この記事のみを表示する甘めのチーズクッキー

cookie

6月に焼いたチーズクッキー。
この頃は、チーズクッキーを量産していたのだった。

160620チーズクッキー1

これは甘めのチーズクッキーだった。
砂糖多めで、ホロホロ・クッキーv(o゚∀゚o)v

形はいつものスティックではなく、スクエアに焼いたのだが。

食べにくくて、焼きあがってから半分にカット。
スティックのほうが、おちょぼ口(誰が?)にはちょうどいい。


量産品をひとりで食べるのは飽きるから、娘のところへ。

160620チーズクッキー2

手渡したとたんに、「めちゃくちゃ季節外れのカップじゃん!」と鋭い指摘。

見て見ぬふりはなしか……。

でも、まあ、当然と言えば、当然の反応(´∀`*;)ゞ

クッキー入れるカップはないかと、大小さまざまなカップを入れてある段ボール箱に手を入れて、たまたまつかんだのがこれだったのよ。

そう、そんなこともあるよ+.(*'v`*)+



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。


ベランダで、パッションフルーツが続々と開花。

160701パッションフルーツの花

何度見ても、花とは思えないグロテスクさ(°_°)

それでいて、網や柵の隙間から、太陽を求めて必死に首を伸ばす可愛いヤツ。



昨日、亡くなった友人を、お見送りしてきた。

いろいろな思いはあるけれど、結局のところ、私にできるのは“しっかり生きる”こと、それだけしかないと痛感する。

「志なかばで逝った友のぶんまで生きる」なんて、おこがましいことは言えないけれど。

「せっかく生きてるくせに何やってんだか? しっかりしなよ!」などと、友に呆れられないぐらいには、しっかり生きようと思う。



コメントの投稿

secret

No titleNo title

おちょぼ・・・o(=¬ェ¬=)oジーーーッww
おちょぼ目な俺です (* ̄m ̄)プッ

はろうぃーんw そりゃ突っ込まれますなぁ^^
グロテスクだけど 時計みたいだよね・・・って時計草って言われてるよねw

そうだなぁ。。。
せめて笑顔で生きていたいね
いっぱい感じてね^^

No titleNo title

甘めのクッキーって美味しいのよねw
濃い目入れた紅茶といっしょにいただくと最高ですよね~(^^)w

パッションフルーツのお花って初めてみましたw
そういうお花なんだ~!
珍しいも写真を見せていただきました(^^)/

あたしも15年ほど前に、子育て仲間を亡くしました。
マタニティスイミングで知り合って、一緒に子育てをした仲間の1人。
一緒に産んだ子どもたちはまだ5歳でした。
享年30歳。。。実年齢は28歳。急性白血病でした。
他の仲間と会うと必ず彼女の話が出ます。
いつまでも心のなかに生きてるんですよね!

K'sさん、こんにちは!K'sさん、こんにちは!

おちょぼ目とは初めて知った表現。
なるほど、なるほど、おちょぼ目なんですね(=^・^=)

パッションフルーツの和名はクダモノトケイソウというそうですが、うちのパッションフルーツは実がならないので、もしかして完全にトケイソウソウなんじゃないかと疑ってます。
花が開いて数時間後に受粉させても、数日後には花がポロリと落ちちゃう。
今年も続々と咲いた花すべてが、もう落ちました。
育て方が下手なのが最大の原因なのはわかってますが、奇跡的に1個だけでも実になってくれないかと、いつも淡い期待を抱きます。

ばんしいさん、こんにちは!ばんしいさん、こんにちは!

甘めでやわらかいクッキーだったので、口の中で溶けました。
たしかに、濃い目に紅茶に合います!

パッションフルーツの花は、ほんとうに変わってますよね。
近所を散歩中の道端では、見かけたことがありません。
そのせいもあって、初めてベランダで咲いたときには、ちょっと驚きつつも感激しました。

28歳で亡くなられたお友だちがいらっしゃったとは。
亡くなられるには、若すぎますね。
ましてやお子供さんがまだ5歳だったなんて、心残りだったことでしょう。

昨年のこの時期に3人の友人や知人を亡くし、今年もひとり逝ってしまいました。
でも、おっしゃる通り、私の心の中にみんな生きてます。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)