この記事のみを表示するホシノ天然酵母の角食でプレーンなサンドイッチ

bread

4月上旬のホシノ天然酵母の角食で作ったサンドイッチ。

150406ホシノ酵母の食パンでサンドイッチ

卵、トマト、レタスの王道サンドイッチ。
具の量は、コンビニサンドにも負けそうなぐらい控えめ(~o~)

でもね、凝った具のサンドイッチを2度食べたら、次はこのプレーン・サンドが食べたくなる。
なんだかんだ言ったって、最後はこのサンドイッチに戻るのよ(^^ゞ



正直なところ、このサンドイッチは普通すぎるから、ボツ寸前だった。
が、角食スライスの記念写真はぜひともブログにアップしたかった。

150406ホシノ酵母の食パン

見よ、この薄さ!
ごく普通のパン用のナイフで切ってるにしては、上出来(^^)v

やたらと得意げなのは、娘に褒められたから。
「すごい! これナイフで切ったの? なんでこんなに薄く切れるの!?」と、普段は母に対してかなり冷ややかな娘が、めずらしくやや甲高い声で言ったのだ!(^^)!

鼻高々の母は、「これからも角食薄切り命でがんばろう!」と胸に誓っちゃうほど、嬉しかった♪



DIYを強引に終えて、庭に花なぞ植えてしまったせいで、例年になく庭の手入れをするはめになった。
この夏の目標は――“打倒、ドクダミ!”

昨年までの夏のわが家の庭と言えば、ドクダミ畑(T_T)
でも、今年はそうはいかないよ~、と、ちょっと油断しようものならニョキリと生えてくるドクダミを、こまめに刈っている。
すると、わが家の庭に勝手に咲いているのが、うつむき加減の花だけではないことに気づいた。

150426庭の花

左:たぶんエビネ
まん中:イチゴ
右:名称不明

イチゴと紫の花は、何年かまえに植えたものが、勝手に増殖したと思われる。
エビネは私が引っ越してくるまえからあったと思われる。
この家に住んで10年以上になるが、たぶん毎年咲いてたんだよね、エビネの花。

結婚を解消して、この家に移り住んだから、その当時は庭を眺める余裕もなかった。
それはいたしかたないとしても、その後、10年以上も花に目もくれずにいたとは……。
わが心の殺伐感を物語ってるようで、ちょっと情けない(+_+)



そんなこんなで、遅ればせながら、ようやく花を愛でる気持ちが芽ばえたわけだが……。
となると、やけに気になるのが、わが家の塀の外側にへばりついてる草花。
要するに、道端の雑草の花。

150426雑草の花

左:よく見ると意外に可愛いが、名称不明
まん中:同上
右:おそらくヒナゲシ

塀の内側(=わが家の庭)より、外側(=道端)のほうが色とりどりなのが、かなり悔しい_(._.)_



今日はくだらないことを長々と書いて、おまけに雑草の写真まで載せるという暴挙に出てしまったが、そんなことをしてる場合ではなかった。
お知らせしたいことがあったのだ。

不定期ながら開催している『翻訳ミステリーお料理の会』の日程が決まった。
5月24日(日)の午後。
渋谷にて。
メニューは、ピザとワイルドライスのサラダ。
参加費は2000円とひじょうにお得!

お料理教室というより、外国のミステリー小説に出てくる料理を、みんなでわいわい作って、わいわい食べようという会。
今回のテーマの本は『検死官』シリーズといって、現在までで20巻も続いている人気の小説。
でも、その本を読んでない人も、その本を知りもしない人も、お料理の会への参加は大歓迎\(^o^)/
大きな声では言えないが、何を隠そう幹事の私も20巻中1、2冊読んだっけかな~? というぐらいだからね。

興味とお時間がある方は、翻訳ミステリー大賞シンジケートのサイトで詳細をチェックしてね m(__)mヨロシクオネガイシマス





みんなのおや...

みんなのおや...
著者:SE編集部
価格:1,490円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当分のあいだ、このリンクを貼っておくことにしたm(__)mゴリョウショウクダサイ
18人のブロガーによる手作りおやつが楽しめるこの本は、5月18日発売!
私のお菓子もちらりと載ってるよ(#^.^#)



ただいま手作りお菓子ランキングの第3位 \(^o^)/Happy!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!




コメントの投稿

secret

No titleNo title

お久しぶりです~!! ホント、美しいサンドイッチですねぇ~!! そして、お花のお写真もとっても美しいわ~~~☆ 雑草?とのことですが、食卓に登場させたくなっちゃうかわいさですね♡

サンドイッチ、我が家は、いつも、具がかなり少ないです(--;) ハムとキュウリの2つのみや、卵だけや、キャベツだけが一番多いでしょうかねぇ…(汗)

イベントもされるとのこと、盛会をお祈りしています!!

marinさん こんにちわ。
今はボリューム系サンドイッチが流行ってるのかしら?あれも美味しいけど、こういうシンプルなのも美味しいですよねー。白ごはんみたいな感じなのかしら?
何かの本で英国のサンドイッチのパンは超薄切りと読んだことあります。それから薄切りチャレンジしてるのですが中々うまくいかず(T-T) きれいに薄く切れてるパン。すごいですわー。

小説の料理を作って食べよう!素敵なイベントですね(*^^*) 渋谷…。遠いわ(涙)

No titleNo title

サンドイッチ、美味しそう( *´艸`)
ピクニックに行きたい。
私もトマト入れるの大賛成です♪

左のピンクの花はポリゴナム。
うちも植えてます(*^▽^*)
勝手にどんどん伸びて増えてくので
ほどほどのところで抜いてます。
冬には霜でやられてかなり減りますが
また春になったら少しずつ生き返ってます。
生命力強いですー(゚∀゚)

No titleNo title

ナイフだけで切ったのにこの薄さ。
marinさんの手は神かも!
4枚切りとかの厚切りでも歪んでしまうワタシは
とうとうパンスライサー?
(パンを置いてスリットに沿って切るやつ)を
買ってしまった。。。

サンドイッチ大好きです♡


上の写真右は多分ブルーデイジー
下の写真左はツルヒメソバ(ポリゴナム)
真ん中はカタバミかな?

