この記事のみを表示する塩パン焦げても朝ごはん

bread

いつもの塩パン……

160928焦げた塩パン

焦げたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


それでも、朝ごはんに食べた。

激しく焦げたのは先端だから、その部分をちぎりつつ、ひとつも捨てることなく平らげた( ̄^ ̄)ゞ(←ヨッ、けちんぼ自慢!)


160928焦げた塩パンの朝ごはん1

この日の気分は、王道のブレックファスト。

160928焦げた塩パンの朝ごはん2

とろとろチーズのスクランブルエッグ。
コールスロー。
紫タマネギ、じゃこ、トマトの醤油ドレッシング和え。
ティラミス。


デザートのティラミスは、このときのものを冷凍しておいたのだった。

しかし、1食分ずつカップに小分けにしなかったのは、痛恨のミス。

160928ティラミス

スプーンの柄が手のひらに食い込むのを我慢して、歯を食いしばって、ティラミスをカットするはめに。

それでも、ティラミスが食べられるならと、がんばる食いしん坊(ノ´▽`*)b☆




庭のキンモクセイはすばやく咲いて――

161003キンモクセイ

さっさと散っていった。


ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。



10月のお菓子レッスン茶会・カボチャのタルトの会を、追加開催いたします♪
2回も開催できるなんて、夢のようヽ(≧∀≦)ノ
さらに、初の試みで、夜会。

夜にお茶会というのもなんだから、お茶会部分は軽食会に変更いたします<(_ _)>

日時:10月21日(金)午後18:30~21:30
場所:自宅(東京都東久留米市 / 西武池袋線・東久留米駅より徒歩約15分)
内容: カボチャのタルト(各自1台作成・お持ち帰り)・タルト生地の作成はデモになる場合もございます。 焼成中に、軽い食事会(見本のタルトはデザートにお出しします)。お土産のお菓子を何点かご用意いたします。
参加費:5000円
定員:4名(おかげさまで残席3となりました)

カボチャのタルトのほかに、デモのお菓子は何にしようと考えて、グラノーラに決定!
先日のグラノーラ、まちがいなくお薦めのいっぴん。

ご興味とお時間がありましたら、ご参加お待ちしております(^-^)/

お申し込みはコメント欄から。
お申込みフォームをコメント欄にコピペして、各項目をご入力の上、“管理者にだけ表示を許可する”の欄にチェックを入れて、ご送信ください。

――【お申込みフォーム】―――――――――――――――――
お名前:
メールアドレス:
ご住所:
お電話番号:
ブログをお持ちの方はブログ名、または、ブログのアドレス:
ご意見、ご希望などありましたらなんなりと:
――――――――――――――――――――――――――――


160919カボチャのタルトの会告知
(写真は参考までに。カボチャ関係のお菓子など)


これまでのレッスン茶会の様子も、ご参考までに。
ベイクドチーズケーキの会
桜のお菓子の会
バレンタインのブラウニーの会

コメントの投稿

secret

No titleNo title

おこげもいっぱしの料理のひとつw
残さず食べる えらいえらい^^(←何目線だよw)
スウィーツニは力技も必要なんですねw

こっちにはない金木犀 どうしても芳香剤に感じてしまいます^^;

No titleNo title

お・・・おいしそう。。。
パン屋のパンみたいです!
感動です!

この前も思ったのですが、写真がとてもきれいですよね~
カメラマンかってくらいキレイ…
木のテーブルも素敵ですね^^

K'sさん、こんばんは!K'sさん、こんばんは!

食べられないほどの真っ黒焦げなら、あきらめるけど、胴体部分(何の?)はセーフだったので、そこだけしっかり食べました(^^ゞ

凍ったティラミスじゃなくても、スイーツ作りは力技ですよ。
ミキサーとか機械があれば別だけど、手動で大量の重いバター生地なんかを40回ほどかき混ぜるときとかね。

キンモクセイがない!?
無知なもので、知りませんでした(^-^;
毎年、キンモクセイの香りをかいでてても、トイレの芳香剤にそっくりだと思います。

たあこさん、こんばんは!たあこさん、こんばんは!

「パン屋のパンみたい」なんて言ってもらえて、光栄です♪
でも、焦げてますけど……。
焦がしたのが悔しくて、また同じパンを焼きました。今度は無事に完成。
そのうちまたアップします(^^)

写真を撮るのは好きなんです。
同じぐらい、食べるのも大好き。
撮ったらすぐに食べたいので、撮影用のテーブル・コーディネートというものができないタイプです。
雑誌の写真みたいに、お皿のまわりに花びら散らすとか、やってみたい気もするけど、やっぱり無理だなぁ。

この木のテーブルは、納屋に打ち捨てられた大昔のおんぼろテーブルの天板を譲り受け、自分で必死に磨いて、使えるようにしたものです。
そのせいもあって、すごく愛着があります(=^・^=)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)