この記事のみを表示する梅干し完成

etc.

梅干しができた。

150724梅干し

土用干しの3日目が雨だったというアクシデントを乗り越えて、完成した梅干しはひじょうにおいしい。
はっきり言って、絶品!
↑この発言は、丹精込めて作った梅干しゆえに、200パーセントぐらい割り増されてると思ってほしい。

冷静に考えれば、酸っぱくて、塩分もしっかりの昔ながらの梅干し。
だからこそなのか、炎天下のテニスのあとにひと粒口に入れたら、クエン酸&ミネラル効果で疲れが一気に取れた(ような気がした)(*^。^*)

いまや、この梅干しとおいしい水さえあれば、スポーツドリンクは入らない、という気分になっている。


梅酢も日光消毒。

150722梅酢

1・5リットル+αのこの梅酢。
かなりしょっぱいから、調味料として使うときは隠し味程度に1、2滴。
炊飯では3合に大さじ1杯程度。

そう考えると、使い切るまでに何年もかかるかも(^_^;)


ちょっとまえに、梅シロップの梅も引きあげて、ジャムにした。

150716梅ジャム

お菓子作りにも使えるし、もちろんパンに塗ってもいい。
今朝はサツマイモの甘露煮を作るのに、砂糖代わりに入れてみた。おいしかった♪




食べ物とは無関係の話をひとつ。

カブトムシをもらった。

150722カブトムシ

いや、わたしにくれたわけじゃなくて、MG1に渡してほしいということなのだが。
カブトムシの雄と雌、クワガタの雄と雌、合わせて10匹ぐらいもらっちゃって、少々困った。
そもそもそんなにたくさんの虫が入る飼育ケースを持っていない。

とりあえず、カブトムシの雄×2と、クワガタの雄×1を手持ちの飼育ケースに入れて、MG1に渡すことにした。
でも、残りはどうしよう……。

くださった方には申し訳ないが、誰かにあげるか、近所の公園の木に放すか……などと迷いながら、カブトムシ入りの段ボールを抱えて、木に囲まれた公園に向かうと、小学1年生ぐらいの少年が虫かごを持って、木の下をウロウロしているではないか。
なんというナイス・タイミング!

その公園にはカブトムシはまずいないから、セミ採りだろうか?
でも、ま、とりあえず声をかけてみる。
「ねえ、ぼく、カブトムシいる?」と尋ねると、とたんに、少年の顔がニッコニッコの笑顔に変わって、大きな声で「いるー!!」と即答。

実は、その日は朝からちょっと鬱っとしてたんだけど、少年のとびきりの笑顔と元気な返事にめっちゃ癒された~>^_^<

数日後、MG1にカブトムシとクワガタを渡すと、これまた大喜びで大興奮。
いまどきの男の子も、やっぱりカブトムシは大好きなんだね。

カブトムシとクワガタをくれたシルバー人材センターのおじいさん、ありがとう~(^◇^)/




国内産・梅酢〈白〉...

国内産・梅酢〈白〉...
価格:410円(税込、送料別)

梅酢が売られているとは知らなかった。
自家製梅酢もいろいろと使えそうな気がしてきたぞ~。



ただいま手作りお菓子ランキングの第2位\(^o^)/ みなさんのおかげ! ありがとう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです\(^o^)/


コメントの投稿

secret

No titleNo title

クワガタは、つがいであげたら卵できたりしないんでしょうか?
何年もかかるし、育てるのは無理かな……。

実は今朝、家の前でカブトムシの雌がひっくり返っていました。
誰かが飼っていたのが逃げ出したのか、あるいは遠い山から飛んできて力つきたのか。
かわいそうなので表にして土の上に置いてあげました。

地元の山ではカブトムシも採れたそうですし、1度だけ小さいクワガタが庭に迷い込んだこともありましたが、この都会では見かけることがありません。
緑地がないわけでもないので、どこかでひっそり生きていてほしいと思います。

No titleNo title

梅干ができあがったのですねぇ~。とてもおいしそうだわ~~~!!!いつか、梅干作り教室もしていただきたいわ~。梅ジャムだけ食べたことがなくて、ここ数年ずっと気になる食べ物の一つです。梅酢があると、柴漬けとかつくれるような…(?_?) 以前、柴漬けを作りたくて、梅酢がないので断念したような。。。違ったらすみません。調味料としても使えるのですねぇ~(^^)

カブトムシやクワガタ、現代は、買うと高いんだとか…!? 子どもにはどの時代も人気みたいですね。私も子ども時代はよくスイカのかわの上に乗せて、飼育したような。。。今じゃ、なぜか、怖くて、触ることすらできなくなってしまいましたけど。

↓ところとてんと葛きり、別物だったのですね…m(ーー;)m 葛きり、いつか、食べなきゃ~~~。

茜さん、こんばんは!茜さん、こんばんは!

