この記事のみを表示する基本のプリンで、ちょいアラモード風

suipa. monitor

蒸しプリンを作って、

160907プリン1

生クリームと黄桃とリンゴとミントで飾ってみた。

リンゴの薄切りでの羽みたいな飾りは、久しぶり。
3枚羽じゃなくて、5枚羽にすればよかったなぁ(´∀`*;)ゞ


基本のプリンに、しっかり焦がしたキャラメルソースは、最強おやつ。

160907プリン3

生まれて初めてプリンを食べたMG1(6歳までプリンを食べずにいたとは!!)も、感動のおいしさv(o゚∀゚o)v


カップはsuipa.店のモニター商品。

160907プリン2

こんもりした蓋があるから、盛っても安心.゚+.(・∀・)゚+.



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【耐熱】PP 88-150 なごみ N 40個【日本製】
価格:600円(税込、送料別) (2016/9/10時点)

私は蒸し器で作ったけど、オーブンでの低温の湯せん焼きもOK!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

PAO88ミリφドーム蓋 A-PET−P 100個
価格:880円(税込、送料別) (2016/9/10時点)






ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。



先日読んだ『食堂のおばちゃん』の、巻末レシピで白和え。

160901白和え

ポイントは――
豆腐ではなく厚揚げを使うこと。
白胡麻を目いっぱい擂ること。
ホウレンソウとニンジンは、だし汁+醤油にしっかり浸しておくこと。

なんだかんだ言ったって白和えでしょ? などと侮るなかれ。
こちらも感動のおいしさ(* ´ ▽ ` *)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

食堂のおばちゃん [ 山口恵以子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)

物語と巻末のお惣菜レシピで、二度おいしい♪

コメントの投稿

secret

No titleNo title

ほんと最強だよねw
俺が初めて出会ったのは小2の頃かな
姉が突然作ってくれたものでシンプルなものだったけど
おぉ!っと声が出た記憶がw
こんなアラモードだったらもっと感動したかもねぇ

厚揚げで白和えとは うまそう^^

K'sさん、こんばんは!K'sさん、こんばんは!

プリンを初めて食べたのは小2の頃ですか。
しかもお姉さんの手作り!
それはおいしかったでしょうね(^^♪

私はいつだったかなぁ? 
デパートの食堂で食べたプリンアラモードがものすごくおいしかったこととか、ぷっちんプリンが発売されて、ぷっちんしてお皿に出して、キャッキャと喜んだこととかは、覚えてるんだけどなぁ(^-^;

白和えは何気ないお惣菜。だけど、ちょっと手をかけただけで数段おいしくなりました。

No titleNo title

プリンのコメント入れようと思ったら、
白和え、美味しそう(≧▽≦)
食べたくなってきました!

焦がしたキャラメルソースのプリン、いいですよね~。
焦がし方が微妙で、難しかったりしますよね。(笑)

上にのってる果物はマンゴーですか?
バランスがいいですね。

目に楽しいmarinさんの写真。
気分がワクワクします。(´▽`*)

mekumekuさん、こんばんは!mekumekuさん、こんばんは!

プリンも白和えも満足の出来でした🎵
mekumekuさんなら、野草入りの白和えかな?

キャラメルソースはしっかり焦がした苦めが好きです。
甘いプリンと相性バッチリ。
苦み走ったソースですが、ちびっ子も喜んで食べてくれました。

プリンの上にのってるのは黄桃です。
そういえば、マンゴーに見えますね(*´▽`*)

写真を褒めていただけて、嬉しい(^^♪

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)