この記事のみを表示するストロベリー・マーブルのレアチーズケーキ

cheese cake

母の日や母の誕生日にケーキを作って、主役にメールを出すと、たいてい「今日は出かけてるの」という返事が返ってくる。
なので、今年は前日に母の予定を確かめた。
これまでだって、そうすれば良かったのだが、「私は無事にケーキを完成させられるのか!?」とつねに一抹の不安がつきまとってる身としては、前もって「ケーキを作るから、食べにきて」とは言えなかった。
けれど、今年はケーキ作りをはじめて丸3年。
ようやく「私だってその気になれば、宣言どおりにケーキを作れる(はず)!」と、自分を信じられた(^^)v

というわけで、2015年の母の日は、10:00amに母とティータイム。

150510ストロベリーマーブルのレアチーズケーキ

ストロベリー・マーブル模様のレアチーズケーキ。

単なるマーブル模様だが、母は「これは花模様よね。ケーキに花を描くなんてすごいじゃない!」といたく感動していた。
大きな勘ちがいだが、花ということにしておこう(^^ゞ

ボトムは以前焼いて冷凍しといたスポンジ生地。
参考にしたレシピでは、クリームチーズとヨーグルトを約3:1の配合だったが、冷蔵庫内のサワークリームの賞味期限が迫っているのが、妙に気になった。

となれば当然、レシピを無視する。
サワークリーム、ヨーグルト、クリームチーズが3:2:1の配合にしてみた。
そのせいで、母と一緒に食べるまで、甘いのか酸っぱいのかわからないというスリルを味わった(^_^;)
結果としては、爽やか&軽やかなサワークリームケーキだった(^^)v

母との話は、いつだって流れはほぼ同じ。
母が「膝は痛いし、肩はこるし、何もやる気になれないのよ」と言い。
私が「80歳なんだから、ちょっとの不調はしょうがないよ」と言い。
母が「年を取るのって、ほんとうにいやね」と言う。
私が「そりゃ、まあ、そうだけど、永遠に若くはいられないんだからさ。ってことは、最近は山に行ってないの?」と尋ね。
母が「行くとしても近場だけね。高尾山とか、秩父の低い山をふたつみっつ縦走とか。そうそう、このあいだは富士の裾野を歩く会に参加してね……」と答えて、そこからは、母の山歩き話が延々と続く。
なんだかんだ言ったって、元気なんだね、よかったよかった、と私はひとり胸をなでおろす。

ゆうに10年はこんな会話を繰り返してるかなぁ(^_^;)


上の写真にちらりと写ってる紫の花は、母の日の前日に立ち寄った園芸センターで購入したもの。
花の名前を見たはずなのに、家に着いたときにはもう忘れていた(-_-;)

だって、本命はこっちだったから。

150509バジルとリーフレタス

バジルとリーフレタスの苗。

バジルは毎年不作に終わっている。
1つの苗で大収穫を目論むのが、敗因なのかもしれないと、今年は苗を3つに増やすことにした。
3つもあれば、「食べきれなくて困っちゃう」ということになるにちがいない、と性懲りもなく皮算用をしている。

リーフレタスの苗は、安さに目がくらんで買ってしまったが、どうやって育てるものなのか見当もつかない。
泥縄式栽培法でがんばるしかない\(-o-)/




母に贈った花は、もしやセントポーリア?
その花の名なら聞いたことがある。
なのに、家に着くまで憶えていられなかった自分が、かなり情けない(+_+)


みんなのおや...

みんなのおや...
著者:SE編集部
価格:1,490円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当分のあいだ、このリンクを貼っておくことにしたm(__)mゴリョウショウクダサイ
18人のブロガーによる手作りおやつが楽しめるこの本は、5月18日発売!
私のお菓子もちらりと載ってるよ(#^.^#)



ただいま手作りお菓子ランキングの第3位 \(^o^)/Happy!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!





コメントの投稿

secret

No titleNo title

まだ3年でこのクオリティなんですか?!
やっぱり才能なんでしょうか…。どうやったらこんなに上達できるんでしょうか。

ひ孫がいるのに、まだ山歩きなんて、お母様お若いですねえ。
うちのひいばあちゃんズは、もう遠出はなかなか難しいです。それでも介護もなく生活できるだけ立派ですけどね。昔は面倒を見てくれた祖母を、今は私達が面倒みたりするわけですが、そうやって孫も人への気遣いを覚えるんじゃないかな、と。老いにもまた、意味があるのでしょうね。

No titleNo title

そういえば、私はいまだかつてサワークリームを買ったことがないんです。たぶん、食べたことも…。いつか、見つけて、買わなきゃ。たぶんこちらでも売っているはずなんですが、いつも、同じものばっかり買っちゃう(--;)今度真剣に探さなきゃと改めて気づかせてもらいました(^^;)

