この記事のみを表示する薄焼きアップルパイ

pie

薄焼きアップルパイを作った。

161102薄焼きアップルパイ1

ショーソン・オ・ポムも好きだけど、薄焼きタイプにはまたちがうおいしさがある。

作り方は――
1.パイ生地をだいたい正方形に伸ばして、左右を2センチほど折る
2.リンゴ(今回は2個使用)を薄切りにして並べる
3.リンゴに牛乳(大さじ1~2杯ぐらい)を塗る
4.砂糖をたっぷり(大さじ1~2杯ぐらい)振りかける
5.バターの角切り(10~20gぐらい)を散らす

161102薄焼きアップルパイ2

砂糖をケチると、ほぼ甘くないアップルパイになるから、そこは要注意。

焼成は、190℃のオーブンで35分ぐらい。

焼きあがると、すっかり日が暮れて、娘&MGたちとの夕食のデザートになった。

161102薄焼きアップルパイ3

夜撮り写真は、厳しいなぁ。゚(゚´Д`゚)゚。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン D5500 ダブルズームキット レッド 《納期約1ヶ月》
価格:82053円(税込、送料無料) (2016/11/5時点)

夜撮りが情けないのは、カメラのせいじゃないとわかってても、新しいカメラが気になる。
赤いボディもあるんだね。


ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら↓もポチッとお願いします。



いまさらながら気づいたのは、愛用してる一眼レフが古すぎるということ。

今どきのカメラに比べて、画素数がやたらと低い。
たぶん、iPhoneのカメラにも負けてる。

そもそもがフィルムカメラで育ったから、低い画素数のザラッとした感じも好きなんだけど、気になりだすとどこまでも気になる(っω・`。)

ミラーレスのほうはわりと新しいから、画素数の問題はないが、レンズが気に食わない。

となれば、選択肢は3つ。

1.ザラリとしてるのが私の写真だと開き直って、いまの一眼レフで通す。
2.(重い一眼レフが好みだが、しかたなく)ミラーレスのレンズを買い替えて、ミラーレスの人になる。
3.思い切って、一眼レフを買い替える。

さて、どうしよう( ̄へ ̄|||) ウーム

待てよ、もうひとつ選択肢があるかもしれない ゜∀゜!!

4.誕生日かクリスマスに一眼レフをプレゼントされる。

まさか、そんな夢みたいなこと……

……あり得ない(´▽`;)

コメントの投稿

secret

No titleNo title

薄切りだけどりんごの食感があじわえそうな一品ですねぇ
夜室内だとどうしてもライティングが困るよね
ISO感度上げると粒子が気になるし^^;
俺も一眼にして・・・(´・ω・`)ん?もう8年かぁ
一向に進歩がないw
キャノン40Dのずっしり感が気に入ってるけど そろそろフルサイズ欲しいなぁ
今月誕生日なんですけど~~~~!!!ww

Σ(◕ˇロˇ◕;)Σ(◕ˇロˇ◕;)

うす焼き!!
あんまりみたことないけど、なんて美味しそうな!
ぱくぱくたくさん食べれちゃいそうです(笑)

カメラって難しいですよね~
撮るのは好きなんですけど、私へたっぴで(笑)
marinさんは写真お上手ですよね!
いつもきれいだなぁと思って見てます^^

ここはもう…プレゼントされるのを期待(笑)

K'sさん、こんにちは!K'sさん、こんにちは!

りんごを生のまま焼いてるので、シャリシャリ感が残ってます。
それもまた、このパイの美味しさの秘訣(*^_^*)

写真を撮るのは好きだけど、機材に凝るほうではなく、新しいカメラのこととかあまり知らないんです。困ったものです。
いまの一眼レフを何年使ってるのかさえ、記憶にない。そのぐらい古いってことですね(^^ゞ
フルサイズにすれば、写りが明らかにちがってくるのかなぁ~。検討しよう、っと。

そう、そう、私もK'sさんと同じ誕生月。
ここはひとつ、「もうすぐ誕生日なんですけど~!」と叫んでみようかな。
でも、叫ぶ相手が思いつかない……。
天に向かって叫んでみるか!?

Re: Σ(◕ˇロˇ◕;)Re: Σ(◕ˇロˇ◕;)

たあこさん、こんにちは!

薄焼きのアップルパイは、焼き立てが断然おいしいんです♪
そのせいなのか、ケーキ屋さんでは見かけないですね。

私も写真を撮るのは大好き!
撮ってると時間を忘れちゃうので、ちょっと困りもの。

そっか、プレゼントされるのを期待しちゃおう!
本物は無理でも、MGたちが「カメラの絵」をプレゼントしてくれるかも(^▽^;)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)