この記事のみを表示する抹茶色の渦巻きパンの甘納豆入り

bread

久しぶりに、以前のテニス友達と食事をした。
いや、以前のテニ友というより、いまはときどき一緒に旅する友。
そして、ときどき愚痴を言いあう友(^^ゞ

140718抹茶の渦巻きパンの甘納豆入り

手土産は、甘納豆入り抹茶色の渦巻きパン。
それなのに、食事をしたレストランは、パンが食べ放題。
そのレストランに行くと、いつでもたらふくパンを食べて、その後、1週間ぐらいは「パンはもういいや~」となるのが、お決まりのパターン。
なのに、手土産にパンを焼くとは、なんという気遣いのなさ。われながら情けない(._.)

めちゃくちゃ古いパウンドケーキ型で焼いてみた。
ゆうに40年は前の、年季が入った型。
母が使っていた型が、めぐりめぐって私のもとにやってきたのだ。
だからといって、「子供の頃は母の手作りのお菓子が大好きでした!」というわけではない。
私が3年前までお菓子作りにまるで興味がなかったのは、母のお菓子作りのせいと言っても過言ではない。
子供の頃は、母が作ってくれるラム酒浸けのフルーツが入ったパウンドケーキが、どうにも苦手だった。
子供だからね、ラム酒の匂いがいやだったんだと思う。
そしてまた、スポンジケーキを焼くという母に、卵の泡立てをやらされるのも、いやだった。
ハンドミキサーなどない時代に、全卵をひたすら泡立てるなんて、子供にとっては苦行! (だと思うんだけど、どうでしょう?)
というわけで、ケーキ作りがはじまりそうな気配を察知すると、そっと逃げだす少女――それが私だった。

楽しい思い出、ほろ苦い思い出、いろいろあるけど、いま、この型はなかなかしぶくて、いい感じ! (と思うんだけど、どうでしょう?)



こちらは缶詰ミカン・シリーズのゼリー。

140716ヨーグルトとミカンの二層ゼリー

下層はヨーグルトで、上層はミカンが浸っていた汁を微調整して、具はミカンとタピオカ。
アガーでクリアにしあげるつもりだったのに、気づいたときにはゼラチンを使ってた。
ぼけているのは梅雨のせいだと思いたい(^_^;)

見た目はともかく、私好みに調節した味は、まちがいなく美味♪




にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
ただいま、手作りお菓子ランキングのベスト6、7、8位あたりをうろちょろしております\(^o^)/
みなさまのクリックに心から感謝!!

コメントもお気軽に(^.^)

コメントの投稿

secret

No titleNo title

どのくらいの大きさかはわからないけど、いい形!しかも、凝ったパンで素敵だわ~~~。レストランで洋食いっぱい食べるとしばらくは洋食要らなくなることとかありますよね。。。今日がそうでした。あ、日本時間だと昨日か…(^^;)/ その後、我が家で集合で洋菓子をお土産に渡した私。。。私も仲間だな~なんて思いましたよ~。きっと、みんな、翌日には、おいしく召し上がってくれているはず!!! ゼリーもきれいだわ~。2層以上は、なかなかハードルが高くて、挑戦すらできないですが、2層以上のゼリーに憧れが増すわ~~~☆

ECOさん、こんにちは!ECOさん、こんにちは!

このパン1つ分の生地量は、1斤食パンの80%だから、1斤よりはやや小さ目。
プレゼントにちょうどいい大きさ(^^)
そうなの、パンにはちょうどよくて、この型でパウンドケーキを満杯にして焼くと、かなり大きくなります。
昔は大きなパウンドケーキが一般的だったのかな~? いつから小さくなったんだろう? と謎だらけ^_^;

手土産ってむずかしいですね。
パンはできるだけ早く食べてほしいから、相手の都合に合わせるのがむずかしい。
それを言うなら、生菓子はもっと渡すタイミングを考えちゃいますけどね(^_^;)
その点、焼き菓子は、まあまあ日持ちがするので、やっぱりプレゼントにしやすいなぁ、と実感しました(^^ゞ

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)