カラメルマーブルシフォンケーキ

むむ、不均等な割れ方がいかにも怪しい<(`^´)>
上から見たときに、五弁の花が開いたように、均一に割れてると、理想的なシフォンなんだけどなぁ。

150111カラメルマーブルシフォン1

原因はたぶん、生地に混ぜたカラメルソースがゆるすぎたせい^^;


ひじょうにやわらかいシフォンをどうにか型出し。

150111カラメルマーブルシフォン2

綺麗なマーブルになってるのを見て、一安心(^^)

あんのじょう、カラメル生地はかなりやわらかい。


ふるふるのシフォンに、生クリームとフルーツたっぷり。

150111カラメルマーブルシフォン3

フルーツのせすぎて、ヴィジュアル的にはどうなの? という感じだけど。

ふるふるのしっとりシフォン、すんごく美味しかった(*^^)v





ちなみに、ゆるすぎたカラメルソースのレシピは次のとおり。

グラニュー糖100gと水大さじ2を煮詰めて醤油色になったら、湯を80gをくわえる。

煮詰め方が足りなかったのか、最後にくわえる湯80gが多すぎるのか、原因はどっちだろう(?_?)





こんなミニシフォン型で同時にいくつか焼いて、誰かにプレゼントしてみたい(#^.^#)






ただいま手作りお菓子ランキングの第8位 \(^o^)/アリガトウゴザイマス!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです!!





コメント

Wing

No title
こんにちは♪
先日はうちのブログにコメントをくださってありがとうございます。
さっそく遊びにやってきました。

シフォン、とっても美味しそう!
柔らかでふるふる~なのがお写真からも伝わってきます。
カラメルソースのマーブルなんて、ハードルたかそうなのに、素晴らしい!!

ガレット・デ・ロアも拝見しました。
失敗だなんて、模様もきれいに出ているではないですか!
毎年クレームダマンドも工夫されていて、どれも美味しそうです。
やはりガレットは膨らみすぎてはいけないのですね?
本には押してつぶすようにとあったのですが、
せっかく膨らんだのに~とそのままにしてしまいました(笑)

これからも素敵なお菓子楽しみにしています♪

saico*

No title
相変わらずのシフォンケーキの美味しさもさることながら
後ろのジンベイザメ?が可愛すぎて見てしまう(#^.^#)

カラメルソース美味しいですよね~
手作りだと尚更・・・
ゆるくても見た目も味も美しいからOKですね♪

marin

Wingさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
遊びにきてくださって、とっても嬉しいです♪

このシフォンは型出しのときに崩れてしまいそうなほどやわらかかったのですが、食べてみるとかなり美味しかったです(*^^)v
前回のプレーンシフォンがわりとしっかりした感じだったので、なおさらやわらかく感じたのかな。
水分量で食感がこれほど違ってくるのか、とびっくりしました。
味や食感が変化するシフォンケーキって、作り方はシンプルだけど奥深い(^^)

ガレット・デ・ロアは、最初の年は膨らんで喜んでたんですが、そこは喜ぶポイントじゃなかったみたいで(^_^;)
2年目は上生地が浮かないように、焼いている途中で天板を載せました。
3年目の今年は、パイ生地がダメダメで、天板を載せるまでもなく、最初からふくらまず_(._.)_
年に1度のお楽しみなので、なかなか上達しません(^^ゞ

これからもよろしくお願いします(#^.^#)

marin

saico*さん、こんばんは!
このジンベイザメ、妙に可愛いいでしょ♪
口がぽかーんと開いてるところがね。
MG1がペーパークラフトに凝っていて、その作品です。
ペーパークラフトのダウンロードサイト(http://kids.yahoo.co.jp/papercraft/life/all/index.html)を見て、「これ作りたい」と言っては、お父さんに作ってもらってるみたいです。
もちろん、私に見せるときには「ぼくとお父さんで作った!」と言いますけどね。
私もそのサイトのシマウマとザリガニを作ってほしいなぁ、と思ってますが、娘の旦那さまに直接頼むのも気が引けて……。
そのうち、「シマウマすごく可愛いよね!」などとMGたちをそそのかして、作ってもらおうかと画策してます。
ほんとは、そんな画策しないで、自分で作ればいいんですけどね(^^ゞ

カラメルソース大好きなんです!
でも、作るたびに、濃度がちがっちゃう。
なぜだろう(・・?

