この記事のみを表示するバースデータルトはイチゴのタルト

tart

バースデータルトを作った。

160607バースデータルト1

ただのイチゴタルトとも言う(^^ゞ

MG2の4回目の誕生日のケーキを何にするか、さんざん迷って、このタルト。

毎度のことながら、誕生日が近づくと、「ケーキは何がいい?」とご本人に尋ねる。
毎度のことながら、返事は「白くてイチゴがのってるやつ」
でも、生デコはMG1が食べないから、“白くてイチゴ”のケーキに、頭を悩ますのも毎度のこと。

MG1の誕生日に作ったフランクフルター・クランツが大好評だったから、今回もそれにしちゃうおうかと思ったものの、直前に心変わり。

八百屋さんでまだずらりと並んでたイチゴ(しかもお安い!)を見て、イチゴタルトが食べたくなったのだった。

悩んだわりには、結論はあっさり。
要は、自分が食べたいケーキ(´∀`*;)ゞ

とはいえ、もちろん、バースデー・ガールのご希望どおり。
タルトの縁に粉糖をふって、“白くてイチゴ”のケーキということにした(#^.^#)


カット写真。

160607バースデータルト4

甘くないタルト生地。
ピスタチオ・クリームに冷凍イチゴを押しこんで焼いたもの。
カスタードクリーム。
フレッシュなイチゴ。

タルトの中身はたいていアーモンド・クリームだが、今回はピスタチオ・クリーム。

「これ、売れるよ♪」と娘が大絶賛.゚+.(・∀・)゚+.

それにしても、料理写真を撮るときに、まわりに人がいると、なぜかやたらと焦る。

せめて、転げ落ちそうなイチゴを直すぐらいの、心の余裕がほしい。



今回は娘の家でのバースデー。

皿やら何やらを用意してて、解せなかったこと、その1。

160607バースデータルト3

フォークがばらばら。

結婚して20年ぐらい経つと、新婚時代にセットで買ったフォークやスプーンが1本、また1本と消えてって、いつのまにかばらばらになるのはよくあること。

結婚7年目にして、ばらばらは、ちと早くないか~(°_°)


解せなかったこと、その2

160607バースデータルト2

MG2の誕生日なのに、どういうわけか、MG1にミニカーを買わされた。

この前日に、MG1から電話があって、「MG2の誕生日に、ぼくに“はしご車”を買ってくれるって約束したよね!」と言われた。
ずいぶん前に、MG1が勝手にそんなことを言ってたような気がするが、約束した覚えはない。

でも、立ち寄ったスーパーにたまたま売ってたから、買っていった。
すると、MG1たら、目を丸くして、驚いて、「ほんとに買ってきてくれたの!?」と大喜び。

普段の私はまずおもちゃを買ってあげないからね(^_^;)

それにしても、絶対に買ってもらうと意気込んでたくせに、あんなに驚くとは。

あの「約束したよね!」は、はったりだったのか(;゜0゜)ヤラレタ



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。




コメントの投稿

secret

No titleNo title

marinさん、お久しぶりです!お久しぶりになってしまって、すごく残念だったのですが、食い入るように読みふけることができて、幸せをかみしめています(笑)。といっても、取り急ぎ、まだ、5つほどの記事だけなんですけど。。。

センス抜群の、かっこいい素敵なダイニングセットが仲間入りしたり(お部屋の雰囲気がずいぶん変わりましたね!)、お孫さんのお誕生日がまたやってきたこととか、ピザモードがあるとか、お菓子の分類なんだとか、私も、へぇーとうなずくことばかりでしたよ(^O^)息子さんもとってもお優しい!!!

チーズケーキといい、イチゴタルトといい、スイーツも圧巻の仕上がりですね!! イチゴの盛り付け、すっごく美しくて、いつか、まねっこに挑戦したい!と思いました💛 そうそう、写真、人がいると、焦りますよね。

周りの人が、ゆっくり撮らしてくれる人でも、お待たせしちゃいけないかなとか、ちょっと向きをなおしたいとか思っても、なんか、気が引けちゃったりします。なので、来る前に、とっておこうと思うのですが、私の場合、食べるときまでなかなかエンジンがかからなかったり。。。。。。

片手にケーキ、片手にカメラ(笑)、お気持ちわかります!手伝ってくれる人がいたら最高ですが、横置きでOKならば(私は縦置きにしたいので、一生無理かもですが…)三脚とか台にカメラを置いてタイマー撮影はいかがでしょうか?テーブルの上に本を積み重ねてそのうえに置くっていうのもいいかも。

No titleNo title

たっぷりのいちご 粉砂糖
ピスタチオクリームですと?
こんなバースディなら毎月でもいいなぁ(1年で12も年くうけどw)
ひとがいてもいなくても めっちゃ撮るの早い俺
この前知り合いと一緒のとき言われました
「もう撮ったの?いつのまに?」ww

