この記事のみを表示するレモンカードのパンと、カンボジア旅行記2

bread

柚子カードを作るまえに、冷凍してあったレモンカードを使い切りたくて、焼いたパン。

161123レモンカードのパン1

レモンカード入りのパンが成形ちがいで、計5個。
ひとつだけ、ただのバターロール。

当初は、クリームパンと同じ形にしようと思ったのだが、3個で成形ギブアップ。

緩めのレモンカードを包むのが大変で、2個は型を使って、生地の中央にのせてみた。


意外にも、食べやすかったのはこちら。

161123レモンカードのパン2

成形も簡単だし、次回からはこっちでいこう(=゚ω゚)ノ



ひとつだけ作ったバターロールでの朝ごはん。

161124バターロールで朝食

久々の、朝からステーキ.゚+.(・∀・)゚+.

ステーキはこのミニ鉄鍋で焼いたわけではない。

フライパンで焼いて、すばやくカットして、温めておいたミニ鉄鍋に、ぽんぽんと放り込んでいった。

冷めにくいから、最後までおいしいステーキが食べられるんだo(^▽^)o




ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら、こちらもポチリとm(__)m





【カンボジアの旅・その2】

カンボジアに着いたその日、市場に行った。
所狭しと並ぶ食品のあいだを人がごちゃごちゃと行き交って、バイクもばんばん乗り付ける。
絵に描いたような、東南アジアのマーケットの混沌。

知ってる野菜、知らない野菜。
トロピカルな果物、日本でもよく見かける果物。
肉も魚もお惣菜も、なんでもあり。

161128カンボジア市場

最後までわからなかったのは、中央の写真の白い野菜。
同じ写真の上のほうに写ってる紫のものは、スイレンの茎で、大きさは長ネギぐらい。
だから、白いほうは大根と同じぐらい。

いったいぜんたい、なんだろう?


翌日の朝食はフルーツだけ。

161129カンボジア朝ごはん

市場で色とりどりのフルーツを見て、テンションが上がっちゃってね(#^.^#)



で、私はカンボジアまでどんなお手伝いをしにいったのか?

そのまえに、まずは友人がその国で何をしているのかを説明しなくてはなるまい( ̄^ ̄)

友人はプノンペンの貧しい人の生活向上のために活動している。

その貧しい人たちというのは、地方から首都に仕事を求めて出てきたものの、思うように仕事が見つからず、ゴミを拾って暮らしている人たち。

その人たちが住む地域に、友人は保育園を作った。
さらに、学校に通えない子供たちのために、読み書きを教える教室も開いた。

161130カンボジア保育園

上:出発点はこの青空教室。いまでも保育園として使っているとのこと。この日は数日前に降った雨の水が引かず、使用不可。
左下:保育園の子供たち。この日は30人ぐらいいたかな。
下中央:大きな子供たちは、文字の勉強。
右下:友人が活動をはじめて10年以上。こんな立派な建物も完成。すごいことだよ!


なぜ、保育園をやっているのかといえば、子供を預かれば、貧しい家庭のお母さんが働けるから。

しかし、ゴミ拾いでは、貧困生活から抜けだせない。

だから、お母さんたちに屋台を提供して、商売で生計を立てられるように支援している。

161130カンボジア屋台

左:ロッティ(クレープのようなもの)の屋台。この赤い帽子のお母さんはしっかり稼いで、すでに自立して屋台を営んでいる。貧民街からも引っ越して、普通のアパートに住んでいるそうだ。「良かったね」と声をかけたら、「子供が四人もいるから大変なのよ~」とニコニコしながら答えてくれた。

右:ハッピーアイスの屋台(屋台に遭遇できなかったので、友人の資料写真から)。秋田県のババヘラアイスのメソッドを取り入れたとのこと。日本ではコーンにバラの形に盛り付けるのが人気だが、カンボジアではカップ入りのほうが売れるらしい。


で、私の旅の目的は、屋台で売るための新しいお菓子を考案することだったのだが、当然、一筋縄ではいくはずもなく……

……次回につづく。




コメントの投稿

secret

こんばんはこんばんは

自分のブログに何故だか入れず、
Facebookからこちらに来ることができました💛

相変わらず、美しいお写真、心の栄養です💓
カンボジアに行ってらしたのですね♪
最後にババヘラアイスの文字を見つけあらま、びっくり!
そう言えば、秋田で話題になってました。
お友達の活動、素晴らしいですね!

