アップル・タルト

今季初のアップル・タルト♪

141106アップルタルト

スーパーで紅玉を見かけると、買わずにはいられないこの時期。
買ってきて、すぐに使えばいいものを、なぜかしばらく冷蔵庫内に放置。
甘く煮ようか、生のまま焼きこもうか、迷いすぎてなかなか決められないせい(^^ゞ
私にとって、紅玉はそのぐらい貴重品。

たしか、小学生の頃は紅玉的な小ぶりで酸味の強いリンゴを普通に食べてたよなぁ~。
その後、「これはデリシャス(たしか、こういう品種だったと思う)というリンゴよ」と、母がいつもより大きめのリンゴを出してきて、いかにもありがたそうに皮を剥いてくれるようになった。
その後、蜜入りのリンゴが登場し……。
いまや、デリシャスというリンゴを見かけることもなくなって、お手頃だった酸っぱいリンゴも手に入りにくくなっているのだから、時代の変化+品種改良技術の進歩を痛感せずにはいられない。

って、あまりにも年がバレバレだから、私的リンゴの歴史話はやめとこう(~_~;)


めずらしく、それなりに撮れた断面写真。

141106アップルタルト・カット

リンゴの表面が赤いのは、ルバーブジャムを塗るという余計なことをしたせい(^_^;)
甘みのないタルトに、アパレイユはカスタードクリーム+ルバーブ、その上に生の皮つき紅玉のスライスを並べ、ちぎったバターとクランブルを散らして焼いた。

ひと口食べると、甘酸っぱ~い!
甘酸っぱすぎて、どこにも売ってな~い!

娘曰く、「きみ(私=母のこと)がこの味を好きなのはよく知ってるけど、私はもう少し甘いほうがいい」
ごもっとも。
人さまに差し上げるとしたら、もちろんもっと甘くするよ~(^^)v

ここ数日もまた紅玉をちびちび入手して、現在、冷蔵庫に都合三個。
今度は一般受けする煮リンゴの甘いパイでも作るとしよう(^^)/




スーパーでちびちび買ってないで、どーんとお取り寄せする手もあったのだと、やっと気づいた(^^ゞ





手作りお菓子ランキングの5位と6位を行ったり来たり \(^o^)/アリガトウ!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!





コメント

ECO(エコ)

No title
リンゴ、日本にいるときは、あまり感動がなかったのですが、タイに来てから、日本に帰るたび、あるいは、タイで日本からのリンゴがセールで売られている時に買うと、感動のおいしさ!!!と感じます。

タイでは、アメリカ産とオーストラリア産のリンゴが多くて、最近はオーストラリア産のをかっています。スイーツ用には、どれを使っても、日本の紅玉と全然違うと感じます…(--;)でも、おいしそうなmarinさんのタルトを拝見していると、むしょうにつくりたくなりました!食べたいわぁ~。

marinさんの次回のパイもまた楽しみでなりません~~~。今回のタルトも豪華でとってもおいしそうです! ジャムに、クランブル乗せ、最高の味わいでしょうねぇ。私も体験したいわ。

ふじつぼ

リンゴの季節
私もこういうの作りたいなーと思っていたところです。
いいなー、こんな風に美しく作りって食べたいです。

marin

ECOさん、こんばんは!
日本のリンゴがおいしいですよね。
私の乏しい海外体験でも、ほどよい硬さで甘いリンゴってあまりないような気がしてましたが、やっぱりそうなんですね。

小ぶりで酸味が強いのが海外のリンゴというイメージでしたが、紅玉ともまるでちがうんですね。
となると、お菓子作りにもあまり向かないのか~。

今回のタルトで紅玉の味を堪能できました。
あまり甘くないせいか、いくらでも食べられちゃいます。これはいいことなんでしょうかねぇ。
でも、美味しかったので“良し”ということで(^^ゞ
次回はもう少し甘いのを作ってみます。

marin

Re: リンゴの季節
ふじつぼさん、こんばんは!

ふじつぼさんのブログを見て、早くリンゴのタルトを作らねば! と思ったんですよ。
早く食べたくてレシピなしで作ったせいか、スパイスを入れ忘れました(^^ゞ

“美しい”と言っていただけで、うれしいです♪
でも、リンゴを均等に並べるはむずかしい。もうちょっと頑張りたかったなぁ。

nitti

No title
甘酸っぱいタルト、想像するだけで口の中が幸せな気分に……
見た目のデコレーション?もすっごく素敵です。またも、ルバーブの響きに興奮してます(笑)
蜜入りの林檎はみつの部分を最後まで残して食べる貧乏性です。

marin

nittiさん、こんにちは!
そうなんです、甘酸っぱいタルトはおいしいんです!
さらに、リンゴを煮ないで、生のままオーブンで焼くと、食感がいいので気に入ってます。
生のリンゴだとうまく並べらないのが悩みの種なんですけどね(^_^;)
今回はリンゴも甘酸っぱかったですが、酸味の少ないリンゴしか手に入らないときに、ルバーブをくわえると絶対においしいだろうなぁ、と確信しました。

リンゴの蜜の部分を最後に食べるのは、子供の頃によくやってました!
最近は? どうかな~。
蜜入りのリンゴ自体、しばらくお目にかかってないような……。
非公開コメント

marin

ひとり暮らしのキッチンで、お菓子やパンをせっせと作ってます。
子供たちが独立したら、料理などしないと思ってたのにね。

ブログに登場する主な家族は――
娘と、娘の旦那さまと、その子供たち(MG1とMG2)。
息子と、息子の奥さま。

本業は英語の本を訳すこと。

どうぞよろしくお願いします。

本ブログの記事・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

ランキング参加中

にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


ポチッと押して
応援してね\(^o^)/



レシピブログ


こちらもポチリとお願いしますm(__)m

最新記事

桜どら焼きに、はまったら……
プリンアラモード、そして、久々のミートソース
白神こだま酵母のカンパーニュ、ヤンソンさんの誘惑
山食もミルクハースも双子パン
北欧の国民的お菓子はセムラ

お気に入りの道具