この記事のみを表示する中華せいろでプリン、そして、入学祝の雑記

custard pudding

今朝は氷点下。
家の中でも手がかじかんだよ((((;゚Д゚)))))))

そんな寒波がやってくるまえのある日に作ったシンプル・プリン。

160121せいろでプリン1

なぜ、作ったかといえば、中華せいろでプリンを蒸してみたかったから。
ただ、それだけ(=∀=)

これまでで最高の出来.゚+.(・∀・)゚+.ヤッホー!

オーブンの湯煎焼きならどうにか満足のいくプリンを作れたが、蒸し器で作るシンプル・プリンが苦手だった。
でも、苦手を克服できたかも。
中華せいろのおかげだねo(^▽^)o


カラメルソースは作り置きがあったから、上からかけただけ。

160121せいろでプリン2

冷蔵庫で硬くなっていたカラメルソースを湯煎で緩めて、すぐにかければよかったんだけど。
ちょっと間を置いたら、あっというまに、模様が描けるぐらいかたまっていた。

極寒のキッチンでの作業は、手際が大切だね(^_^;)


そう、寒波が来ようが来まいが、毎冬、わが家のキッチンは東京とは思えない寒さ。

たとえば、不要になった氷を冷凍庫から出して、ひと晩窓辺に置いておいても、溶けない。

160115氷

ほかにも、シンク下に収納してる植物オイルが白濁するとか、早朝は給湯器のパイプが凍っててお湯の蛇口をひねっても、お湯はおろか、水1滴出てこないとかね (゚´Д`゚)゚。マイッタ



ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)



ここからは料理と無関係の無駄話。

1月半ばのこと。
大きな荷物が届いた。

160116ランドセル1

何も頼んでないのに、なんだろう?
しかも、わが家の2人がけのダイニングテーブルに置いたら、食事ができなくなるほどの大荷物。
いったい、なんなの?

不思議に思いつつ、開けたら、こんなものが出てきた。

160116ランドセル2

Oh! MG1への入学祝のランドセル。
丁寧に生成りの布袋入り。

私:「ランドセルを買ってあげるよ~」
娘:「ほしいランドセルが決まってるから、注文しておく。値段は〇〇円ぐらい」
私:「(ぎょぎょ!)私が考えてた予算の倍じゃん!」
娘:「いいよ、いいよ、全額じゃなくて、考えてた額を出してくれれば、あとはこっちでなんとかするから」
――などという会話をしたのは、たしか秋口。

そのランドセルがふいに届いたのだった。
しかも、でかでかと「御入学祝 まりん(←実物はもちろん私の本名。写真は修整済み)」と書かれていては、購入額の一部だけで許してね、というのもなんだかね\(//∇//)\
「よっしゃ~、買ったるで~」と一気に太っ腹になった私。なんと単純なのか……。

念のために、娘に正確な値段を訊いたら、秋に聞いた額よりちょっと安くて、ほっとした。
それだって、当初の予算をかなりオーバーなんだけど、それでも「安くてよかった」と胸をなでおろしてる、どこまでも単純な私(*´~`*)


何はともあれ、ランドセルは美しい。

160116ランドセル3

しなやかな牛革の丸いフォルムにしばし見とれる。

でも、見とれてばかりはいられない。

2年後には、MG2も小学校に入るのだ。

ランドセル貯金をはじめなきゃ(^^ゞ



コメントの投稿

secret

No titleNo title

うわ そんなに寒いのですか?^^;
北では家の中はもう夏並みにあったかくします
アイスクリン食べてTシャツ一枚が普通ですよw
プリンいいなぁ 大好きなんですよ

ランドセルって最高ですよね
両手はあくし頑丈だし
俺は6年間使い続けました^^

No titleNo title

プリン美味しそうですキャッ(/ω\*))((*/ωヽ)キャッ
私も蒸すプリンは苦手なのでセイロで作ってみようかなぁ♪

MG1ちゃん、ご入学おめでとうございます♡
ランドセルとか机って大人になってから改めてみるとめっちゃ高いですよねΣ(゜Д゜*)MG1ちゃん喜ぶだろうなぁ~♪

K'sさん、こんばんは!K'sさん、こんばんは!

そうなんです、寒いキッチンに行くのが恐怖ですよ~。
台所の用事をさっさと済ませるか、オーブンを使って部屋を温めるか、毎朝、すばやく決めないと凍えます。

北国の友人からは、笑われます(^_^;)
その友人も家では「Tシャツ1枚」だと言ってました。
それはいくらなんでも大げさに言ってるのだろうと、疑ってましたが、K'sさんもそうおっしゃるということは、ほんとうだったんですね。すごすぎる\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ランドセルはあらためて見ると、すごくきれいな形でした。
それでいて、丈夫。
これだけ長いあいだ小学生の必須アイテムになってるのも、うなずけます。
K'sさんと同じように、私も6年間使いました。
6年のあいだ毎日使うと思えば、ちょっと奮発してもいいですね。

オナツさん、こんばんは!オナツさん、こんばんは!