お花って手を掛けない方がちゃんと咲いてくれる
・・・ワタシの七不思議の一つです(笑)

No titleNo title

こんにちは。
この薄い角食スライスもスゴイですが、サンドイッチのすぱっとした切り口が美しいです!!
私はこういうサンドイッチを作るとどうしてもパンがすぱっと切れずしかも中の具が出て来てしまう、という悲惨な事態になります(苦笑)。(具を入れすぎ、という声も聞こえますが。。。)
お料理の会のサイト、ちらっと拝見したら、このパトリシア・コーンウエルさんの"検屍官", 読んだことあります~!
姪っ子のルーシーは覚えているのですが、ワイルドライスのサラダはは覚えが。。。
私も食いしん坊なので、小説に出てくる食べ物は結構覚えているほうなのですけどね(苦笑)~。

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

はーい、お久しぶりです!
いや、シンプル過ぎるサンドイッチで、ちょっとお恥ずかしいです。

雑草って、よく見るときれいですね。
このところ、庭で咲いている花と雑草のちがいが、わからなくなってます。
草花は邪魔だと思えばただの雑草になるという、見る者の気持ちの問題なんでしょうかね。
そう考えると、ドクダミの花だって、それなりに綺麗です(^_^;)

ハムとキュウリのサンドイッチいいですね。
アフタヌーンティーのキュウリだけのサンドイッチも大好きです。

昔はマーガリンをたっぷり塗って、具は少なめのサンドイッチを作ってました。
マーガリンを使わなくなってから、具をたくさん入れないと物足りなくなったような気がしてます(^^ゞ

keitaさん、こんばんは!keitaさん、こんばんは!

おお、シンプルなサンドイッチは白ごはん! 言い得て妙ですね\(^o^)/

サンドイッチのパンは超薄切りが好きなんです。
だから、この程度では、まだちょっと不満だったんですが、娘に褒められて、いきなり満足しました。単純です^^;
これ以上、薄く切るには、電動のパンカッターでもないと無理! ってことにしておきます。

小説の料理を作る会。
お近くだったら、ぜひとお誘いしたところですが、残念!

サリーチェさん、こんばんは!サリーチェさん、こんばんは!

花の名前、もしやサリーチェさんが教えてくださるかも、と期待してました(*^_^*)
ありがとうございます。

昨夜は「ポリゴナム」と10回ぐらい唱えてから眠りましたが、朝起きたら「ポリリズムみたいな名前だったなぁ」となってました。
早く、きちんと憶えられるようになりたいものです。
名前がわかったので、調べてみたら、すごい繁殖力ということで、うちの庭にもと、一瞬、思いました。
でも、なぜか「ガーデニングの中級者向け」となってました。
雑草並みに生えてくる植物なのに、なぜ初心者向きではないのか??
強すぎて、こまめに手入れしないと、ほかの植物を追いはらっちゃうからなんでしょうかね。
恐るべし、ポリゴナム\(◎o◎)/

saico*さん、こんばんは!saico*さん、こんばんは!

はい、神の手marinです! と言ってみた~い。(あ、言ってるか^^;)
私もパン切りガイドを持ってますよ。
しかも、6枚切り、8枚切り、10枚切りと幅を買えられるもの。
でも、10枚切りにセットしても、絶対に8枚切りの厚さだとしか思えないんですよね。悲しいです。
そのおかげで、フリーハンドでのスライス術を身に着けてやる~、と妙にやる気が湧いてきたから、かえって良かったのかな(^^ゞ

紫の花はブルーデイジーというんですね。ありがとうございます。デイジーなら憶えられそうです。
パープルではなく、ブルーデイジーね。間違えないようにしなくちゃ。
黄色はカタバミ! カタバミって名前は聞いたことがありましたが、黄色だとは思っていませんでした。勝手な思い込みです。

思い込みと言えば、ヒナゲシがオレンジだということに、違和感を覚えてます。
ご存じでしょうか? アグネス・チャンの「おっかの上、ヒナゲシのはぁ~なで、うっらなうの、あっの人の心……来っる、来ない、帰っらない、帰る~」という歌を。
アグネス・チャンがいつも真っ白なワンピースを着ていたものだから、小学生だった私の頭に「ヒナゲシの花は純白」と刷りこまれました。
さらには、花占いするぐらいだから、八重の花にちがいない、と。(4弁の花じゃ、花占いするまでもなく答えがわかっちゃうじゃないの!?)
というわけで、いまだにヒナゲシの花を見るたびに、「これがほんもののヒナゲシだぞ」と自分に言い聞かせなくちゃなりません(^_^;)

Reikoさん、こんばんは!Reikoさん、こんばんは!

サンドイッチは具が多いと、どうしたってはみ出ますよね。
少なめのほうが切りやすいです(^^)v

検死官シリーズを読まれたことがあるのですね!(^^)!
主人公のケイはイタリア系アメリカ人ということで、美味しそうなイタリア料理がたくさん出てきますよね。
といっても、わたしは全巻読んでいるわけではなく、また、読んだのもずいぶん昔なので、内容をほとんど忘れてます_(._.)_
今回の会を開くにあたって、『パトリシア・コーンウェルの食卓』という本を見て復習しました。
おしそうな料理の写真がたくさん載っていて、全部作ってみたくなりました(*^_^*)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)