この記事のみを表示する柚子ぽんと朝ごはん

etc.

これまた昨年のこと。

友人から柚子が届いた。

151211柚子

おまけに、怪獣パスタと乾燥ポルチーニもというお気遣い。
すべて嬉しい♪ ありがとうヽ(´∀`)ノ

というわけで、約30個の柚子をぐりぐり絞って――

160108柚子ぽん1

柚子ぽんを作った。

160108柚子ぽんと柚子化粧水

種を集めて、化粧水も。
ホワイトリカーが足りなくて、不足分は910gとメモして瓶の下に置いておく。
翌日に購入、即継ぎ足すのだから、「910g」ぐらい憶えておけそうなものだが……。

近頃は、自分の記憶力より、メモのほうがはるかに信頼できるのね(〃▽〃)


柚子ぽんをちょっと寝かせて、少し角が取れた頃の朝ごはん。

160121柚子本で蒸し豚野菜1

蒸し豚モヤシ。
娘の十八番料理を真似てみた。

娘は潔くモヤシと豚バラ肉だけで作るが、母はそこまで潔くなれず、シメジも投入。
いずれにしても、野菜を切る手間もなく、お手軽料理であることに変わりない。

160121柚子本で蒸し豚野菜2

そんなシンプル料理だからこそなのか、柚子ぽんでガンガンいける。

モヤシたっぷりだから、ガンガンいっても、お餅で肥えた体が少しはリセットできそうな朝ごはんだった(=^・^=)


子どもの頃は、鰹節削りをよくやらされて、ちょっと苦手だった。
いま、昔ながらの削り器を持ってたら、おいしい出汁のために喜んで削るんだけどなぁ。


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


柚子ぽんと柚子化粧水の作り方の覚書

【柚子ぽん】
〇材料
柚子の絞り汁 250cc
醤油 250cc
みりん 50cc
昆布 約5センチ
鰹節(削り節) たくさん

〇作り方
1.材料をすべて合わせて、3日間ぐらい放置する(気温が高い時期なら、冷蔵庫へ)
2.濾して(液を吸った鰹節は、濾し器の中でスプーンなどで押して絞る)、保存用の瓶に入れ、しばらく寝かしてから使用する

*食べごろになる日数は柚子の酸味による。今回のものは2週間ぐらいで、ややまろやかになってきた。
*冷蔵庫で長期保存可能。
*材料は、柚子の絞り汁と醤油が同量。みりんが20%と憶えよう。


【柚子化粧水】
〇材料
柚子の種
種の重量の10倍のホワイトリカー

〇作り方
種とホワイトリカーを保存容器に入れる。

*翌日から使用可。
*顔に使うのはちょっと……という私は、ボディローションにしている(^^ゞ

コメントの投稿

secret

No titleNo title

柚子のいい香りが食欲そそるねぇ
もやしならがっつりでもOKですなぁw

へぇ そうやって化粧水になるんだ
香りもしっかりするのかなぁ?

No titleNo title

いいですね~手作りポン酢。
ここまであのすっぱい良い香りがしてきそうです。

ポン酢醤油というと私は一番にお野菜たっぷりのしゃぶしゃぶ
(豚肉派です)を思いうかべちゃうけど「蒸し」もいいですね。
今夜真似しちゃうおっかな~。

K'sさん、こんばんは!K'sさん、こんばんは!

自家製柚子ぽんはおいしかったです。
いや、市販のものとものすごくちがうわけではないですが、無添加なだけでもおいしく感じます。

もやしだけなら、いくらでも。
でも、豚バラは控えめにしないとですね(^^ゞ

柚子の香りの化粧水になるはずが、1,2日でスプレーボトルに取りわけた分は、あまり柚子の香りがしませんでした。
もう少し経ったら、香りが移ってくれるのかな~(・・?

ふじつぼさん、こんばんは!ふじつぼさん、こんばんは!

柚子をたくさんいただいたので、手作りポン酢ができました。
作り立てを味見したら、すっぱーい。
いまはだいぶまろやかになりました。
長く寝かせればさらにまろやかになるそうですが、その前に使い切りそうです。

豚しゃぶ! いいですね。
では、私も真似させてもらって、「蒸し」の次は「しゃぶしゃぶ」にします。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)