息子が子どもの頃に、毎夏、大量のカブトムシやクワガタを飼ってたんですけど、交尾の音がけっこううるさかったです。
なので、今回は雄だけ残しました。
雄同士だと喧嘩するという話もあるんですが、それはあまり気になったことがないので(^^ゞ

つがいでうまく飼えば卵を生むんでしょうが、孵化に成功したことはなかったなぁ。
秋になって成虫が死んでしまうと、飼育ケースをほったらかしにしてたから(^_^;)

茜さんの家の前にいたカブトムシはどこから来たんでしょうね?
東京の郊外なら、まだどこかにカブトムシの木があるかもしれませんね。
うちのほうも雑木林が残ってるから、探せばいるのかも。
ごくたまに、カブトムシの雌は道端で見かけます。

ほんとうに、どこかでひっそり生きていてくれるといいですね。

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

梅干ができたからさっそく食べてる、と母に話したら驚かれました。
母はしばらく寝かしてから食べるようです。
そのほうがカドが取れて、まろやかになるんでしょうね。
そうとはわかっていても、つい口に放り込んじゃいます。
たっぷりあるから、味の変化を感じたいと思います(^^ゞ

梅酢はしば漬けにうってつけみたいですね!
しば漬けを作る根性はないので、お手軽な浅漬けに使ってみます。
キュウリや長イモに梅酢を振りかけておけば、数時間でおいしい浅漬けになるようです\(^o^)/

カブトムシやクワガタはペットショップでそれなりの値段で売ってますね~。
昆虫は買うものじゃないと思ってる私は、古い人間かな(^_^;)
私もカブトムシが大好きというわけじゃないですが、とりあえず世話をしなくちゃならなかったので、素手でさわったりしてました。
でも、割り箸でつまんじゃうことのほうが多かったかな~。
スイカを飼育ケースに入れるのも、割り箸のほうがやりやすいんで(*^。^*)

ブログ読んでたらそしてキレイな写真を見てたら…
口の中が大変なことに(笑)

ふっくらとしたキレイな梅干しですね。
手作りの梅干しを食べ出すと、安物の着色料だらけの梅は
食べられなくなります。
美味しそうだー。おにぎりに入れて食べたい!!

それにしてもこんなに短期間で出来るんですね。
来年チャレンジしてみようかなあ。


カブトとかクワガタは昔はそこら辺の木にいたような気がするんですが
(この辺りはカブト虫はいるらしくこの間夜の公園で、居る居る〜〜って子供の声が響いてました)
今は買うのが当たり前なんですね。しかも高額!
そりゃこんなの沢山もらったら笑顔いっぱいになりますね(≧∇≦)
大量に出来すぎて困ってるうちのキュウリも付けてあげたい(笑)

saico*さん、おはようございます!saico*さん、おはようございます!

酸っぱくて、塩辛い梅干しなので、おにぎりにうってつけですよ~。
お店で売ってるはちみつ入りとかの梅干しに慣れてる舌には、ものすごく酸っぱく感じると思います。
でも、これが本来の梅干しの味なんだなぁ、と思い出しました。
これから塩気がまろやかにやっていくのを楽しみたいです♪

1か月ぐらいで完成して、その後何年も保存できるってすごいですよね。
来年はsaico*さんもチャレンジ~ヽ(^。^)ノ

saico*さんの家のまわりには、まだまだカブトムシがいそうですね。
東京のはじっこのわが家のまわりにも、昔はカブトやクワガタがごろごろいました。
わたしは興味なかったですが、兄が夏休みの早朝に虫取りに出かけてました。
その後、息子の虫取りにつきあわされて、すっかりカブトムシと仲良く(?)なって、昨年からはMG1のカブトムシ。
わたしの場合、20年周期ぐらいで、カブトムシ・ブームがやってくるようです(・o・)

ニコニコの笑顔の少年に、カブトムシと一緒にsaico*さんちのキュウリも渡したかった!

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)