この記事のみを表示するダッチベイビー

pancake

ダッチベイビーを作ろう!

仕上げに粉砂糖を振って、レモンをぎゅっと絞ったやつが好きo(^▽^)o

なのに、レモンを買い忘れたから、冷凍レモンをすりおろすΣ(´Д`*)

160115ダッチベイビー用レモン

手がかじかんだ~(+o+)ブルルッ


だいぶ陽が傾いた頃に完成ヽ(´∀`)ノ

160115ダッチベイビー

写真の写りも薄暗く、ずいぶんのんびりな昼下がりランチ。

粉糖とレモンだけという当初の予定を大幅に変更。

半分はベーコンとチーズものせて、お食事系。
半分はベリーも散らして、ストロベリーソースも用意して、デザート系。

ひと焼き(?)で食事とデザートをいっぺんに作る、ものぐさ料理。

大成功.゚+.(・∀・)゚+.


とはいえ、この数日まえに失敗している。

失敗ダッチベイビー(;゜0゜)

160114ダッチベイビー失敗

朝日を浴びて写りはいいが、失敗なのは一目瞭然。
縁のせり上がりがまるで見られない(´・_・`)

ふくらみのない質素すぎるパンケーキだったが、熱いうちに完食。

冷めたら、ぼそりと硬くなるに決まってるいるが、番茶も出花(←無理のある言いまわし)
失敗だろうと、熱いうちにさっさと食べれば、どうにかなる(=^・^=)


成功ダッチベイビーのレシピは、記事の最後に追加したよ(^-^)/



話はがらりと変わって、有名店の七味唐辛子をお土産にいただいた(o‘∀‘o)アリガトウ

160105七味唐辛子

このほかに「深煎り」というものもあったのだが、食いしん坊の悲しいサガで、写真を撮るまえに食べちゃった(´∀`*;)ゞ

大容量入りも嬉しいが、ひとり暮らしとしては、いろいろな味を楽しめる少量パックをいくつかというのは、とてもありがたい(^^♪



鉄 ニューラウンド万能鍋 特大 F-158...

鉄 ニューラウンド万能鍋 特大 F-158...
価格:7,695円(税込、送料別)

それなりの手入れが必要だけど、鉄鍋好き♪

リーズナブルなニトスキから、本格派のロッジまでスキレットは迷うよね。
南部鉄器ファンの私が買うなら、これかなぁ。

ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


ダッチベイビーのレシピ

〇材料――2人分(約22センチの鉄鍋1回分)
牛乳――120g(人肌に温める)
卵――2個(常温に)
塩――ひとつまみ
砂糖――10g(大さじ1)
バニラエッセンス――少々
強力粉――30g
薄力粉――40g
バター――約20g
(仕上げ用)レモンと粉糖――適量

〇準備
スキレットなどの耐熱性の鍋をオーブンに入れて、200℃に予熱する

〇作り方
1.人肌に温めた牛乳に、卵、塩、砂糖、バニラエッセンスをくわえて、混ぜる(しっかり混ぜるが、泡立ててはいけない)
2.強力粉と薄力粉を合わせて、ふるい入れ、さらに混ぜる
3.熱しておいた鍋をオーブンから取りだして、バターを鍋肌全体に行きわたるように塗り広げ、生地を注ぐ(鍋が冷めないうちに手早く行う)
4.200℃で10分焼く
5.オーブンから取りだして、粉糖を振り、レモンを絞る

*焼いているあいだ、生地がふくらみきるまでは、オーブンを開けない
*うちのガスコンベックで200℃で15分焼いたら、上のほうが焦げたので、焼き時間は10分ということで(^^ゞ


コメントの投稿

secret

No titleNo title

ダッチベイベー!
スキレット、憧れるんですが、鍋増やすのはちょっと怖い気もして、憧れたまんまです。ニトリのとか、安くて良いらしいんですが。
陶器の耐熱皿では、あんまり熱伝導が良くないし。
やっぱり見た目的にも、スキレットが良いなあって思います。

No titleNo title

ダッチベイビー流行っているのかな?! 日本で流行ってるものって、タイ・バンコクにも結構すぐ流行りが来るようなんですよ(^^)でも、まだ、見かけないような。。。。。。私だけがうといだけで、おしゃれなカフェに行くと、登場しているのかもしれないな。。。と思った次第です。ダッチベイビー、お外で食べたこともないので、どんな感じが成功なのか私にはわかりそうにもありません。これは、一度、marinさんカフェにいただきにいかなくては!!!です(^^)/ 甘いバージョンとそうじゃないバージョンを一度に楽しめるこのメニュー、とっても嬉しいわぁ~!!! これ、パンケーキやさんなどでも導入していただきたいわ。というか、marinさんカフェ、オープンにならないかしら!?

茜さん、こんばんは!茜さん、こんばんは!

スキレットで作るとおしゃれですよね。
ニトスキはお安いから、つい「試しに」と手が伸びそうになりますが、私もものを増やすのはちょっと、と躊躇してます。
それに、小さなスキレットをコンロで使うと、油撥ねも気になるし。だから、じっと我慢。

陶器の耐熱皿でも、ダッチベイビーはできるという噂を耳にしましたよ。
スキレットのまえに、挑戦する価値ありそうです>^_^<

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

ダッチベイビーは流行っていると言えるほどでもないような……。
スキレットが流行っているから、それで作れるものとして、話題に上がるような気がします。

私がダッチベイビーを知ったのは、数年前。
「オリジナルパンケーキハウス」というアメリカからやってきた行列ができるお店で、並ばずに済む時間を狙って、食べました(^^ゞ
当時はハワイ系の(?)生クリームてんこ盛りのパンケーキも流行ってたので、それに比べたら、ずいぶんあっさりシンプルで、アメリカっぽくないという印象でした。

食感はなんと説明すればいいのか……クレープを厚くした感じ?
それじゃあ、あまりおいしそうじゃないですね。
でも、実際はおいしいです。
私はとっても好きな食感です(^^♪

東京にいらっしゃったら、marinカフェへどうぞ~。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)