とってもなめらかなプリンができました。
いままでは大きな蒸し器がなくて、小さな鍋で蒸してました。
鍋が小さい分、温度が上がりすぎだったのか、スが入りやすくて(-_-)
大きなせいろで蒸したら、問題解決(^^♪

お祝いのお言葉、ありがとうございます。
ランドセルは高くてびっくりしました(←いまどきのランドセルの値段を、私が知らなかっただけ?)
机も高いですよね。
節約も兼ねてか、MG1の机(ついでにMG2のぶんまで)は、お父さん(娘の旦那さま)の手作りです。
ランドセルを持っていったら、部屋のサイズにぴったりのシンプルな机ができあがってました。
「机のわきにランドセル置場もあるよ」と、MG1が誇らしげに説明してくれました>^_^<

No titleNo title

marinさん こんにちは シフォンです♪

プリンの中華せいろ蒸しって なんだか流行りそうですねえ!
うちのゆうちゃん 最近プリンが食べられるようになったら
大好物になったので 今度は手作りにチャレンジしてみようかなあ♪

ランドセル…年々値上がりしていますよ~!
中2のお姉ちゃんの時と小1の妹ちゃんの時とでは 全然相場が違います!
私たちの頃の相場と比べると…倍にはなってますよね。
だから 旦那くんの実家から 「これで好きなの買ってね!」って昔の相場で
お金だけいただくのですが…正直 買えるものはありませんでした…。
でも なんとなく言えませんよねえ。
買ってくれるって気持ちが嬉しいですしねえ♪
うちは ランドセルと机をそれぞれの実家で買ってくれてるんですよ。

sifonさん、こんばんは!sifonさん、こんばんは!

ゆうちゃんがプリンも食べられるようになって、よかったですね。
大好物なら、ぜひママの手作りプリンを!

きちんとした蒸し器があれば、せいろでプリンを作ることもないんですけどね。
いままで小さな鍋に蒸し板を敷いて作ってたのが、そもそも無理があったのかもしれません(^_^;)

中2のお姉さんと小1の妹さんのときで、すでに相場がちがっているとは!
わたしが考えてたランドセルの値段って、娘が小学校1年生に上がったときのものに少し上乗せしたぐらい(~o~)
20年以上の前の相場+α……。
それに、大きさも昔のものに比べて、いまのほうが若干大きくなってますよね。
A4サイズが入るものが主流になりつつある。
それを思えば、高くなるのもあたりまえですね(^^ゞ

ランドセルと机はおのおののご実家からのプレゼント。いいですね。
ご実家のご両親も、毎日使ってくれるものなら、贈りがいがあると思います(^^)

No titleNo title

凄い!高級ランドセルですね!
なんとなく、ランドセルなんて合皮で2万円くらいのもんだと思ってたんですが、ちゃんとした牛革のとか、凄い高いんですよね。……うちの子は、2万で良いかな。(←まだまだ先です。)

蒸し器、欲しいんですよねー。
中華せいろでプリンも美味しくできるんですか?
それは朗報です。中華せいろなら、そのまま食卓に並べられるし!
大きさ、どれくらいなら良いんでしょう。うちのキッチンに置けるかしら?

茜さん、こんばんは!茜さん、こんばんは!

牛皮なので、やはり値が張りました。
あまりにも安いものだと、すぐにぺちゃんこになってしまうので(昔の安物のランドセルはそうでした。今のはどうなのか?)、そこそこのものを買うつもりではいたんですけどね。
特に男の子はランドセルの扱いが乱暴なので、頑丈なものをと思ってました。

合皮でも、クラリーノなら傷がつきにくいし、手入れが楽でいいですよね。
つい先日、近くのスーパーのランドセル売り場を覗いたら、だいぶ値引きされてました。1月に入ると、もう値引きの時期とは、びっくり。好きなデザインや色は手に入れにくくなるでしょうが、値引きされるまで待って買うというのもひとつの手かもしれません。

うちの中華せいろは27センチという比較的大きなものなので、プリン4個も余裕でした。
ただ、高さがさほどないので、そこは注意が必要。
といっても、普通の高さのプリンなら充分にできます。

私は中華まんじゅうを4,5個いっぺんに蒸したかったので、手持ちのいちばん大きな鍋にせいろのサイズを合わせました。(せいろ用の鍋まで買う気はなかったので)
せいろ用の蒸し板を買えば、小さな鍋でも大きめのせいろを使えますが、その蒸し板はけっこうな値段です(^_^;)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)