この記事のみを表示するべこ餅

Japanese confectionery

端午の節句にべこ餅を作った。

160506べこもち1

昨年も一昨年も柏餅だったから、今年は粽か? などとも思ったが、笹の葉を買いにいけなかった(〃▽〃)

そこで、かねてから作りたいと思ってたべこ餅登場。
北海道では、端午の節句にべこ餅なんだって(・Д・) ヘェ~、ヘェ~、ヘェ~ ←懐かしの トリビアの泉

一般的な形は木の葉形らしい(・Д・)ヘェ~、ヘェ~、ヘェ~

今回作ったのは、私がはじめて本で見たべこ餅と同じ形。
これが正統派だと長いこと思いこんでたけど、実は異端だったのね。

でも、正統派もなにも、べこ餅そのものを食べたことがない。


レシピでどんな味かはだいたい予測できたが、実際に作って、食べて、ほっこり。

160506べこもち2

ほんのり甘くてしっかりしたお餅は、どこか懐かしい味だった。



GWなんて関係ない! と言い放っておきながら、いつもの休日とちがうことが、ほんの2、3ミリほどあった。

まずは、隣の市の図書館に資料を取りにいった帰り道、ハンセン病資料館に寄ってみた。
わが家からさほど遠くないところに全生園というハンセン病の病院があって、これまでもその周辺は数えきれないほど通っていたし、ときには病院の敷地内を通って近道することもあった。
でも、資料館にはなんとなく入りそびれていた。

病気の感染経路や感染力が弱いことがわかっても、有効な治療薬ができても、患者への差別が続いたのはとっても悲しい。
資料館、勉強になったよ。

160506GWの思い出

資料館から戻ってきたら、近所に引っ越してきた方が挨拶にいらして、白い布巾をいただいた。
和菓子を蒸し器で作るようになって、白い布巾を多用するようになったから、とっても嬉しい.゚+.(・∀・)゚+.


数日後、テニスクラブのイベントに駆りだされて、一日じゅう焼きそば係。
男性メンバーが焼き担当で、女性メンバーはパック詰めと販売担当。
持ち前のチームワーク(あるのか?)を発揮して、「まるで弁当工場のようだ~」などと自分たちの手さばきを褒めあいながら、流れ作業で約200個のパック詰め。

全面的に休んだ唯一の日を焼きそばに費やしたとはいえ、私としてはひじょうに有意義なGWを過ごしたつもり。
でも、、世間的にはイマイチな休み?
イマイチどころか、お寂しいGWなのかなぁ……。



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。




べこ餅の作り方の覚書
○材料(約12個分)
・白生地
上新粉 85g
白玉粉 50g
上白糖 80g
湯 150g

・黒生地
白生地の上白糖の代わりに黒砂糖

○作り方
0.蒸し器のお湯を沸かす

1.白生地の材料すべてをボウルに入れて、よく混ぜて、ダマがないように溶かす
2.固く絞った布巾を別のボウルにセットして、生地を流し入れ、すばやく包んで、口を輪ゴムで留める
3.蒸し器に入れて、強火で30分蒸す

4.黒生地も同様に蒸す

5.蒸しあがったら、布巾の輪ゴムをはずして、生地を軽くこねる(熱いので、もう一枚布巾をかぶせてこねる)
6.水で濡らした台(まな板)に生地を置き、(手も水で濡らして、)生地をそれぞれ4等分して、棒状に伸ばす
7.固く絞った布巾の上に白と黒の生地を交互に並べ、布巾をひと巻きして、棒状にする
8.布巾をはずして、濡らした手で、生地を12等分にちぎって、形を整える

コメントの投稿

secret

No titleNo title

べこ餅、とってもかわいいですね! しかも、おいしそうですねぇ~!! 盛り付けや写真の撮り方もとっても素敵(⋈◍>◡<◍)。✧♡

最近、暑くて暑くて、冷たい緑茶やジャスミンティーと和菓子がむしょうに食べたくなってきました。私も、和菓子、何か作れるようになれるよう、せめて、努力だけでもしようと思う今日この頃です。。。。。。

いつだったか、何か(思い出せないのが悲しいT_T)で、ハンセン病とその差別についての話を聞いたことがありましたが、ハンセン病資料館があるのですね!marinさんは何事も勉強熱心で素晴らしいですね。

No titleNo title

うん 確かにこっちではべこ餅かも
ほのかな甘味がいいよね
家では季節もんとしてそこらで採って来て蓬餅つきます

ハンセン病 昔は隔離されたり酷い仕打ちだったよね
医学的根拠の無い差別 哀しい歴史だよ

焼きそばって無性にたべたくなることあります
テニスかぁ むかぁ~し文通相手がテニス部だったなぁ
スコート姿がめっちゃかわいい子でした^^

No titleNo title

おはようございます。
べこもち、初めて聞きました。
可愛いですねえ
ういろうのような感じですか?
作ってみたいです。

ハンセン病、もう、悲しい差別だと思います。
国が悪いのだと思います。
見た目だけで差別するのは、最低だと思います。
いい勉強にんなりましたね。

焼きそば、焼くの好きです。
楽しい!