マリンさんらしい、軽快な文章にワクワクしています。
次回も楽しみにしていますね💓

No titleNo title

marinさん こんばんは

そうですか・・カンボジアに行かれていたのですね。
ポルポト政権下に、カンボジアの人々は。
暗い時代を経験したのですから、未来のある幸せな国になってほしいですね。

そのために尽力されているmarinさんのお友達と、marinさんの行動力に、
心から拍手を送らせていただきます。(ババヘラアイスが、役に立っていたとは・・)

名物スィーツができるといいな・・できたのかな?次回が楽しみです。


おかえりなさい!おかえりなさい!

おかえりなさい!素敵な旅行?ボランティア?でしたね!まずは、無事のご帰宅、おめでとうございます〜!旅行記の続き、楽しみです!美味しいそうな果物、お野菜、テンション上がりますね〜!

No titleNo title

こんにちは!

コメントは、お久しぶりですが、ちょこちょこ遊びに来させていただいています(^^)
カンボジアで、素敵な活動されてきたのですね。
書ききれないほどの、いろいろがあったことかと思います。
お疲れ様でした。

いろいろなお話、拝読できますことを楽しみにしています!!
刺激、益々たくさん受けそうです!!

Re: こんばんはRe: こんばんは

天貝繁子さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

「心の栄養」とおっしゃっていただけるなんて、嬉しいです♪
カンボジアに行くことになるとは、思ってもいない展開で、自分でもびっくり。
東南アジアの熱気と活気に、刺激をがんがん受けてきました。

ババヘラアイスは秋田で大人気ですね。聞くところによると、ババヘラアイス御殿が建ったりするとか。
カンボジアのハッピーアイスも、同じように人気が出てほしいです。

友人の活動を実際に目にして、ほんとうに頭が下がりました。
文化も国民性も大きく異なる外国で、奮闘している姿がまぶしかったです。

ginさん、こんばんは!ginさん、こんばんは!

ポルポト政権下で起きたことは、悪夢としか言いようがない--キリングフィールドと拷問所跡の博物館を見学して、あらためてそう思いました。

カンボジア人に囲まれて活動している友人は、とてもたくましかったです。
学生時代の友人しか知らない私は、「すごい! すごい!」と感心するばかり。
(学生時代から何十年も経っているのだから当たり前だけれど、)ものすごい成長ぶりに圧倒されました。

そんな彼女とカンボジアの人のために、何かできたらという思いを強くしました。
まずは、宿題のお菓子を考えます!

Re: おかえりなさい!Re: おかえりなさい!

さくらこさん、こんばんは!
無事に帰ってきました。

旅行記を読んでくださって、ありがとうございます♪
10日間と東南アジアにしては長旅でしたが、いろいろなことをしたので、あっという間。
いまの日本ではまずあり得ないことも経験して、とっても刺激的な旅でした。

るーママさん、こんばんは!るーママさん、こんばんは!

コメント、ありがとうございます。
(私はいつもブログを読み逃げで、すみませ~ん)

そうなんです、書ききれないほどいろいろなことがあった旅でした。
固まりかけてた頭に、たくさんの刺激を受けてきました。
すべてを書いてると、収拾がつかなくなりそうで、ちょっと困ってます。
そんなわけで、まとまりに欠ける旅行記かもしれませんが、もう少しお付き合いくださ~い(#^.^#)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)