アップルパイ――ショーソン・オ・ポム

ガレット・デ・ロワのパイの余り生地は、毎度これ!

160110アップルパイ1

かわいいアップルパイ――ショーソン・オ・ポム。
中身はカラメリゼした紅玉ヽ(´∀`)ノ

2番生地、3番生地、4番生地と少しずつ形が崩れていって、最後に中途半端に残った生地はリンゴを包みこむ大きさもなく、右下の状態(=∀=)

ガレット・デ・ロワの屈辱的な(?)模様をリベンジすべく、小さなパイに模様を描くのも、毎度のこと。


焼けたよヽ(≧∀≦)ノ

160110アップルパイ2

熱々を頬張りたいところだけど、焦ると口の中をやけどするから、しばし我慢。

奥のほうに写りこんでるのは、乾燥中の柚子ピール。
柚子ピールの顛末は、また今度。


ちょっと冷めたら、食べる気満々。
べっぴんさんだけお皿に並べてあげよう(^∇^)

160110アップルパイ3

焼いてる途中で天板を返しているものの、年季の入ったオーブンだから、焼きむらアリアリ ( ノД`)シカタナイ

でも、いちばんこんがりしてるものが、模様もいちばんくっきり。
来年のガレット・デ・ロワはこのぐらい焦がしてみよう( ..)φメモメモ


中身が見えるように、カットするか、それとも、齧るか、迷ったけど……その必要はなかった。

160110アップルパイ4

口をあんぐり開けてるのがいたからね(#^.^#)



発酵バターの折りパイ最高!
冬のあいだにもう一回は折り込みたい(^-^)


ただいま手作りお菓子ランキングの第2位♪\(^o^)/♪ みなさんに心から感謝。
ありがとーう!!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
↑ポチッと押して、応援していただけると嬉しいです(*^_^*)

コメント

真知子

No title
marinさん、こんばんは^^

ショーソン・オ・ポム❤(うっとり❤)

めっちゃ美味しそうです(*ノωノ)❤

ふじつぼ

No title
フォトジェニックなショーソン・オ・ポムさんですね~。
さすがです。
やっぱり林檎の焼き菓子って素敵。

今年はドタバタしていてガレット・デ・ロワ食べ損ねてしまいました。
私もある意味来年リベンジしたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

ECO(エコ)

No title
あああ、私の憧れのmarinさんのアップルパイだわ~o(^O^)o こちらは、練りパイなんでしょうか!? それとも、折り込みパイなんでしょうか?? いずれにしても、ふくれあがっているパイ生地がそのおいしさを表していますね!あああ、たまらなく、おいしそうです! リンゴだけ、たくさん買ってきては、そのまま、食べて、今回もアップルパイ作れなかったーというサイクルに陥ってます。。。

K's

No title
焼き色も形も個性があって楽しそう^^
ねこじゃない俺は熱々をいただきたいです!w

marin

真知子さん、こんばんは!
ガレット・デ・ロワが不満の残る見た目だったので、これは見た目も美しく! と集中して作りました。
とりあえず、模様もきちんと出たので、満足です。
リンゴも水っぽくならず、おいしいアップルパイでした。

marin

ふじつぼさん、こんばんは!
ナイフの背を使ってつけたガレット・デ・ロワの模様が薄かったので、これはナイフの刃のほうを使って模様を描きました。
生地を切り裂かず、なおかつ、適度な深さの線を引くように、気を遣ったら、けっこううまくいきました。
ふっくらふくらんで焼きあがった姿が妙に愛しくて(大げさ!)、テンション上がりました。

今回の得た模様のコツを来年まで忘れないようにしなくちゃ。
なんといっても、来年はふじつぼさんと一緒にリベンジ・ガレット・デ・ロワですから(^_^.)

でも、そのまえに、今年もしょっちゅうブログにお邪魔します!

marin

ECOさん、こんばんは!
これは折りパイで作りました。
いつもは、バターを生地で包んで、伸ばしては折る方法でパイを作ってますが、今回ははじめてパート・フィユテ・ラピッド(細かく切ったバターを強力粉と混ぜてから、伸ばしていく生地)にしました。
きちんと層になってくれてよかったです♪

焼きたてのパイのサクサクした食感は格別でした。
ECOさんもぜひ~(^o^)

marin

K'sさん、こんばんは!
全部同じじゃつまらないからと、模様も変化をつけてみました。

熱々を食べられる舌を持ってるK'sさんが、うらやましい。
焼きたてはサクサクで格別です!

sifon

No title
marinさん こんにちは シフォンです♪

とってもアートなパイですねえ 素敵です☆彡
これって もちろん1つ1つ描いているんですよね!
すごいですねえ~!
しかも とってもおいしそう☆彡
こっちはおいしいりんごがたくさんあるので
marinさんに献上したいくらいです。

そして 今さらですがmarinさんのブログをリンクさせてもらってもよろしいでしょうか…。もしも不都合があればお知らせくださいね。
これからもよろしくお願いします。

marin

sifonさん、こんばんは!
はーい、模様はひとつひとつ描いてますよ。
どんな柄がいいかなぁ~、と考えるのも楽しいです♪

ガレット・デ・ロワに続いて、毎年これを作るので、かならず模様を入れたくなります。
そして、「来年のガレット・デ・ロワのコツをつかんだぞ!」と思っては、1年後にはすっかり忘れて……。
もう少し進歩したいものです(^^ゞ

そう言えば、おいしいリンゴの産地にお住まいでしたね。
うらやましい~(*°∀°*)

リンクしてくださるんですか!? ありがとうございます!
私のブログのリンクにもくわえさせていただきます(^-^)
非公開コメント

marin

ひとり暮らしのキッチンで、お菓子やパンをせっせと作ってます。
子供たちが独立したら、料理などしないと思ってたのにね。

ブログに登場する主な家族は――
娘と、娘の旦那さまと、その子供たち(MG1とMG2)。
息子と、息子の奥さま。

本業は英語の本を訳すこと。

どうぞよろしくお願いします。

本ブログの記事・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

ランキング参加中

にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


ポチッと押して
応援してね\(^o^)/



レシピブログ


こちらもポチリとお願いしますm(__)m

最新記事

北欧の国民的お菓子はセムラ
生チョコ入りチョコブラウニー
ダッチブレッド失敗&リベンジ、そして、今年のテーブルウェアフェスティバル
はちみつレモンシフォンケーキ
シナモンロールはざらめのトッピング、そして、ウインナーロール

お気に入りの道具