No titleNo title

こんにちは^^

いつも当ブログに足跡を残してくださってありがとうございます^^
いつもおいしそうなお菓子の写真などを拝見して、おなかを鳴らしています^^

>全面的に休んだ唯一の日を焼きそばに費やした

GWはずーっと仕事でしたが、それはそれで有意義でした。
世間よりも自分が楽しかったかどうかがポイントなのかもしれませんね^^

あまりお菓子は食べませんし、作ったこともないのですが、
その分興味深く見ております。

今後ともよろしくお願いします^^

No titleNo title

べこ餅、初めて聞きました!
形が綺麗♪二種類のお餅でこんな風に出来るんですね~♡
作り方を読んで、今私の頭から煙が出ていますw
難しそう~~(;´・ω・)!?
これは食べる専門がいいな~♡言う意見に落ち着きそうです♪
本当に美味しそう♡

焼きそば係お疲れ様でした♡
気心知れた皆さんでワイワイ共同作業って
とっても楽しいですね( *´艸`)
学校の文化祭のようで、とても充実されたのが伝わります^^

日本の悲しい歴史。。目を背けてはいけませんね。

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

べこ餅のこの形(模様)に惚れて、作りました。
一般的な木の葉形は、型が必要だけど、これは特別な道具がいらないところも気に入りました(^-^)

暑いときに和菓子は良さそうです。
オーブンを使わないしね。
蒸し器はちょっと暑苦しいけど、蒸し器の代わりに電子レンジで作れる和菓子もたくさんありますよ。
ケーキがあれだけお上手なECOさんなら、おうち和菓子もすんなり作れるはず(^^)v

近くにハンセン病資料館があるのに、入ったことがないなんてもったいないと思ってたんです。
楽しいことであれ、悲しい歴史であれ、いろんなことを知るのは大切ですね。

K'sさん、こんばんは!K'sさん、こんばんは!

はじめて食べたべこ餅、おいしかったです。
機会があったら、ほんものも食べてみます!
緑と白のべこ餅もあるんですね。
ヨモギが手に入ったら、作ってみたいなぁ。

ハンセン病のことはある程度は知ってたつもりでしたが、資料館に行って、これほどたいへんな歴史があったのかと認識を新たにしました。
いまは病院内にテニスコートがあったり、保育園があったり、一般の人も普通に使ってます。
ある患者さんの「(何十年も前に)桜の木を植えて、桜が満開になっても、普通の人はひとりも見にこなかったけど、いまは春に何千人も花見客が来るようになって嬉しい」という言葉が、差別との長い闘いを物語ってるような気がして、胸に響きました。

おさきちさん、こんばんは!おさきちさん、こんばんは!

コメントありがとうございます!

べこ餅を売ってるのは東北と北海道だけなんでしょうね、きっと。
だから、私も実物を見たことがなくって。
というわけで、本物はわかりませんが、自分で作ったものは、たしかにういろうに似てたかも。
でも、もう少し歯ごたえがあるかな。
ああ、でも、ういろうを最後に食べたのも何年もまえのことで、どんな食感だったかあやふやです(^_^;)

ハンセン病よりはるかに致命的な伝染病はたくさんあるのに、見た目で差別されて、強制的に収容されるなんて過酷すぎます。
資料館に行って、歴史はもちろん、昔の病院内のようすがよくわかって、勉強になりました。

GWの私の一大イベントの焼きそば屋さんごっこ(?)は楽しかったです。
鉄板で焼いた焼きそばは、すごく美味しく感じました♪

八咫烏さん、こんばんは!八咫烏さん、こんばんは!

コメントありがとうございます!

色鮮やかな躍動感あふれる写真を、いつも拝見してました。

私にとって、このGWの最大のイベントが“焼きそば”でしたが、それでも楽しい一日でした。
自宅で仕事をしてるので、イベントに駆りだされなければ、ずっと家にこもって仕事をしているところでした。
いい気分転換になりました。

お菓子作りはされないし、なんと、お菓子を食べないのですね!
それなのに、ブログを見ていただいて恐縮です。
八咫烏さんの知らない世界(大げさ?)を楽しんでいただけたらと思います<(_ _)>

ロサさん、こんばんは!ロサさん、こんばんは!

そっか、ロサさんもご存じなかったですか、べこ餅。
私もある本で見かけなかったら、いまも知らずにいたはずです。
そうそう、この形が綺麗でしょ! 
私もひと目惚れ(*°∀°*)
時間差で2色のお餅を作るのも、おもしろかったです。
作り方(成形のしかた)はそんなにむずかしくないんですよ。
自分でレシピを書いてて、どうもうまく表現できなくて。
この書き方じゃ、成型方法がわからないよなぁ、と思ってました。
動画でも撮れば、一発。なーんだとという感じです(^^ゞ

焼きそば係はまさに文化祭のノリでした。
遠くに行かなくても、たった1日だけでも、楽しいGWでした♪

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)