MG1 なかなかに策士ですなぁw

No titleNo title

marinさん♪
お孫ちゃんのお誕生日おめでとうございます^^
4歳か~^^可愛い盛りですね♪♪

そしてタルト~♡
なんて美味しそうなんでしょう♪
そしてピスタチオクリームが贅沢で大人っぽい!!
これは美味しい事間違いなしです~(*♥д♥*)
食べたひ~~♡

私は姪っ子達にお菓子を作ったりする時があるのですが、
子供の嗜好が良くわからず、結局大人っぽい味になってしまってw
でも材料が高かったり、手間のかけたものは
大人っぽかろうが、なんだろうが食いつきが違うんですよね(笑)
子供だと侮ってはならぬと学びました( *´艸`)
お孫さん、marinさんのお菓子を食べていたら
絶対舌が肥えちゃいますね( *´艸`)

上のお孫ちゃんのトミカ作戦☆(。-`ω-)b
叶えたい事は口にするべきですね♡^^

ECOさん、こんばんは!ECOさん、こんばんは!

お久しぶりです(^^)/
お忙しいのにコメントありがとうございます。
食い入るように読んでいただいてるとは、嬉しい♪

白っぽいテーブルにしたので、部屋全体が明るくなりました。
古いダイニングテーブルには思い入れがあって、捨てるのを躊躇しましたが、片づいてみれば未練などまったくなくて、人生の新たな一章がはじまった(大げさ~)、ってぐらいに気分すっきりです。

ピザモードがお菓子の項目というのは、やはり意外ですよね。

誕生日のケーキなので、イチゴの並べ方は少し気を遣いました。
MG2は“かわいい”ものが大好きで、見た目にこだわるタイプです。4歳のくせに、いっちょまえ。
MG1なら、ケーキの見た目にこだわらないので、イチゴをひたすらてんこ盛りにしら、それだけで喜びそうです(^^ゞ

私も写真はできるだけ人が来るまえに撮るようにしてますよ。
今回もカット写真以外は、ちびっ子たちが幼稚園や小学校から帰ってくる前に撮りました。
やっぱり落ち着いて撮れますね。

片手にケーキ、片手にカメラは三脚を使えばいいのですよね。
わかっていても、つい横着しちゃいます。
台にカメラを置くという手もありますね。
本を重ねて高さ調整もいいですね。本ならそのへんに転がってるので(^_^;)

K'sさん、こんばんは!K'sさん、こんばんは!

ピスタチオクリームはしっとり濃厚。
このタルトの中身、いままででいちばんおいしかったです!

毎月バースデーだと1年で12も年取っちゃうのかぁ、そう言われてみればたしかに。
それはいやだから、月に1度バースデーケーキを作って、毎月、友達のバースデー・パーティーを開いちゃおうかなぁ~。
でも、呑兵衛の友達はケーキよりお酒のほうが喜びそう(^_^;)

写真撮るのめっちゃ早いんですか!?
もしや、ブログの美しい写真も速攻撮りなのかなぁ。
そんなふうには全然見えなくて、三脚立てて、長いこと粘って撮ってるとばかり思ってました。

6歳児だからって、気を許しちゃなりませんね~(^^ゞ

ロサさん、こんばんは!ロサさん、こんばんは!

4歳の女の子、可愛いです♪
でも、けっこう頑固者。
今日も私との別れ際に、私の車の前に座りこみました。
帰ってほしくないという意思表示とはいえ、めっちゃ危険行為(-_-;)

ちょっと贅沢なピスタチオクリームは、やっぱりおいしかったです。
普通のアーモンドクリームの10倍ぐらいおいしいタルトになりました♪

私も娘も子ども向けの料理はあまり作らないので、ちびっ子たちも大人用の料理を普通に食べてます。
激辛のものとかはさすがにダメだけど、それ以外はやっぱりおいしいものはおいしいんでしょうね。
お菓子に関して舌が肥えてるかどうかはともかく、洋菓子とケーキは私が作るものと思いこんでるような~。
もしかしたら、この世にケーキ屋さんがあることを、まだ知らないかもしれません。

トミカ作戦にやられました!
“叶えたい事は口にする”--ほんとうにそうですね。 
私もどんどん言うようにしよう♪

No titleNo title

たぶん 信じられないくらい早いですよ
花とか見てるひとより先行しますw
三脚なんて車のトランクにお蔵入り
一ヶ所撮っても3枚 ほんとてけとなんですwww

K'sさん、こんばんは!K'sさん、こんばんは!

花を眺めてる人より、すばやく撮影って、すごすぎます!
何枚も撮って、その中からじっくり選んでるのかと思ってましたよ。
3枚も撮れば、ばっちり決まるって、やっぱりすごいわぁ~\(^o^)/

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)