レシピのアレンジもできるmarinさん、さすがだわ~!! それにしても、本当に美しいケーキだわ。母の日にぴったりですね。マーブル、お花模様、いずれにしても、素敵だわ~。色合いがまたまたとっても美しくて、見惚れます♡♡♡ お母様が感動されたのも分かります~!!! 素敵な母の日ですね。

marinさん、ケーキ作りを始めて3年なのですか?いつも、難しいケーキを作られているので、もう何十年もつくられているイメージがありました。

リーフレタスやバジルの栽培も、頑張ってください~。リーフレタスはわからないですが、子ども時代、レタスの栽培をした記憶が少しだけあります。母親に簡単だからと言われて、まわりの葉っぱを数枚とればいいからねぇ~、また、ふえてきたら、まわりをとるだけ、といわれたような。でも、そんなわけない気がしてきました…。どうなんでしょう(汗)

No titleNo title

こんにちは
お母様お幸せですね。

80歳で高尾山がびっくり、、
頑張らねば、、と思った次第です。

No titleNo title

ストロベリーレアチーズケーキ(゚∀゚)
いいですねー、そうかこういう使い方もありますねー。
そうです、ピューレです(;´∀`)
もうすぐ載せる苺ドルチェ、こんなに美しくありません。
なんでしょうか、イタリア畑が長いからですかね。
華やかさが少ないんですよねぇ( ̄▽ ̄)
マーブル模様もきれいに出て、そりゃお花に見えます(≧▽≦)
マーブルってシフォンでしかしたことないから
今度マネしちゃおうかなぁ。

うちはバジルは大量万歳で2ポット地植え
1ポット鉢植え(ベランダ)にしてます。
地植えのは夏に程よく育ったところでペーストにして保存。
そう、私はなんでもすり潰して保存です(゚∀゚)

私が地植えと鉢に分けているのは、地植えは味は濃いけど
葉が固くなりやすいので、パスタやピッツァに乗せるのには
繊維がありすぎる。なので、鉢植え(軒下)でちょっと過保護に
育てて食べやすい葉にしてます。

リーフレタスも鉢で育てると繊細な子になると思います。
私もセルバチコやチャービル等生食する子は鉢植え。
ただし、コマメな水分補給と日当たりを要します。
あ、もちろんこれは私流なので・・・(;´∀`)
いろいろ試してみてください。
marinさん地域の気候に合ったやり方が他にもあるかも。
ちなみにサリーチェは晴れの国なんでmarinさんより
だいぶ西に住んでます。

茜さん、こんばんは!茜さん、こんばんは!

ケーキ作りをはじめて丸3年。つまり4年目突入です。
デコレーションケーキの生クリームでのナッペは上達せず、こういうチーズケーキやムースで、ホールケーキを作ったほうが見栄えがすることに気付きました。
材料を順番にくわえてん混ぜていくだけなので、簡単です。
冷蔵庫で固めてからの型抜きが、ドキドキワクワク。
うまく型からはずせて、真ん丸なケーキが現われる瞬間は、快感ですよ~\(^o^)/

母は山歩きは続けているものの、以前に比べれば行動範囲が狭くなってます。
5年ぐらい前までは、1、2週間の海外旅行(飛行機も10時間以上)に出かけてましたが、今はさすがに行く気にならないみたいです。
そうやって少しずつ遠出がおっくうになっていくんでしょうね。
いずれにしても、健康でいてほしいものです。

ひいおばあさんは生活するには困らないとのことで、年を取るとそれが何より大切なことだと思います。
それに、ひいおばあさんのお世話をしている茜さんは、偉い!
私は自分の母を相手にするだけで、けっこうぐったりします(^_^;)

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

スーパーに行くと、とりあえず生クリームとサワークリーム売り場をチェック。
いつもより安くなってると、つい買ってしまいます。
作るものが決まってて買うわけではないので、そのまま冷蔵庫の中で放置、賞味期限がせまって、あわてて使うなんてことが、しょっちゅうです。
安くても買わないという精神力を身につけたいものです(^_^;)

母の日なので、いつもより女らしいケーキにしてみました。
といっても、レアチーズケーキなので、申し訳ないぐらい簡単ですけどね(^^)v

はい、ケーキ作りを始めて3年経ちました。
最初の頃のほうが、むずかしいケーキに挑戦してたような気がします。
最近は、むずかしそうと見せかけて、実は簡単なケーキを作るテクニックを身につけつつあります(^^ゞ

リーフレタスもまわりの葉っぱから少しずつ収穫して食べられるみたいです。
ひとり分あればいいので、数枚ずつ収穫できれば、それに越したことはないと思ってます。
ほんとうにそんなことができるのか、これから実験してみます!

hippoponさん、こんばんは!hippoponさん、こんばんは!

