この記事のみを表示する柿色の桜餅

Japanese confectionery

桜のお菓子は山ほど作ってるけど、これを作らなくちゃ、桜の季節は終われないでしょ!

そんなわけで、桜餅。

150406桜餅

えっと~、柿色の桜餅(*_*;

色素を使わずに赤く染めるにはどうすればいいのか? などという課題を自分に出して、あれこれやってみて。
その結果が、今回は柿色。

いやね、クコの実で赤くなるんじゃないか、と思ったんだけどね。
願ったような薄紅色にはならず、思い切り柿色(+_+)

これを桜餅と称して、娘に出すと、色についてのコメントはほぼなしで、「これ、おいしいわ」と単刀直入な褒め言葉だけをもらった。
色はさほど気にならなかったのか(・・?

「おいしい」と言ってもらえたわけは、たぶん、蒸し器で熱したから。
電子レンジで作るお手軽バージョンもいいけれど、生地を布巾で包んで蒸したあとに、熱々をこねるという手作業が、おいしさを生み出すのかもしれない。



こちらは日曜日の水泳大会のお供に作ったクラッカー。

150404干しエビと青のりのクラッカー

干し小エビと青のりのクラッカー。
砂糖は隠し味程度だから、ほぼ塩味のお菓子。

このお菓子は食べるときより、焼いてるときが至福の時間。
エビと青のりが焼ける匂いは、うっとりするほど香ばしい~!(^^)!



さてと、DIY。

キッチンのゴミ箱とともに、洗面所兼脱衣所のタオルを収納しているワゴンのようなものも塗り直した。

150323洗面所の棚

ゴミ箱は分解せずにざっくり塗っただけだが、こっちはできるかぎり分解して、しっかり塗った。
もとの色が茶色(内側に見えてる色)ゆえに、塗り残しがあると目立っちゃうからね。

白い洗濯機と色褪せた白い洗面台のあいだで、申し訳なさそうにしてた茶色の収納家具が、白っぽく生まれ変わっただけで、誇らしげに見える(^^♪




もうひとつ食べたくなる軽...

もうひとつ食べたくなる軽...
著者:吉川文子
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

エビと青のりのクラッカーのレシピはこの本から。
“華やかでなくてもいい、滋味豊かなお菓子が食べたい”――そんな気分になるたびに、私はこの本を開くのだ。



ただいま手作りお菓子ランキングの第5位 \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!





コメントの投稿

secret

No titleNo title

珍しい色の桜餅になりましたね!! クコの実、体に良いらしいので、いいですねぇ~o(^O^)o 桜もち、食べたくてたまらなくなってしまいました…!!! クラッカーもスッゴクおいしそうです! レシピも載っている本があるのですね(^_^) 情報、ありがたいですm(^^)m DIYもすごいわ。もう、なにもかもがプロのお仕事ですね@@;

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

ほんとうに珍しい、どこにも売ってない桜餅を作っちゃいました(^^ゞ
ずっと前から、クコの実を色付けに使ってみたいと思ってたので、今回の実験で満足しました。
ピンクにはならなくても、オレンジにはなるとわかったので、その方向のお菓子を作るときには使えるかもしれません。
ちなみに、この桜餅、クコの実の味はまったくしませんよ。

このクラッカーが載っているレシピ本に掲載されてるのは、バター不使用、植物性のオイル使用のお菓子だけです。
バターの風味の焼き菓子ももちろんおいしいですけど、たまには、趣向を変えてみるのも楽しいです♪

No titleNo title

こんばんは^^

ここ連日の春のお菓子祭りには心が躍って仕方なかったです。
そして大大大好きな桜餅ー!
「はい、おやつできたよ」
と、娘さんに桜餅を出すのでしょうか。
marinさんは夢のようなお母さんですよ(;w;*)羨ましすぎて倒れそう。
クコの実でこういう色になるのですね~。
まさかの秋色で、また秋のお菓子作りにこの着色が活躍しそう!

DIYもこなすなんてハイスペックです~!

チヨヨさん、こんばんは!チヨヨさん、こんばんは!

お菓子の桜祭りに心躍らせていただけたとは、光栄です♪
桜餅が大好物なんですね。もしや、どちらかと言えば和菓子派ですか?

私はお菓子作りを始めるまで、和菓子にはあまり興味がなかったんです。
で、最初は洋菓子ばかり作ってて、そうなるとたまに和菓子が食べたくなって、ちびちび作るようになりました。
娘が和食好きなのはまちがいないですが、私の作った和菓子を喜んでいるかどうかはよくわかりません。
洋菓子のときのほうが、目が輝いてるような気がするんですけどね。
ほんとうのところはどうなのか、今度聞いてみなくちゃ(^_^;)イマサラ?

今回はクコの実をしばらくお湯に浸けておいて、色水にして、それで道明寺を作ったんですけどね。
色水の段階で朱色がかってたから、こりゃ駄目だとわかりながらも、とりあえず製作続行(^^ゞ
そう、秋のお菓子ならこの色を使えそうです。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)