この記事のみを表示するシュトーレンと、カンボジア旅行記3

bread

今週末のレッスンに向けて、バタバタ。

お茶会用に焼いたシュトーレン。

161215シュトーレン

寝かせるまえに、一切れ味見。
おいしい!

それでは、粉糖の布団にくるまって、お眠りいただこうヾ(・∀・)ノ

自家製酵母の手入れができなかったから、白神こだま酵母使用。
時短でパンを焼きたいけど、天然酵母がいいなぁ~、というときにはこれにかぎるね(* ´ ▽ ` *)


玄関まわりの花も植え替えた。

中央:初めての寄せ植え。これまでは“買っては枯らすシクラメン”だったが、今度こそ! せめて数日はがんばってほしい(´∀`*)
左上:農協の直売所で安さに負けて買った寄せ植え。花より葉っぱが圧倒的に多いのが、気になると言えば気になる。

161215花

左下と右上:愛らしいプリムラを多めに、ビオラを少々。
右下:昨年購入して夏越しに成功したプリムラ。茎が伸びないまま花が咲いた。かなり不格好だが、なんでも枯らす私としては大進歩。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

12ケ月の寄せ植えレシピ [ 黒田健太郎 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2016/12/15時点)


いきなり思い立って寄せ植えをしてしまったが。
事前に勉強してれば、もっとゴージャスに植えられたかもね(´∀`*;)ゞ



ただいま手作りお菓子ランキングの第1位!
みなさんに心から感謝♪\(^o^)/♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)


お時間あったら、こちらもポチリとm(__)m





【カンボジアの旅・その3】

カンボジアに行った理由を“屋台用の新しいお菓子を考案するため”などと、ちょっと偉そうに書いてしまったことを反省:(´◦ω◦`):

友人からは、「まずは実際に来て、どんな食材があるのか確かめて、カンボジア人の好みを知ってね」と言われたのだった。

友人も最初の屋台を思いつくまでに、1年以上かかったという。
東南アジアをぶらついて、フィリピンで人気のロッティの屋台に出会って、それをカンボジアに持ち込んだのだそうだ。

というわけで、私も市場を見てまわり、現地の食材で試作してみた。

友人からは、ゼラチンで固めるプリンとヨーグルトを試してみたいと言われてたから、まずはそのふたつ。
しかし、生卵は危険なため、プリンではなくミルクゼリーに変更。
ヨーグルト用に、パイナップルジャムとマンゴーソースも作った。

さらに、チョコバナナはどうだろう? と、試してみた。

161130カンボジア屋台試作

試食したカンボジア人スタッフの反応は――

ヨーグルト △
パイナップルジャム、マンゴーソース 〇
ミルクゼリー 〇
カラメルソース ××××
チョコバナナ(「バナナは絶対茹でバナナ」だそう) ◎

とにかく甘いものが大好きなカンボジア人。

牛乳は一般的ではなく高価だから、ヨーグルトはちょっと無理そう。
ジャムは好評だったが、新鮮な果物が一年中あるのに、わざわざジャムにするのはどうかなぁ。
ミルクゼリーはともかく、カラメルソースが大不評。
みんな、一口食べて「ひぇ~」という表情。少しでも苦いものは、駄目らしい。

大好評だったのは、チョコバナナ。
といっても、チョコは高価だから、ミロに煉乳をたっぷり混ぜて、甘々チョコバナナ。
まがいもののチョコはきちんと固まらず、ぽとぽと垂れるのが難点。

結論1、偽チョコバナナは何かに使えるかもね。
結論2、ココナッツミルクが安く手に入るから、やはりそれを使うべき。

というわけで、ココナッツミルクを使った甘くておいしいお菓子を考えること--これが、私の日本でやるべき宿題となったのだった。



試作をしながら、保育園で給食やおやつをごちそうになった。

給食もおやつもワンボウルスタイル。

米大好き国民だから、給食もお米。
ご飯に鶏と野菜のスープをかけたものとか、野菜入りのおかゆとか。

161130カンボジア給食

おやつは、タピオカとバナナのココナッツミルク汁粉など。

貧しい家庭の子供たちにとって、ここでの給食やおやつは大切な栄養源。

日本の学校のすばらしい給食とは、比べようもないけれど。
保育園児に混ざって、学校に通っていない大きな子供もちらほらと食べにやってくるほど、大人気の給食なのだ。

コメントの投稿

secret

Σ(◕ˇロˇ◕;)Σ(◕ˇロˇ◕;)

土地が違えば、好みも全然違うのですね!
カンボジアの方は甘いのがお好き( ..)φメモメモ

カラメルの甘くて苦ーい感じ…
あれはダメなのですね~

バナナゆでるってのもおもしろいです!

カンボジアでも大活躍のmarinさん…
すごいです!!

No titleNo title

ちょとばかし 事情がありましてブログご無沙汰ちゅです
内容はそのうちに^^;
相変わらず美味しそうなパン^^

シクラメンってそんなに短命?ww

カンボジアの友の高き思い
すごいなって拝見しました
国をよくするには教育が絶対条件なんですよね
素晴らしき仲間に乾杯!

Re: Σ(◕ˇロˇ◕;)Re: Σ(◕ˇロˇ◕;)

たあこさん、こんばんは!

砂糖やコンデンスミルクの甘さは大好きなのに、熟れて甘くなってる果物はあまり好まないという、日本人からしてみれば、ちょっと不思議な好みでした。
私は甘いマンゴーに大喜びして、バクバク食べたのに、カンボジアの人は固いマンゴーに塩をつけてポリポリ齧ってました。
キュウリ感覚(;・∀・)

カンボジアでは思ったほど活躍できなかったけど、楽しくて有意義な旅でした(^^)v

K'sさん、こんばんは!K'sさん、こんばんは!

お忙しいのかなぁ、と思ってました。
どんな事情だろう? そのうち教えてくださいね。

シクラメンはそこまで短命じゃないですよね。
でも、私の手にかかると、どうなるかまるで予測がつかない(^▽^;)
とりあえず、いまのところは無事に咲いてて、良かった~。

ほんと、教育って大切だと思いました。
貧しい家庭では子供を労働力と見なして、学校に通わせず、親と一緒に仕事(ゴミ集め)をすることが多いようです。
となると、将来の選択肢も限られてしまうという現実。
友人は親の意識改革も図ってるようですが、むずかしそうでした。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)