ECO(エコ)

No title
カラメルソース入なんですねぇ~!! おいしそう~。マーブル模様って、おいしさ倍増ですよねぇ~♡♡♡ なかなか面倒でやらないのですが。。。。。。 いつもながら、marinさんのスイーツは、手がこんでいて、すっごくおいしそうだわぁ~。

私が、いつも、つくるカラメルソースより、お湯の量は多い気はしますが、シフォンの仕上がりを見るからに大成功なんじゃないですか~(?_?) いつものシフォンに比べて、粉に対する水分量が多いんですかねぇ~? 私、同じレシピでも、多少違うことが気がしないでもないです。

ロサ

No title
おはようございます♪

なんて美味しそうなシフォンケーキ♪
キメが細かく、美肌の生地♡
マーブルも美しいですね^^

シフォンケーキは、作る期間が空いてしまうと
私の場合、元に戻ってしまうと言うか
失敗もしちゃうと言うか。。
定期的に焼かないといけないお菓子です><
暫く焼いていないので、次焼くときが怖いです~笑

生クリーム&フルーツたっぷりのビジュアル私は大好きです✿

marin

ECOさん、こんばんは!
はーい、マーブル模様になっているだけで、気分がupします♪
このシフォンは最初から2色の生地を作るのではなくて、ひとつの生地を最後にちょっととりわけでカラメルソースを混ぜるという作り方なので、さほど手間はかかりませんでしたよ(*^^)v

なるほど、ECOさんの言うとおり、このカラメルソースはお湯の量が多いのかもしませんね。
冷えてもトロリとしなかったので、やっぱりちょっと失敗です。
でも、このシフォンは美味しかったので、その点では満足(^_-)-☆

marin

ロサさん、こんばんは!
シフォンケーキは食べるのももちろん好きで、誰かにプレゼントしても喜ばれるので、けっこう焼きます(#^.^#)
お菓子大好きという人から、甘いものはちょっとという人まで、みんなが食べてくれるスイーツだと思ってます。
と、勝手に思い込んで、頻繁に焼いているせいか、プレーンなシフォンはほとんど失敗しなくなりました。
でも、チョコレートシフォンとか、ちょっとちがう味のものを焼こうとすると、なかなか思いどおりにはいきません。
同じ味のものを何度も焼けば練習になるんでしょうけど、食べる身(自分)としては、いつも同じ味ではつまらないし、悩ましいところです(^_^;)

No title
シフォンケーキ、なかなか上手くできません。
実家のオーブンで、まぐれで成功したのですが、うちのオーブンは癖が違って焦がしてしまいました。
時間に余裕ができたら再挑戦したいです。
marinさんみたいなアレンジは、まだまだ遠いですね。

おきらくママ

No title
すごくふんわり~美味しそうですね~

シフォンケーキって難しそうで、家で焼いたことないです。

でも食べたくなっちゃった♪

marin

茜さん、こんばんは!
シフォンケーキを完璧に焼きあげるのは、むずかしいですよね。
私も最初の頃はよく失敗しました。
いちばん最初は、どこかで見かけた水分の入らないレシピにしたがって焼いて、スポンジケーキが完成。
その後は、大穴だらけのものができあがったり、いろいろありました(^_^;)

そんな失敗から得た教訓は3つです。
1.きちんとしたレシピ
2.艶のあるしっかりしたメレンゲ
3.基本の混ぜ方をひたすら繰り返す(余計な動きは入れない)

と、偉そうに書きましたが、プレーンシフォン以外はいまだに思うようにはいきません(^^ゞ

それと、友達からの情報によると、オーブンの大きさと型の大きさのバランスもあるみたいですね。
ちょっとぐらい焦げても、そこを切り落として食べればOK!
失敗は成功のもと。めげずに焼いちゃいましょう(^o^)

marin

おきらくママさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!

シフォンケーキはコツをつかむまでは、ちょっと失敗しますが、それでも自家製は美味しいですよ。
小さな子供から大人まで大喜びまちがいなし。
きっとお嬢さんも「美味しい!」と喜ぶんじゃないかな。

それに、基本の材料は卵、砂糖、小麦粉、オイル、水。
お菓子の中では、かなり経済的なところも気に入ってます(^^ゞ

非公開コメント

marin

ひとり暮らしのキッチンで、お菓子やパンをせっせと作ってます。
子供たちが独立したら、料理などしないと思ってたのにね。

ブログに登場する主な家族は――
娘と、娘の旦那さまと、その子供たち(MG1とMG2)。
息子と、息子の奥さま。

本業は英語の本を訳すこと。

どうぞよろしくお願いします。

本ブログの記事・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

ランキング参加中

にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


ポチッと押して
応援してね\(^o^)/



レシピブログ


こちらもポチリとお願いしますm(__)m

最新記事

プリンアラモード、そして、久々のミートソース
白神こだま酵母のカンパーニュ、ヤンソンさんの誘惑
山食もミルクハースも双子パン
北欧の国民的お菓子はセムラ
生チョコ入りチョコブラウニー

お気に入りの道具