層になっていないものが出てくると、ものすごくがっかりする私。(でも、マックのアップルパイは許しちゃう。パイという名をつけたユニークな揚げ菓子だと思ってるからね)

などと偉そうにパイを語りながらも、このアップルパイに使ったのは冷凍パイシート(^_^;)
友人から冷凍パイシートをど~んと5パックももらったから、それを使い切るまでは折りパイ作りは自粛中。
何年かぶりに冷凍パイシートを使ってみたら、あまりにも楽ち~ん!
これほどお手軽にアップルパイが作れるなら、パイの味はそれなりで良いよ、と広ーい心の持ち主になれた(^_^.)

表面の模様は毎年1月に1度だけ作るガレットデロアの練習のため。
これまではひたすら放射状(かな?)に線を描いていく太陽模様だったが、はじめて木の葉模様の変形に挑戦してみた。
この模様のほうが粗が隠れるような気がする(^_-)

アップルパイのフィリングはカラメリゼした紅玉。
パイ生地がしめらないようにジェノワーズも敷いてある。
前回よりはだいぶ甘めに仕上げたつもり。
だが、今度はリンゴとパイとジェノワーズのバランスがイマイチだった_(._.)_

でも、気にしなくても大丈夫。
冷凍パイシートはまだ4パックもあるんだもん。
私さえ飽きなければ、あと4つはアップルパイを作れる(^^ゞ


苦手のカット写真もがんばってるよ~。

141117アップルパイ・カット

変わりばえしないアングルだけど、練習中だから、大目に見てね。

最初のほうに「パイは層がなければ許せない!」的な発言をしておきながら、ちっとも層が見えてない^^;
冷凍パイシートの説明書きにはそのまま使うように書いてあったのに、パイ皿の大きさまでめん棒でのしたのがいけなかったのか……。

これもまた、次回の課題ということで(^_-)





パイ皿 N...

パイ皿 N...
価格:145円(税込、送料別)

パイ皿は初めてかっぱ橋に行ったときに手に入れた。
たぶんこれと同じもの。値段もこのぐらいの超お手軽価格だった。
これを棚から出すとかならず、「私はこれから素朴なパイを焼くのね!」という気分になる。
だからどうなのだ? と言われると困るが、スタイリッシュなタルト型を使うときは、だいぶ気分がちがうのだ。




ただいま手作りお菓子ランキングの第6位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!




コメントの投稿

secret

No titleNo title

marinさん、こんばんは。
アップルパイ、めっちゃ美味しそうです。
しかも、トップの模様、素敵です。

マネしてみたいけど、無理っぽいです。

冷凍庫にパイシートがスタンバッてはいるのですが、
なかなかハードルが高く取り掛かれません。

頑張って作ってみます。

たけこさん、こんばんは!たけこさん、こんばんは!

ザ・アップルパイ! という味でした。

ガレットデロアは飴色に焼きあげ、模様がくっきりと出るのが理想です。
今回はその練習で、点数をつけるなら90点(甘い採点)。
私としては、うまくいったほうです(^^)v

ナイフの背で模様を描くのは、楽しいですよ。
薄く線になっちゃたり、失敗もありますが、次はもっとうまく描くぞ~! と闘志が湧きます。

パイシートがスタンバッてるならなおさら、紅玉の美味しいこの時期に、ぜひアップルパイを!

No titleNo title

アップルパイ、豪華!! 表面の模様、はじめてみる模様ですが、美しいですね!! 中のリンゴの形状等も凝っていますね。私は、いつも、お手軽に、クッキーやらパンのはしっこなどを適当に一緒に包んでしまいます(^^;) 

アップルパイ、大好きなんです~~~! クロワッサンとか、何層にもなっているのがほんと最高だなと思います。冷凍パイシート、結構遠くのスーパーへ行かないと売ってなくて、、、この間、何パイか既に忘れてしまいましたが、恐ろしくまずいパイ生地ができあがって(半分冷凍庫で寝かしていたらましになったのですが…)、パイ生地づくりを敬遠中でしたが、拝見してると、むしょうに食べたくなります。。。。。。リンゴは買ってきてあるので(リンゴジャムにしようかと思っていたんですが、パイシート買いに行こうかなぁ~♪

こんばんはー♪

パイに描いてる模様可愛いーと思ってたら
やっぱりmarinさんのこだわりだったんですね!

冷凍パイシートは昔良く使いました(^^)
器にグラタンとかシチューとか入れて
その上にパイ生地をかぶせて焼くんです。
レストランで食べたのを見よう見まね(笑)

本格手作りには到底かなわないけど
それはそれでなかなか美味しいですよね☆

あーパイが食べたくなっちゃった!
いつもワタシの食指を動かしてしまうmarinさんのスイーツの数々…
こんな時間なのにお腹が鳴りそうです(*≧∀≦*)

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

表面の模様は木の葉模様の変形です。
木の葉模様はガレットデロアの伝統的な模様のひとつですが、今回、描いているうちにちょっと迷子になってしまったので、変形ということで(^_^;)

中に入れたジェノワーズは、以前作って冷凍しておいたものを使ったので、お手軽でした。
もうちょっとジェノワーズが多くても良かったかな~、という感じです。

冷凍パイシートはほんとうに気軽にパイができますね。久しぶりに使って、その手軽さにあらためてびっくりしました。
リンゴがあるなら、ちょっと遠くまで足を伸ばしてパイシートを手に入れて、ぜひおいしいアップルパイを! お薦めです(^^)/

saico*さん、こんばんは!saico*さん、こんばんは!

そう、この模様にこだわったんですよ~。
それなのに、描いてるうちに、線があらぬ方向へ。
だから、木の葉模様の変形ってことにしておきました。
模様がくっきり出ること、表面をできるだけ飴色にすることという目標は、けっこううまくいったんじゃないかと思ってますヽ(^o^)丿

シチューにパイシート! 私も昔よくやりました。
お菓子作りしてない頃だから、もちろんなんの疑問も持たずに冷凍パイシートで^^;
そして、とっても美味しかった。
そうか、グラタンでもできるのね。
やってみよう~(^^)/

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)