この記事のみを表示する柚子ジャム入りのパウンドケーキと、梅干しの土用干し

butter cake

7月の初め頃に焼いた柚子ジャム入りのパウンドケーキ。
夏向きにふんわりさっぱり焼きあげた(^^)v

150704柚子のチーズパウンド

この日のおやつは、柚子のパウンドケーキにくわえて、クッキーバニラアイスのっけだった。

150704柚子のチーズパウンドとクッキーのアイスのせ

クッキー&アイスは大好物だから、もちろんおいしい(^^♪

どうせなら、パウンドケーキにもアイスをのせればよかったな。




梅雨が明けて一気に猛暑日一歩手前の今日、梅干しの土用干しをした。

漬かった梅はこんな状態。
赤ジソなしのお手軽な白梅干し。

150721土用干し1

カビもなく、梅酢も澄んでいる。
それだけですでに95%成功した気分(*^_^*)


手持ちの竹ザルを総動員して干してみた。

150721土用干し2

竹ザルを使うと、由緒正しい土用干しの気分が味わえる。


しかし、ザルだけでは足りず、干しカゴにも並べた。

150721土用干し3

こっちのほうが風が通る気するなぁ~。

というわけで、結局、こんな干し方(^^ゞ
150721土用干し4


ひと口に3日3晩の土用干しと言っても、やり方は諸説ある。

最近の主流は、日中は外に干して、夜は取りこんで梅酢に戻す方法かな。

いやいや、3日間ずっと外に干しっぱなしで良いんだよ、という意見もある。

いまの東京の気候や住宅事情を考えると、最近主流の干し方があってるのだろうか(・・?



しかし、今回は元婚家の祖母、平たく言えば、元夫のおばあちゃんのやり方を踏襲することにした。

元婚家では、夏になるとかならず、梅干し入りのザルが庭に並んだ。
当時、保存食作りにまるで興味がなかった若い嫁(=私)は、そういう光景を横目でちらりと見てただけ (^_^;)

おばあちゃんが採用してた干し方は、日中は陽光にあてて、日が陰ったらザルごと軒下に移すというもの。
それを3日間繰り返していたような気がする。

いま思えば、おばあちゃんはなんとさらりと梅干を作っていたことか。
きっと、梅酢にカビが生えた年もあったと思う。
でも、そんなときにも慌てず騒がず、カビをそっとすくって、ペッと捨てて、それなりの手当てをしておしまいだったはず。
そう、実に粛々と作っていた。

私みたいに「いざ梅仕事!」なんて気負うこともなく、「カビが生えたらどうしよう!?」と眉間にしわを寄せて梅酢チェックなんてこともしてなかった。

あんなふうに、軽やかに穏やかに、そして、カッコよく梅干を作れるようになるには、あと何年かかるんだろう(?_?)





尾上製作所 干しカゴ 45 450×450×600mm ...

尾上製作所 干しカゴ 45 450×450×600mm ...
価格:607円(税込、送料別)

安い! 丈夫! 大きい! 三拍子そろって、ほぼなんでもたっぷり干せる。
でも、大きいと収納に困るし……という方にうってつけの、もう少し小さいサイズもある。



ただいま手作りお菓子ランキングの第2位\(^o^)/ みなさんのおかげ! ありがとう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです\(^o^)/

コメントの投稿

secret

土用干し土用干し

おお、なんと素晴らしい風景でしょう。
marinさんにはかないませんが私もちらっと漬けたので
今週末か来週の頭には干したいです。

私も去年は梅酢に戻す方法をとってみました。
でも色々ためしてみたいから戻さずにやってみようかな~。
色んな方法を梅とにらめっこしながら試していくのって
ワクワクしますよね~。

marinさんの梅がよ~く干せますように 八(^□^*)

No titleNo title

梅干作られたんですねぇ~~~。母はせっせせっせとつくっていましたが、干していた記憶すらありません。。。。。。でも、かびたとかなかったように思います。どうしてだろう…(?_?) もちろん、私、つくったことはありません。。。干し網あるの、羨ましいです。チャンと使いこなせるかどうかは怪しいのですが、キノコと大根も干してみたいです。ジャム入パウンドケーキだなんて、marinさん、やはり、スイーツバリエーションが豊富だわ~!!!

Re: 土用干しRe: 土用干し

ふじつぼさん、こんばんは!

なんでしょうね、干してる梅干しがやたらと愛おしくて、しょっちゅう様子を見にいってます。
そして、ときどきつまみ食い。
昔ながらの梅干ですっぱい! けど、おいしいです。

ふじつぼさんも、土用干しが楽しみですね♪

梅酢に戻したほうが、ふっくら仕上がるかも、とちらりと思ったりしました。
1晩目だけ梅酢に戻して、2、3日目は昼夜通して干すとか。
東京の日差しは強くなってるから、干しすぎると干からびるという意見や、周囲がアスファルトでは夜露にあてる効果は得られないという意見があって、何が正解なのかわからなくなってます。
やはり、梅の状態を見ながら、ですね。
といっても、梅を見て、このぐらいで良しとわかるほど、熟練してないのが辛いところです(^_^;)

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

はーい、梅干作りました。
赤紫蘇を入れなかったので、わりと簡単でした。
でも、カビないように気にしてましたけどね。

お母さまは梅干を作られてたんですね。きっとてきぱきと作られて、干すのも家族が気づかないほど何気なくやられていたんでしょうね。
昔の梅干し作りの資料を読むと、「カビはつきもの」ぐらいのことが書いてあります。でも、「白カビは悪さをしないから、そっとすくって、捨てればいい」と。
いっぽうで、最近の梅仕事の本には、カビをかなり警戒するようなことが書いてあります。
著者が真剣にカビを気にしているのか、読者が気にするだろうからと、さきまわりして書いているのか、どっちなんでしょうね。
そういう本を読むと、つい気にしちゃいます。
でも、わたしが作った梅干は昔ながら塩分なので、カビは出にくいはず。
減塩梅干を作ろうとすると、カビなどいろいろな問題が出やすいらしいです。

せっかくの干しカゴなので、梅干しが終わったら、野菜を干してみようと思います。
サツマイモを干したら、甘ーい干しイモになるかな~(^^♪

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)