とりあえず母が喜んでくれたので、ケーキを作ったかいがありました。

母にとって高尾山は散歩のようなものらしいです。
いくら低い山でもひとりでは行かないように注意したんですが、「あそこは人も多いから大丈夫」などと言ってました。

私は山歩きは苦手。
せめて平地を散歩して、脚を鍛えなくてはと思ってます(^^ゞ

サリーチェさん、こんばんは!サリーチェさん、こんばんは!

このストロベリーレアチーズケーキは、冷凍しておいた自家製イチゴピューレで作りました!
色がくすんでしまわないか心配でしたが、オーブンで焼かないお菓子だからなのか、きれいなピンク色になって良かったです。
簡単なわりに、見た目が華やかで、得した気分です(*^_^*)

バジルは失敗続きですが、今年も挑戦します。
新鮮なバジルでジェノベーゼのパスタを、お腹いっぱい食べるのが夢。
その夢がかなうまでは、しつこくバジルを育てます^^;

地植えと鉢植えでは、バジルの葉が違ってくるのですね。知りませんでした。
となれば、両方挑戦したいところですが、以前、地植えにしてすべて虫の餌になったという苦い経験があるので
、今年も地植えはあきらめます。
ベランダで過保護に育てるつもりですが、それでもうまく成長してくれるかどうか……(~o~)

リーフレタスもベランダのプランター栽培です。
ポイントは水やりと日当たりですね! 了解しました!
繊細でやわらかなリーフレタスを目指して、がんばります(^^)/

こんばんは(^^)

お母様が花模様って勘違いされたの分かります!
ワタシも読みながらだというのに
「きれいなバラ模様〜♡」なんて思ってました 笑
それ位美味しそうでセンスのいいケーキが焼けたって事ですよね(^^)

世界に一つだけの手作りのケーキをいただけるお母様は幸せですね♪

うちなんて、お花にするか美味しいお菓子にするかいいお肉を買うか、はたまた外食にするかさんざん悩んで、結局クロスワードパズル数冊ですよ。
母はこんなんが一番いいわ。毎日してるから!
と大喜びでしたが^^;

marinさんと比べてしまい自分が恥ずかしくなりましたーーー(>_<)

saico*さん、こんばんは!saico*さん、こんばんは!

やっぱりバラの花の模様に見えますか!?
母の目が悪いわけではなさそうですね。よかった(*^_^*)

お母さまが毎日されてるクロスワードパズルなら、それがいちばんのプレゼントですよ!

私の母ぐらいの年齢になると、必要なものはほぼなんでも持ってるので、プレゼント選びがむずかしいです。
それに、母はけっこう溜めこみタイプなので、それもちょっと問題。
ものをプレゼントして、これ以上溜めこんでもらっても困っちゃう^^;
というわけで、うちの場合は、お菓子を作って、一緒に食べて、母の話を聞くのが、母の日の最高のプレゼント、ということにしてます(^^ゞ

No titleNo title

度々失礼します。
普段、私の祖母(娘のひいばあちゃん)は私の母が同居ですが、やはり相手をするのにイライラしたりするそうです。私はたまのことだから付き合えますが…。
失礼ながら母と同年代と思われるmarinさんも、同じなんですね。ちょっと、ほっとしました。

母も祖母も、お互い大好きなのは、わかるんですよ、母がいくら冷たくしてても。
母にはあまり、悩まないでほしいです。

茜さん、こんばんは!茜さん、こんばんは!

最近は、母の言動にあまり苛立たなくなりました。やっとです(^^ゞ
以前は、私に小言は言うくせに、自分はいろいろなことにもたついたり、依存的な言動を取る母に、腹が立ったんです。
たぶんそれは、“しっかりしてよ!”という気持ちの裏返し。自分の母親が歳を取ったという事実を、受け入れられなかったんでしょうね。
今は“年寄りだからしかたない”と思えるようになりました。“年寄りだから”ってことで、すべてを済ませるのがいいかどうかはわかりませんけどね(^_^;)
でも、それで済んでるのは、たまにしか会わないからです。
一緒に暮らして、毎日のこととなったら、やっぱり苛立つだろうなぁ。
茜さんのお母さんの気持ちがわかるような気がします。



母と同年代と思われるmarinさんも、同じなんですね。ちょっと、ほっとしました。
>
> 母も祖母も、お互い大好きなのは、わかるんですよ、母がいくら冷たくしてても。
> 母にはあまり、悩まないでほしいです。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)